« 黒烏龍茶が2012年を変える | トップページ | GW 薄くなった「1Q84」を読む »

2012年5月 1日 (火)

クルマと関わらない幸せ

この週末は路上でハンドルを握っている時、いつも以上に緊張した。
このところ予期できないような事故が続いているからだ。

いつもならば、自転車と歩行者を重点的にマークしておけばよい。

高級自転車はルール通り車道を走っているが、ルールを大幅に超えた速度で走る。
しかも信号では少し減速するだけで停止しない。
自転車を対象にした「ねずみ取り」「信号無視」の取り締まりが必要だ。
すぐやって欲しい。

歩行者は横断歩道の信号が赤に変わっても、何事もないように渡っている。
少しダッシュすればセーフだと思っているようだ。
クルマが近づいても、どうせ最後はそっちが止まるんでしょと踏んでいる。
確信犯だ。
歩行者も信号無視は反則切符を切ることができるようにして欲しい。

一方、信号のない横断歩道で歩行者が横断の意志を見せていても、停まるクルマは九分九厘いない。
自動車学校で何を学んできたのか。
「停まると後ろから突っかけられて、返って危ないんだよね」
などと言って自分を正当化している。

そのうえクルマだ。
道幅の狭い道路でセンターラインを超えてくるクルマが増えた。
センターラインを超えたら危ないということを認識していないドライバーは多い。
進行方向に路駐のクルマがある場合、そのクルマが対向車を待たなければならないが、お構いなしに突っ込んでくる。
前後左右からどんな運転者が操るクルマが来るかわからない。

不届きな運転者により事故が起きると、大々的に報道される。
だが、歩行者、自転車、ドライバー。
ここ数年、ルールを守らない人は格段に増えている。
一方、警察の取り締まりを見ることは、ほとんどなくなった。
事故の温床は着実に広がっている。

ルールは守らなくて良いという人が増える社会。
二枚舌を使いこなす政治の弊害とも言える。

都市の若者がクルマ離れをしている。
自動車会社は魅力的なクルマを作って、客を呼び戻そうとしている。
だが、クルマと関わらないで一生を送ったほうが幸せな状況が生まれつつある。

|

« 黒烏龍茶が2012年を変える | トップページ | GW 薄くなった「1Q84」を読む »

自動車/交通」カテゴリの記事