« 佐倉朝日健康マラソンに向けて走り始める。 | トップページ | 初めての「14週調整」メニュー »

2012年5月15日 (火)

ビックりマックみそ!

「てりたま」に間に合わなかった。

マックのドライブスルーは改善されて、待ち時間が短くなっていると「カンブリア宮殿」で紹介していた。
受注、支払い、受け取り
確かに以前より1工程増えてスムーズだ。
だが敷地に限りがある都心ではサイドバイサイド(2レーン並列)というわけにはいかず、休日のマック渋滞は解消していない。

警備員さんからペラのお品書きを受け取る。
てりたまがない。
あぁ間に合わなかったのか。

それならば、ビッグマックだ。
今日はしっかりカロリーを摂っても大丈夫と決めた日。
お目当てのひと品がなくても、ビッグマックがある。

さて取り出したのは「味噌カツのタレ」

Mbm1

メーカー:合資会社八丁味噌 岡崎市
分量:320g
実勢価格:498円
賞味期限は未開封でおよそ10ヶ月後に設定されている。

ナゴヤの赤味噌として有名な「八丁味噌」は、徳川家康の本拠・岡崎城(現在も岡崎市にある)から西へ八丁(およそ870m)行った所にある味噌屋が作り始めた。
「味噌カツのタレ」は家庭の冷蔵庫に常備しておいて、あらゆるカツや目玉焼き乗せ御飯にかけて食べると美味い。
味噌カツファン御用達のこのタレが合う新たな相棒を捜していた。

Mbm2

1枚目のバンズをめくり
そこに味噌かつのタレをどぼどぼとかける。

Mbm3

元通りにバンズをはさんで食べる。
はじめのうちは味がわからなかったが、バンズにたれがしみこんでくると、味噌かつの味を脳が捕捉した。

今回の発見は、上のパティの階層には味がついていないこと。
ここは味噌かつのタレをかける層だったのだ。
そうだったのか・・ 

上は味噌味、下はマックのソース味
ダブルで美味い!

米国国籍を貫くマックに、ユーザーが日本国籍を加味する。グローバル企業と消費者の新たな関係構築法をここにみた。

しらべるのたべもの記事一覧

|

« 佐倉朝日健康マラソンに向けて走り始める。 | トップページ | 初めての「14週調整」メニュー »