« 江戸東京博物館の皆さん、もう少し蝋人形をお願いします。 | トップページ | さくらとの会話2012 »

2012年4月24日 (火)

両国 とんかつ むさしや 心の中で「んまい!」と叫ぶ

東京都江戸東京博物館の住所は「墨田区横綱」
この時分、墨田区に来た人は必ず四方を見渡してあれを探す。

桜茶寮の入口に置いてあった両国たべどころみどころにぎわいMAP
地図には「東京スカイツリー絶景ポイント」のアイコンが配置されていた。
江戸東京博物館と両国国技館の間にも1つアイコンが記されていて、その場所から見上げたのがこの写真だ。

JR両国駅から来ると、江戸東京博物館はこういう絵になる。
大江戸線の駅からと比べると、ちょっと長い道のりだ。

Etm

MAPには載っていなかったが、事前にしらべておいたとんかつ屋「むさしや」はJR両国駅前にある。

とんかつと言えばロースと決めている。
そもそもヒレというのが出てきたから、わざわざロースなんてことを言わなければならない。
側に脂身があるのがとんかつ。
子どもの頃からそう決まっている。

脂を摂るからには対策が必要だ。
ローソンに寄り、路上で黒烏龍茶を流し込む。
さすがに「脂肪が定着しないよう、黒烏龍茶持ち込んでいいですか」とは言えない。

お昼時を外したので店は空いていた。
上ロースを注文。
文庫本を読んで待つこと10分ほどか。
あのとんかつの臭いが漂ってきた。

配膳しやすいよう体を引いて見守る。
まずとんかつの乗った皿が置かれた。
遠い・・
次に香の物、ごはん、みそ汁、小鉢、ポン酢がその手前に並べられ、最後に1枚の皿が置かれた。

これがお薦めの食べ方なんですけど・・
そう言って説明されたのは、わさびと塩で食べる方法。
皿はそのためのものらしい。

とんかつの皿が遠いのは箸を運ぶ回数を分析して、その位置が最良ということなのだろう。
もしも、とんかつが1cm四方に切られていたら遠いと大変だが、この場合7回だ。

マラソン期間中、太らないために野菜から順に食べていた。
まずキャベツにとんかつソースをかける。
とんかつが網に乗っているのは脂を切るためかと思ったが、キャベツにかけたソースが浸食しないという効用もある。

ずっと食べたかったとんかつ。
レースが終わったら、とびきり美味しい店で食べようと決めていた。
どんな食べ物でも最初の一口は何もつけない。

Musashiya

あぁうまい
この世の春を心で謳う
脂が舌にしみこむ。

こんな時、大音量でエコーまでかけて「んまい!」と言えるメガネをかけた芸人が羨ましい。
あれだけ大声で言えば、ストレス発散できるだろう。
多くの一般人はあんな「んまい!」を言わずに死んでいくのだ。
そんなことを考えていたから、御飯をかき込むのを忘れていた。

次はお薦めというわさびと塩
つーんときてはいけないので、少しつけて食べる。

となりのテーブルでは、若い兄さんが「キャベツとごはんお代わり」と言っている。

試しに塩だけつけて食べてみた。これはうまい。
ポン酢は後味がさっぱりとする。
関東定番のからしは、ありきたりの味がした。いい豚にからしはやめた方がいい。

おいしいとんかつは何も付けない。これに尽きる。
6切れ目ともなると胃が疲れてきた。
そこでポン酢の再登板。
最後になにも付けないで締めて店を後にした。
お店の人の感じがいいので、幸せは2倍になった。

両国の駅に向かう途中、黒烏龍茶をがぶ飲みしながら言問団子を買い忘れたことに気づく。
あの道のりを戻る気にはなれなかった。

とんかつの歴史

|

« 江戸東京博物館の皆さん、もう少し蝋人形をお願いします。 | トップページ | さくらとの会話2012 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 江戸東京博物館の皆さん、もう少し蝋人形をお願いします。 | トップページ | さくらとの会話2012 »