« 2012年夏季五輪女子マラソンプレビュー | トップページ | 藤原新が金メダルを取るかを見分けるポイント »

2012年7月23日 (月)

安い!バッテリー長持ち!無線LAN搭載!さぁどうするノートパソコン

ネットを見ていると右側につい、押してみたくなるバナー広告が出ていた。

 

バナー【 banner 】の意味は「旗」
インターネットにおけるバナーとは、ウェブサイトの広告やハイパーリンクに使われるボタンのうち、1辺が200ピクセル以上のものをいう。

 

「バナー広告」はウェブサイト上にあり、クリック1つでそのサイトへ行けるハイパーリンク。
バナー広告をページに載せることを「バナーを張る」と言う。
バナー広告には広告料が定額制のものとクリック保証型のものがある。

 

2012年現在、ほとんどのポータルサイト(人気の高いインターネットの入口となっているサイト)は、ユーザーの動向を把握しており、年収や学歴すらつかんでいる。
ましてや、どんなことに興味があるか、何を買いたいと思っているかなどは朝飯前。
バナーには自分が欲しいなと思っているものが表示されるのである。

 

その日見つけたのは、持ち運ぶことに特化したエプソンの廉価B5ノートパソコン。
27,730円という値段に惹かれた。
買わないまでも、どの程度の製品がその値段で買えるのかを知っておいて損はない。

 

クリック!

 

型番:Endeavor Na14S
エプソンの通販限定商品。
初めて買ったパソコンはエプソン(386NOTEA 1990年)だったので、エプソンには共感がある。

 

■標準バッテリー6時間稼働
■サイズ:266×185×34mm

 

このサイズでバッテリーが長もちするのは大きな魅力だ。
ここで、A4の紙をこのサイズに折ってみた。
何かを買う時はこうして実寸を確かめることにしている。
イメージしたよりは大きい。
ラップトップ(膝置き)してみたら、いい感じだった。
現在持ち運び時に使っているバイオUは小さすぎて、両足にきゅっと力を込めなければパソコンが両足の隙間に落ちそうになる。

 

さらに、仕様をみていく。

 

■無線LAN標準搭載

 

これがいい。
キーボード入力の邪魔になる無線LANアダプターを挿さなくて済むようだ。

 

■外部メモリースロット:3 in 1スロット(SDメモリーカード、マルチメディアカード、メモリースティックに対応)
■USB2.0端子 右側×2 左側×1
■外部ディスプレイ端子(D-SUB15ピン)搭載 液晶プロジェクターや外部モニターを接続できる。

 

旅先で一眼レフからデータをバックアップする際、なにもアダプターを介さなくて済むのは助かる。
USBの数も十分だ。
ビジネスで使う人ならば、液晶プロジェクターにアダプター無しでつなげられるのは必須と言える。

 

このようなパソコンを使う人が最低限、こういう機能を必要とするだろうということが、とてもよく練られている製品だ。

 

■OS:Windows7Starter
■HDD:250GB
■CPUCPU:インテルATOM N550(1.5GHz)
■メモリー:1.0GB
■ディスプレイ:10.1型ワイド グレア液晶

 

性能的にみても、文章入力やエクセル操作で使う分には、申し分なさそうだ。
数ヶ月前にもこの機種は検討したことがあった。
早速市場を把握しようと大手量販店に赴くと、そこにあったのは安くても5万円台。
ネットに出ている3万円台のやつと、これはどう違うんですか?と尋ねると
「安いのはCPUが弱いから、すぐに動きが悪くなりますよ」
という見解だった。

 

試しに決済ボタンを押す。

 

■価格:32,980円
 キャンペーン実施時は 5,250円オフ。それで冒頭の27,730円。
 別途送料が1,575円かかる。

 

安い期間が限られているということに急かされる。
だが、衝動買いはいけない。
キャンペーン期間終了のぎりぎりまで、気分を変えて考えることにした。

 

|

« 2012年夏季五輪女子マラソンプレビュー | トップページ | 藤原新が金メダルを取るかを見分けるポイント »

パソコン」カテゴリの記事