« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の31件の記事

2012年8月31日 (金)

「最悪」という言葉遣い

「これまで25年政治を見てきたが、今が最悪だと思う」
三浦俊章朝日新聞記者
8月27日報道ステーション
民主党と自民党が法整備をそっちのけで、政局に専念している様相について述べた言葉である。

政局とは、国会本来の立法審議とは関係のない、首相の進退、政権を巡る争いを言う。
野党が立法審議よりも、首相退陣や解散要求を優先することを「政局にする」という。

新聞記者として25年間働いてきた人がいう「最悪」という言葉には、見る者に対して、状況の悪さを考えさせる力がある。

ブログを5年書いてきた
ホームページを10年やってきた
30年生きてきた
そういう人がいう「最悪」とは重さがちがう。

あぁそれほどまでに、その状況は最悪なのかと想像する。
記憶をたどり、過去と比較してみる。
もしも最悪だとすれば、
最悪を脱するには、どうすればいいのか?
最悪を脱することはできるのだろうか?
考えて、行動する起点になる。
言う人によっては「最悪」とはそんな重い言葉だ。

亀田さん(55歳女性)は、民間企業に35年勤めている。
仕事は内勤。主に環境維持に関する業務に携わっている。
その日は、早く帰りたい用事があって、16時にタイムカードを押してエレベーターを待っていた。
ところが、いつになくエレベーターが来るのが遅い。
ふと、気づくと4機あるエレベーターのうち、2機は階数を表す表示が消えている。
節電のため、利用者が少ない時間帯は稼働台数を減らしていたのだ。

「さいあくっ」

先を急ぐ時に限って、エレベーターが来ない。
しかもそれは、自らの業務で推進している節電の一環だ。
恐らく亀田さんにとって、この事態はそれほど最悪なものではなかったはずだ。
もしも、エレベーターが来ないことが人生で最悪な出来事だとしたら、それはシンデレラ・ストーリーと言ってもいいくらい幸せな人生である。

なにかあるごとに「最悪」とつぶやき、何かうまくいかない時の慣用句として使っている人がいる。
世の中には、まだまだ最悪はある。
日常にそれほど、最悪はない。

|

2012年8月30日 (木)

いきなり第2回で値上げする京都マラソン

第2回京都マラソンのエントリー受付が 2012年8月20日より始まっている。
エントリーはランネットで受付。
8月23日の時点で既に定員を超えたため、今回も抽選となる。

開催日は第1回と同様、3月の第2日曜日、2013年3月10日。
この日、京都では大きな観光行事がない。

制限時間:6時間は前回と同じ。
参加費は前回よりも1,500円上がって12,000円。

申込みの際、いくつかの同意事項にチェックを入れないとエントリーに進めない。
・仮装禁止
・ランナーストップの承諾
などだ。

第1回ではコース途中でランナーストップがあり、ランナーは立ち止まらなければならなかった。
緊急車両を通すためだったと言われているが、明らかにコース設計の不備である。
第2回では、ランナーストップの要因を改善するのではなく、事前に承諾させるという方針に出た。

スケジュール

9月21日
エントリー受付締切

10月下旬
当選者発表 第1回大会は10月下旬と周知されていたが、実際には11月25日だった。

2013年3月8日~9日
みやこめっせ(京都市勧業館)で受付。

2013年3月10日(日)
8:30 号砲
14:30 終了

この日は、世界初の女性限定市民マラソン「第2回名古屋ウィメンズマラソン」と日程が重なる。
完走するとティファニーのメダルがもらえる「名古屋ウィメンズ」に女性が殺到するため、同日開催の京都マラソンは「男子マラソン」の様相を呈する。

コースも日程も変わらない。
それでも、第2回からいきなり値上げするだけの強気な要因がどこにあるのか、ぜひとも出走して確かめてみたい。

ど素人!マラソン講座

|

2012年8月29日 (水)

鉄人フィギュア 最終回

ついに「神戸・新長田 鉄人28号モニュメント塗装済完成品スケールフィギュア(以下「鉄人フィギュア」)」が売り切れる日が来たのだろうか。

発売前に400日。
発売後に400日。
およそ800日チェックしてきた、鉄人フィギュアのウェブページが、8月28日に確認したところ真っ白になっていた。
ここ数日のなかでページを閉じたのだろうと思われる。
リンク切れではなく、真っ白のページを表示するソースである。

http://www.kobe-tetsujin.com/good3.html

Tetsu900以前はこのようなページが出ていた。

鉄人フィギュアは、神戸長田にそびえ立つ「鉄人28号モニュメント」の60分の1縮尺立像。
鉄人28号モニュメント型のフィギュアは、他には発売されていない。

■サイズ:高さ30cm
■価格:¥10,500
■原型制作:速水仁司
■限定数量:900体
 KOBE鉄人PROJECTホームページで通信販売<500体>
 KOBE鉄人三国志ギャラリーで店頭販売<400体>

Tetsum2010年8月撮影
発売日に買いに行ったが・・・

【 時系列の記録 】

2010年7月下旬
ホームページで「発売決定」「8月初旬発売」が告知された。

7月29日
ホームページで8月7日10時発売と告知された。

8月4日
発売延期。発売にむけて納品された商品の出来が悪く製造元に差し戻された模様。

2011年8月15日
KOBE鉄人PROJECTホームページで通信販売。1人2個まで。

8月27日
特設ブースで対面販売開始。29日からはひきつづき店頭販売。

9月9日
ホームページ通販が予定数を終了。

ホームページ通販終了後、およそ11ヶ月。
鉄人モニュメントからアーケード沿いにしばらく歩いた場所にある「鉄人三国志ギャラリー」で販売していることがウェブページで告知されていた。

すばらしい造形、美しい塗りのモニュメントは、900のご家庭で末永く、異彩を放ち続けることだろう。

Tetsu

|

2012年8月28日 (火)

マラソン講座は五輪マラソンを冬季五輪で行うことを提唱する。

川内優輝が優勝した。
2012年8月26日に行われた、第26回北海道マラソンのことである。

北海道マラソンは、日本では8月に開催される唯一のマラソン。
2009年から制限時間が5時間に延長されたが、依然として中級者以上のランナーに人気が高い大会だ。

北海道マラソンの歴史

1987年
第1回大会

2009年
8月30日、第23回大会
制限時間を5時間に延長
参加人数を8,000人に拡大
北海道大学構内、北海道庁赤れんが前を通るコースにリニューアル。

2010年8月29日
およそ8,800人がエントリーして8,000人が出走。気温が30度を超えた。

2011年8月28日
第25回開催 定員が9,200人に増えた。史上最多の8,650人が出走。完走は6,838人。

2012年8月26日
第26回開催 コース変更 スタート時気温28度。

比較的涼しい北海道と言えども、レースは30度を超えることがある。
準備不足なランナーにとっては、危険なレースになりつつある。

今大会、川内優輝の優勝タイムは2時間18分38秒。
彼のベストタイムからはおよそ10分遅い記録だ。

ロンドン五輪代表を争ったライバル、藤原新の自己ベストは2時間7分48秒。
ロンドン五輪のタイムは2時間19分11秒で、ベストタイムからはおよそ11分遅い記録だった。

マラソンシーズンは9月に始まり4月で終わる。
5月から8月はトラックシーズンである。
大半の陸上競技のシーズンは「夏期」だが、マラソンは「冬季」のスポーツなのだ。

マラソンは冬季五輪でやることが望ましい。
マラソンに限らず、秋~春にかけて行い、真夏はオフシーズンとなる「サッカー」も同様だ。

「陸上だから夏期」
という呪縛をいったん外して、冬の競技は冬季五輪で行うという見直しを望む。

ロンドン五輪男子マラソンで優勝したキプロティク(国籍:ウガンダ)のタイムは2時間8分1秒。
世界記録から5分も遅い。

罰ゲームのような気候とコースで行うのではなく、
勝負に徹した駆け引き大会でもなく、
優勝者が世界記録に迫るような、真のマラソン世界一を決める大会が見たい。

ど素人!マラソン講座

|

2012年8月27日 (月)

Windows8 WindowsRT そして注目のMicrosoft Surface

iPadを使っている人をみると楽しそうだ。
でも自分の場合は、キーボードがなければ実用に耐えない。
ipadにキーボードを挿して、ある時はタブレット。ある時は小型ノートとして使えるようにすればいいのに。
恐らく早晩どこかからそういう商品がでるだろうな。

そう考えていたら既にあった。

なかでも、注目のニュースは2012年10月26日発売のMicrosoft Surface。
2大osメーカーの1つ、アップルは昔からソフトとハードを売っているが、いよいよもう片方の1つ、マイクロソフトがハード販売に乗り出す。

搭載するOSはWindows8 または WindowsRT。
Windows8は、2009年に発売されたWindows7からメジャーバージョンアップ(大規模改訂)となるOS。
WindowsRTは、Windows8をタブレットに特化したOS。タブレットPCのプレインストール限定であり、パッケージ販売はない。この点はWindows7 starterと同様。

Surface1


発売スケジュール

2012年10月26日
Windows8発売
WindowsRTを搭載するハードの発売
Microsoft Surface(WindowsRT)搭載版発売

2013年1月頃
Microsoft Surface(Windows8)搭載版発売

価格はWindowsRT搭載版が Windows8搭載版よりも安い。
価格は未発表。
ネット上の複数の記事では以下のようになっている。
WindowsRT版 599ドル 46,722円
Windows8版 999ドル 77,922円
*日本円は1ドル78円で計算した。

日本では売られるのか?
詳細な仕様はどうなっているのか?
当面は各社パソコンの検討を見送り、Microsoft Surface というキーワードに注目していきたい。

Microsoft Surfaceは自立するのか?

|

2012年8月26日 (日)

Windows7 starter ネットブック とは?

旅先に持って行くパソコンはバイオU。
バイオUは2002年に発売された小型ノートパソコン。型番PCG-U1
UはubiquitousのU。
そのバイオUの非力さが実用に耐えなくなってきた。

2002年4月の発売と同時に購入。
LAN端子はついているが、無線LANはついていない。
当時まだ、なかったのだ。
今年の帰省で、遅ればせながら実家にもインターネットが来ていた。
回線速度は十分なのだが、パソコン側が遅い。
来年の夏までに、バイオUの後がまを捜さなければ。
その課題を持ち帰った。

ところが現在、バイオUのようなパソコンは売られていない。
元々、フルスペックでありながら、横幅20cm以下というパソコンは他になかったのだ。
ネット上を探すと2年前に、それに近いハードが出ていたが、現在はどこにも売っていない。

この5年、ノートパソコンの研究から遠ざかっていたので、基礎から勉強し始める。
始めに目に止めたのはエプソンダイレクト(メーカー直販)のEndeavor Na14S。
横幅26.6cmは許容範囲の上限だ。
これよりも小さいノートは現行品には見つからない。

OSは「Windows7 starter」
"ネットブック用にWindows7の機能を制限したOS"である。

どんな機能を制限したかというと
・壁紙の変更
・マルチモニター(複数のモニターに同時表示すること)
・DVD再生
・Aero Glass 表示
が主なところ。
持ち運び、無線LANでインターネットを使うこととは、直接関係のないものばかり。
同時に立ち上げるソフト数の制限もない。
ストレージはHDDならば250GB、メモリーは1GBまでというハードの制限があるが、用途からして問題はなさそうだ。

ネットブックとは、無線LANインターネット使用に特化したノートパソコンの通称。
ネットブックという明確な規格や仕様があるわけではない。
用途をインターネット利用に絞り込むことで、2万円台で買える低価格。
イーモバイルとのセット申込みならば、機械はほぼ「0円」というハードもある。
ネットブックと呼ばれる小型パソコンは、ほぼすべてがOSにこのWindows7 starterを採用している。

ところが、いくつかのメーカー直販サイトでは、Windows7 starter機種の販売ページにおいて「Windows7にアップグレードすることをお薦めします」とわざわざ記している。
明確な理由はわからないが、手を出さない方が無難という臭いがする。

OSはWindows7 starterではなく「Windows7」
まず、この方針を決めた。

|

2012年8月25日 (土)

マラソンスタート前ルーチン 「直前」コンビニ袋

事前の案内によると、手荷物預かりは「先着4,000個」と謳われていた。
その場に放置するのは不安だし、かといって持って走るわけにもいかない。
締切にならないうちに、荷物を預けなければならない。
早め、早めの行動が肝心だ。
芝生がある外野グラウンドに設営された荷物預かり所に近寄ると、その手前に料金所があった。
そこで手数料を支払って荷札を受け取る。
その荷札番号の手荷物預かり所に荷物を預けるというしくみ。
グラウンドに着いた時に先に荷札を買っておけば、気ぜわしくなくて済んだ。

4000ko


マラソンの定員は5,000人。その他の競技と合わせるとおよそ10,000人のランナーに対して4,000個ということは6,000人が預けられないことになる。
恐らく、地元参加比率が高い大会ゆえ、付き添いの人が預かってくれて、毎年4,000個以内に収まっているということなのだろう。

マラソン直前のルーチンでは、荷物を預けた後はトイレに並ぶ。
「直前」とマジックで書いたコンビニ袋を片手に握っていて、そこには直前摂取のジェルやトイレに紙が無かった場合に備えたポケットティッシュが入っている。
これは2年前の長野マラソンで、トイレに並ぶ時に不便だったことから編み出した。

「近隣の小学校のトイレが空いています」
というアナウンスが聞こえていたが、目の前のトイレもさほど混んでいない。
およそ5分ほど並んだだけで順番が来た。
しかし、トイレを出てくると、行列は3倍ほどの長さになっていた。
恐らく最後尾のランナーは15分待ちになっただろう。
荷物が「先着4,000個」といわれたお陰で、時間を節約することができた。

それにしても、ウェストポーチあたりから漂う香りが甘い。
年頃の女の子でも、ここまで甘いにおいは振りまかないだろう。
蜂が寄ってきて困った。
結局この香りはしつこく残り、走り終わってからも、手から甘い香りがした。

陸上競技場に入る。
マンホールから無数のミミズが出てきて絶命している。
自然災害の予兆ではないかと、少し怖くなる。
トラック内側にゴミ箱が出ていたが、撤収され始めたため、慌ててベスパとジェルを摂って「直前」袋を捨てる。

時計モードにしたGPSが9:00になったのを確認して、ウォークマンの「佐倉2012」セットリストをスタート。HOLDモードにして甘い香りのポーチにしまう。
1曲めは「青空」 salyu
スタートの9:30までは、ゆったり・ほのぼのした曲がつづく。
これですべてのスタート直前ルーチンが終わった。

2年越しの佐倉にサクラ咲く?目次

|

2012年8月24日 (金)

マラソンでヘッドホンコードの取り回しが解決

受付会場は平地にある。

Uketsuke

ここから500mにわたる上り坂を登り切った所が、岩名運動公園の陸上競技場。

上り坂途中のY字路を右にそれて、更衣室が設営されている野球場へ向かう。
グラウンドには3つのテントが男子更衣室として設営されている。
風が吹き込まないよう地面まで張られているテントをのぞきこむと、テーブルが置いてあり、着替えやすそうだ。

マラソンを走る前も、そして走った後は特に、ランナーはかがむことが苦痛だ。
テーブルがあれば、立ったままで着替えることができる。
しかし、どのテントもすでに満員なので諦める。

Tent


天気はよくて、さほど寒くもない。
ランナー達はグラウンド上、ダッグアウト、観客席のスタンド。
ランナーは思い思いの場所で準備にいそしんでいる。

レフトスタンドに上がり、観客席のベンチに腰掛けて準備にとりかかる。
すると、荷物を開けるや否や、なにやら甘い香りが飛び出してきた。
かなり、いやな予感がする。
甘い香りと言えば、それはあれしかない。

今朝の準備で封を切り、フラスクボトルに入れておいた「ショッツ・エナジージェル」が漏れ出しているのだ。
フラスクボトルを使うのはこれが4度め。
プラスチックのキャップをかぶせて、メンディングテープでキャップが外れないようにしてある。
これまではこんなことはなかった。

恐る恐る、被害状況を探る。
周囲の荷物がべたべたになっている。
ポケットサイズのウェットティッシュを持っていてよかった。
何が起こるかわからないものだ。

レースで付けて走るウェストポーチもべったり。
その中に入れておいたウォークマンもショッツでぬるぬる。
ヘッドホン端子の内部にショッツが入り込んでいたら・・
今日はこの長丁場を音楽無しで走らなければならないのか。 
42kmを共に刻む旋律を失うことに戦慄が走る。
ヘッドホンをつなぎ音を出してみると、無事に音が出た。助かった。

ヘッドホン・コードの取り回しについては、今回新たな試みがある。
前回、走っている最中に余ったヘッドホン・コードが暴れたため、ペースを落として仕舞わなければならなかった。
いい方法がないものかと考えていた時、あるモノに目が留まった。
プレゼントでもらったけれど、使っていなかったペンホルダーだ。
これは本来、手帖にペンを挿す用途のグッズ。
ただあいにく、常用している「ほぼ日手帖」にはバタフライホルダーがあり、ペンホールドには困らない。
使う場面がなく放置していたのである。
早速、ウェストポーチにはめて、そこにヘッドホン・コードを通した。


Penholder


これが、ばっちりはまった。
お陰で、長年の懸案だったヘッドホン・コードの取り回しは、今年解決した。

2年越しの佐倉にサクラ咲く?目次

|

2012年8月23日 (木)

豚の角煮は失敗だった。

佐倉朝日健康マラソン当日朝。
昨日降った雨は上がり、空は晴れている。
マラソンも7度目となると、緊張感は薄らいでいる。
かといって号砲が楽しみで仕方ないと言うこともない。
心はとても落ち着いている。

ごはんを温めるために、電子レンジが置いてある1階におりる。
エレベーターではランナー二人連れと一緒になった。
まだ6時だというのにもう出かけるのか。
玄関から外を見やると、サポートの仲間がワゴン車で迎えに来ている。
仲間と走るのもいいな。うらやましい。

電子レンジで20秒だけ加熱して部屋に戻る。
カップやきそばの容器にお湯を張って温めておいた豚の角煮、ほどよく温まっている。
でもあまり美味くない。メーカーの選択を誤ったかも知れない。
同じ後悔をするのならば、例年通りとんかつにすればよかった。

Kakuni


カップ味噌汁がうまい。
底のほうは塩辛そうだ。いつもならば、ここでやめるところだが、この塩分がいざという時に、僕を助けてくれるかも知れない。
そう思って、残さずに飲み干した。

チェックイン時に借りていたドライヤーをフロントで返してチェックアウト。
このホテルは京成佐倉駅と、スタート・ゴールの岩名運動公園の間にある。
駅をめざして下りの舗道を往くと、向こうからたくさんのランナーが登ってくる。
会場まで2.5kmはあるというのに。この距離を歩くというのか・・

Iwana

駅のコインロッカーに不要な荷物を入れる。
ロッカーはほとんど空いている。
駅の北口。シャトルバスを待つ列が伸びている。
待ち時間は20分~30分程度にみえたのでタクシーを利用。
タクシー待ちは0人。

Bus

車窓から見る道路沿いの舗道には、岩名運動公園をめざすランナーが連なる。
会場にはシャトルバスしか入れないので左折する手前で降りる。
料金は710円。もしもまた佐倉を走りに来たら迷わずタクシーを使うだろう。

受付会場はにぎわっている。
地元の中学生がメガホンでがなっている。
レース前の静かな心でいる身には、少しうるさかった。
受付は家族ぐるみで1つのグループをまかされている様子。
小学生の子どもが少しはにかんだ様子でナンバーカードを手渡す。
おかあさんが後ろから「がんばってください」と声をかけてくれた。
ありがとうと応えて、荷物一式を受け取る。

2年越しの佐倉にサクラ咲く?目次

|

2012年8月22日 (水)

まさか、これほどの品があるとは 足乗せ台

もうかれこれ5年くらい前から探している家具がある。
それがあれば、読書がとても楽になる。
パソコンで映画や録画番組を見る時もくつろげる。

それは椅子に座った状態で、足を伸ばして置く台。
以前、近所の家具屋で見たことがあるが、それは15,000円だった。
しかも使わない時は邪魔そうに思えた。
どういうキーワードかは忘れたが、ネットで探しても見つからなかった。

仕方がないので窓のさんにパソコンのハンドレスト(ウレタン製)を置いて、そこに足を乗せる。
しかし、高さがあり過ぎて、膝がぽきぽきいってしまう。
パソコン本体の上に、ダイソーで買ってきた発泡スチロール製のブロックを置いてみたが、固すぎて疲れる。

そして過日、久しぶりに欲しくなって
キーワード=足乗せ台
で検索

すると、一発で出てきた。
 


Ashinosedai


椅子に座って足を伸ばして過ごすための足置き台。
メーカー:サンワダイレクト
品名:オットマン リラックス足置き台
型番:100-SNC035

キャスター付きがあるなんて思いもしなかった。
高さも調節できるから安心だ。
また、部屋に誰かが来た時、予備の椅子としても使える。
ウレタン素材ならば感触は求めていたとおり。
しかも、ブラックのレザー仕上げは今持っている椅子とぴたり一致した。

しかもお値段は、なんと にせんよんひゃく はちじゅうえんっ!
(高田明の口調で)

本当だろうかと検索し直した。

どうやら本当のようなので、即ゲット。
おかげで、部屋でくつろぐ時間が少し増えた。

この商品のセールスマンだったら、年間100個くらいは売る自信がある。
それじゃ食っていけないが・・

amazon販売ページ 送料無料

|

2012年8月21日 (火)

紹介したい店 紹介は割愛する店

ホテルのチェックインまで、まだ1時間あるので喫茶店を探す。
今年はカフェイン断ちをしなかったので、このタイミングでコーヒーが飲める。
駅前にあった喫茶店「COT」はとても居心地がよい店。
コース図を目で追って確認していたら、眠くなってきた。
居心地がいいお店ですね
そう言って店の名前をきくと、名の由来を話してくれた。

京成佐倉駅そばにある唯一のビジネスホテルにチェックイン。
加湿器はないと聞いていたので、カップやきそばの空き容器を2つ床に並べる。
これに電気ポットで沸かした熱湯を入れて加湿器代わり。

Kashitsu


ウォークマンにスピーカーを挿して音楽を流す。
ここにはネットもケータイもない。音楽が心地いい。スピーカーを持ってきてよかった。
明日の準備には2時間がかかったが、音楽のお陰でそれほど苦にならなかった。

Igusuri


旅マラソンのレース前夜は炒飯と決めている。
事前に調べておいた中華店へ向かう。
夕暮れ迫る佐倉。路面は濡れているが雨は上がって爽やかだ。
店に入るとすぐ、ふつーの炒飯をください。と注文する。
できあがってテーブルに置かれた炒飯をお約束の撮影。
しかし食べながら、写真掲載と感想と店名は割愛しようと決めた。

つづいてレース当日、朝食の仕込み。
カップみそ汁はセブンイレブン。
白御飯は駅前に弁当屋さんがあったので、そこで調達。

Bento


メインのおかずは例年とんかつと決めているが、今回は事前に買っておいたレトルトの角煮。

最後に下調べしておいたスーパー「トウズ」をのぞく。
地元佐世保のスーパーに来たような感覚に陥る。去年、小松市でもそうだった。
なにが違うのだろうかとしばらく観察。
外周どの辺に対しても平行に並ぶ棚があるという点だろうか。
インフルエンザ対策に効くと言われて以来、品薄がつづくLGヨーグルトはここでも売り切れ。
ここ3ヶ月つづけていた夕食後のLGヨーグルト。
最終日は手に入らなかった。

夕食後は瓶入りの胃薬をのむ。これは今回初めて。のみつけないものだが、特に変調を来すことはなかった。
入浴後、20時30分床につく。
日中ほとんど歩いていないので疲労感はなかったが、すぐに寝付くことができた。

2年越しの佐倉にサクラ咲く?目次

|

2012年8月20日 (月)

パワーハラスメントは争うものだろうか?

パワーハラスメントの定義は、上司による役職を笠に着たいじめ。
いじめが人権を侵害している場合を言う。
暴力、罵声、誹謗中傷、威迫による業務の強制または業務からの隔離。
ここまでくれば十分、立件して争うことができる。

セクシャルハラスメントは異性の上司からの被害だが、同性の上司によるいじめも多いので、それを定義するためにこの言葉が生まれた。

モラルの高い会社はコンプライアンスの一環として社外の相談窓口を設け、パワーハラスメント、セクシャルハラスメントの相談を受けている。
窓口はあるけれどコンプライアンスに限定している企業もある。
窓口のお品書きにパワーハラスメント、セクシャルハラスメントがない場合、労働組合を通じて会社側に申し入れた方がよい。

パワハラは敵が上司である。
上司は会社内では立場が強い。
その上司を敵に回すと言うことは、会社を敵に回すと言うことだ。
なぜならば、パワハラをするようなバカ上司を任命したのが人事部だからだ。
ゆえに少々のことでは、パワハラは成立しない。

虐められたからと言って自ら辞めてしまうと、それは自己都合による退職となる。
自己都合の退職は辞めた側だけにデメリットが大きい。

まずは退職金減額。
大半の企業では、会社都合の退職よりも自己都合の退職金が低く設定されている。

失業保険は3か月間保留されることがある。
自分の勝手で辞めたとみなされるからだ。
保留を解除するためには、パワハラで辞めたことを立証しなければならない。

そして、やり直しを期した再就職の敷居が高くなる。
次に受ける会社は本人に「なぜ辞めたのか」を聞くだけではない。
前の会社にもその理由を取材する。
そこで会社から散々なことを言われてしまうと、次に受ける会社は二の足を踏んでしまうのだ。

パワハラはもはや日常茶飯事。
裁判で争ったとしても、メディアはいちいち取り上げない。
つまり、会社側としては争うことは怖くないということだ。

本当に裁判で争うならば、日時を入れて克明に記録を残すこと。録音することが必要になる。
ただし、そんなことをしていたら仕事にならないし、うつ病になってしまう。

ものごとのルールは力の強い者に有利な場合が多い。
まずは戦わないことを模索することが賢明だ。

|

2012年8月19日 (日)

マラソンはお金がかかる? 節約マラソンのポイント

今日はマラソンを走ったことがないあなたに、考えていただきます。

「マラソンはお金がかからなくていいよね」

この言葉を読んで、肯定しますか?それとも否定しますか?
もちろん、わからないというのでもいいのです。

マラソンはお金がかかるスポーツ、あるいは趣味か?
ステレオタイプな考え方は「お金がかからない」でしょう。

それは以下の理由によるものです。
・練習で走る道路がタダ
・用品が安い →靴があればいい

ボウリングが趣味の人はゲーム代。ゴルフが趣味の人はプレーフィー、キャディフィーなどがかかります。
一方、現代の日本にはランニングでお金をとる道はありません。
自動車や自転車、歩行者が紛れ込まない安全なコースがあれば、有料でもよいので整備してもらいたいくらいです。

サーフィンが趣味の人は海はタダですが、用品のボードやスーツにお金がかかります。
湘南などの海沿いに住んでいる人以外は現地にボードを運ぶための車が必要だし、あるいは電車代がかかります。

靴さえあれば、そこらじゅう走り放題のランニング。
有り体に考えれば「お金がかからない」と考えるのが妥当でしょう。

一方、マラソン経験者は「マラソンは意外とお金がかかる」と考えているでしょう。
マラソン雑誌や書籍には「完走を金で買う」用品やサプリが多数紹介されています。
これはと思うものに次々に手を出していけば、1レース10万円を超えることもあります。

そこで「今回はお金をかけない」と決めたレースで節約するポイント。節約してはいけないことという視点で、いったい何にお金がかかるのかをみていきます。

【 節約するポイント  】

■日帰りで行けるレースを選ぶ。
マラソン歴が長くなると、日帰りで行けるレースは走り尽くしてしまいます。
そこで始めるのが「旅マラソン」
飛行機と宿がセットになった格安プランが出回っているため、たいがいのレースには3万円前後で行くことができます。
日帰りレースで我慢すれば、倹約金額が最も大きいのです。

■調整としてのハーフには出ない。
レース6週間前あたりにハーフや10kmに出ることは、レースプランを決めるうえで重要な練習です。
すでに練習量と結果の公式が確立できているランナーは、ここを省略することができるでしょう。

■靴は前回と同じものをはき続ける。
現代はマラソンブーム。ゆえに靴は日進月歩。
マラソン雑誌では毎号のように、各社の革新的な新技術が紹介されています。
それをぐっとこらえて、まだ使える靴ははき続ける。

■レース前のサプリメントはやめる。
レースにピークを持って行くために服用するサプリ。
万が一にも失速の恐れはないレベルのランナーが、今回はタイムにこだわらないという場合のみ、やめてよいでしょう。

【 節約してはいけないこと 】
▲すり減った靴は買い換える。
練習を終える(=レースを迎える)時点で通算走行距離が500kmを大きく超える見通しであれば、買い換えが必要です。

▲レース中のサプリメント。
まさに「完走を金で買う」レース中のサプリ。
必須です。
ただし、十分な走力があるランナーが「今回はベストタイムは目指さずに、ゆっくり走るよ」という場合は省略できます。

|

2012年8月18日 (土)

岩名運動公園の坂道を下見する

ホテルのチェックインまではまだ1時間半あるので会場の下見に行く。
グリコーゲンを温存するためタクシーを利用する。
自分の足で坂を上りたくなかったので、坂をのぼって競技場の前で下ろしてもらう。
そこはタクシーどころか人も歩いていない場所なので、30分後に坂の麓まで迎えに来てもらうことにした。

佐倉朝日健康マラソンは岩名運動公園をスタート、印旛沼沿いの田園風景を走り、岩名運動公園に帰ってくるコース。
海と山に囲まれた日本では、大半の都市において平地は貴重な商業・住居エリアである。
従ってこのような運動公園は山を切り開いた場所に作られる。
野球やトラック競技であれば、それはなんの障害にもならない
しかしマラソンではこれが大きな障害になる。
5千人規模が集合する場所、更衣場所を確保するためには、競技場でのスタート/ゴールは外せない。
ということは高台にあるゴールに向っての最終区間は必ず急な上りになる。
去年走った全国健勝マラソン日本海大会(2012年より全国健勝マラソン加賀温泉郷大会に改名)も同様の大会のため最後は上りだった。
だが、地図ソフトで測ったところ岩名運動公園は上り始めからゴールまでがおよそ600mに及ぶ。
これは全国健勝マラソンの2倍の距離に当たる。

下見の理由は、どの程度の坂なのかを見るためである。
時として下見は恐怖心を植え付けることになる。
ゆえにマラソンの全行程を下見することは禁忌となっている。

ただし、今回はあまり難しくは考えていなかった。
坂と言ってもわずか600m。
たいしたことにはならないだろう・・・

Kanban

坂の両脇に立てられた看板。
路面との角度差がこの坂の傾斜度である。

競技場は雨の中、数人が準備中。
佐倉では競技場に入ってからのトラック周回はない。
競技場にはいるとまっすぐ奥にゴールが見える。
下の写真の構図がラストスパートの直線になる。

Goal


競技場を出てすぐの場所にみつけた自販機。
レース後の楽しみである「ジョージアコクの微糖」をチェック。
確かに選択肢の中に並んでいる。
明日のレース後、これが買えるだろうか。
売り切れていないことを祈った。

Kokuno


となりの野球場は更衣場所。
奥に見える白いテントが手荷物預かりテント。

Nimotsu


競技場から受付会場に向かって、坂を下りていく。
振り返って見上げると、道が曲がっていて先が見通せない。
ちょっと長いな
ふと声が漏れた

Nobori


麓には「あと500m」の看板
「500m上るけれど、比較的なだらかでありさほどきつそうではない」
視察した時のメモにはこう書いている。
もちろん、どんな感想であれレース前日に悲観的なコメントを書くことはなかっただろう。

30分ちょうどでやってきた先ほどのタクシーに乗り、再び京成佐倉駅へ戻る。
ところどころ徐行してもらいながら高低差を見定めた。
佐倉駅までの区間も細かいアップダウンがある。1km毎のラップにとらわれず、生理的イーブンのペースを守ることが大切だ。

Taxi 向かって右が京成佐倉駅方面


2年越しの佐倉にサクラ咲く?目次

|

2012年8月17日 (金)

猿島で再現! 仮面ライダー新1号対ガニコウモルの決戦

展望台を後にした僕ら一行は、島の北端「ヨネノ根」へ降りる。
ここは急な階段をおりる道。
横幅が狭いので、降りる人優先、待避は山側という登山道ルールの心得が必要だ。
降りたところは天然の岩場。都市の海岸は大半がコンクリートで固められており、こうした風景は珍しい。
この日は数人の人がここで岩場釣りを楽しんでいた。
日蓮洞窟と命名された洞窟があるが、日蓮聖人がここに来たということではないようだ。

つづいて東端のオイモノ鼻へ。
ここにも見覚えがある。
先の展望台の場面。
ブラック将軍が逃走した後、ガニコウモルと新1号は海辺に移動して決戦。
その舞台が、ここオイモノ鼻の上にある広場と推察する。

仮面ライダーカード(277)きょうてきガニコウモル
ガニコウモルがハサミで新1号の首を絞めるシーンはここで撮影したスチールだろう。

<あらすじ>
仮面ライダーにとって初めて戦う合成怪人は想定外の強さ。
新1号はきりもみシュートで仕留めようとするが、相打ちとなりガニコウモルと共に海に沈んだ。
「ライダーがやられた」
滝和也が愕然とする言葉でその回が終わる。
だが、次回「仮面ライダーは2度死ぬ!」の予告編にはライダーが映っており、ライダーの存命が推察できる。
全国のライダーファンはとりあえず悲痛な1週間を過ごさずに済んだ。

1g


島内にペットを連れて行くことはできない。
虫が多いので、夏場は虫にさされた時の準備をしておくとよい。

帰りの船も1時間1本。毎時45分発。
17時の最終便に乗り遅れると遭難者として扱われる。
臨時に船を出して迎え(救出?)に来てもらうことになり別途料金を取られる。

往路は検札があったが、復路はない。
三笠桟橋に帰港時、係員が人数をカウントしていた。
最終便終了後、渡航した乗客と帰港した乗客の数が一致するかをチェックするのだろう。

構想7年。仮面ライダーの足あとをたどる猿島の旅は終わった。
だが、我々は自然に触れる貴重な場所としての猿島に出会った。
さらば猿島。
また逢う日まで。

Bye

|

2012年8月16日 (木)

猿島展望台でゲルショッカー結団式

コブラ男と旧1号の名場面を振り返った後は、いよいよこの日の主題。
ゲルショッカー結団式の再現である。

以下の画像は仮面ライダー80話「ゲルショッカー出現!ライダー最後の日!」からキャプチャーした。


Gelshocker
(著作権は東映さんにあります)

<あらすじ>
ゲルショッカー戦闘員の口を割らせて、ゲルショッカー結団式の会場は「猿島」との情報を得た本郷猛と滝和也。
船で猿島桟橋に上陸する。
展望台ではブラック将軍を迎えたゲルショッカーの結成式が開催されようとしている。
そこに割って入った新1号。
ブラック将軍は新1号の姿を見るやいなや逃走する・・・

仮面ライダーカード(447)ブラック将軍のひみつ
は、ブラック将軍が展望台から飛び降りるシーン。
人の身長よりは、はるかに高く、気合いを入れて飛ばなければ危険な高さ。
いかに当時の「仮面ライダー」が本気のロケを行っていたかがわかる。

待望の展望台。
さてその姿は・・

St1

「こんなに小さかったっけ?」
子どもの頃通っていた小学校に20年ぶりに訪れた時のような感覚だ。
テレビカメラの深度がなせる技だ。

そして上り階段には鎖がぐるぐる巻きになっていた。立ち入り禁止だ。
階段が錆びて今にも崩れ落ちそうなほど朽ちているのである。
2人が壇上に上り、結団式を再現するという構想がここで崩れた。

仮面ライダーカード(388)ブラック将軍とガニコウモル
は展望台で撮影された2ショット。
背景に東京湾が映り込んでいることでわかる。
そのカットの再現もできなくなった。

仮面ライダーカード(387)おそるべきブラック将軍
ブラック将軍の1人ポーズ

仮面ライダーカード(389)ゲル・ショッカーのちかい
ブラック将軍と闘う新1号

以上2枚のカードは展望台前の草原で撮影したスチールと思われる。
本編ではこのようなカットはない。

参加メンバーによる「結団式」を諦めた僕らは、代替手段へ移行する。
ところが、大きなモニターがあるわけでもないので、なかなかうまくいかない。
以下はその試行錯誤の記録である。

St2

St3

St4


ちょうどこの時間帯、他にやって来る人はなく、広場は貸切状態。
誰にも気兼ねすることなく、僕らは「戦闘員もっと上」「ガニコウモル10度右」などと言って笑い合った。

そうこうしているうちに、お昼が近くなったので、広場にあったおあつらえ向きのテーブルでお昼を広げる。

風の音がする。ウグイスが啼く。
そして人工の音がしない。

「こんな自然が満喫できるとは思わなかったね」
メンバーが頷き合う。

仮面ライダー名場面の再現に集中していた僕らは、ここが自然あふれる島であるということをここで明確に意識した。

|

2012年8月15日 (水)

猿島要塞のトンネルで闘うコブラ男と旧1号

航海時間は10分程度。堤防を越えたと思ったらもう目の前に島が見えてくる。
*写真右にかすかに映っているのが堤防
福岡の能古の島よりも、近いかも知れない。

Sa1


陣取った場所は船首に向かって右側の通路部分。
仮面ライダーカード55
船上で闘う旧1号とコブラ男
手すりより外に立ち辛うじて左手で手すりをつかんでいる旧1号に、コブラ男が容赦ないハイキック。
船はこのような客船ではなく漁船のようだ。
さすがに、この模様を再現するのは難しいので、口に出すのはやめておいた。

Sai

Sarushima のSが猿のしっぽになっているが、猿島に猿はいない。
桟橋の近くにはバーベキューができるビーチ。
海水浴もできるが砂浜は小さく、海もあまりキレイではない。
「子どもの頃、よく潮干狩りにきた」
というのは横須賀出身のメンバー。

10:40の時点で既に大勢の人が肉を焼いている。
食材は持参しなくても、セット提供するサービスが有る。
椅子やテーブル、ビーチパラソル、レクレーション用具など、たいていのモノがレンタルで揃う。

桟橋そばに唯一の島内売店がある。
土産物としては「無人島ビール」「猿塩」「猿島の秘密(冊子)」「Tシャツ」など。
無人島ビールは有名な横須賀の名水を取水して使用。醸造は岩手県の会社である。
缶コーヒー、ペットボトル飲料はここで調達できる。
島内に自販機はない。

海水浴、バーベキュー目当ての人は桟橋近くで過ごし、釣りと散策目当ての人は案内看板で概要を確認して、島の奥へと進む。

島を一周しても距離はさほどではないが、高低差が30mある。
日頃運動をしていない人には負荷が高い。
よい体調と歩きやすい靴で臨むことが求められる。
島内に病院はないので、大怪我をしないよう注意しなければならない。
靴はアウトソールのトレッドパターンが凹凸のあるものがよい。
当日履いていたナイキフリーでは岩場に向かう下りで何度か滑った。
下りでは足を踏ん張るので、サイズが大きめの靴は靴の中で足が動いて危険だ。

島内は遊歩道が整備されている。
まずは猿島要塞跡を進む。
小高い丘に外国艦船の迎撃する砲台があり、その下に弾薬庫がある。

Sy1


島の中心部を貫通する長いトンネルは通称「愛のトンネル」
中が薄暗くカップルが自然と手をつなぐため、そう呼ぶらしい。

Sy2


トンネルを抜けて振り返ると、どこかで見た光景。
これは、仮面ライダー9~10話。
コブラ男と旧1号が闘った場所だ。

Cobura

|

2012年8月14日 (火)

賑わう横須賀中央 猿島上陸を前におにぎりゲットだぜ

神奈川県横須賀市沖に浮かぶ、東京湾唯一の自然島。
東京湾の入口にあり、首都東京を外国から防衛する軍事的な要衝に位置する。
そのため、かつては旧日本軍の施設として使われていた。
現在は釣り、海水浴、バーベキュー、散歩が楽しめる自然あふれる無人島。
特に夏場はたくさんの観光客で賑わっている。

梅雨の晴れ間に恵まれた6月の週末。
最寄り駅は京浜急行「横須賀中央」
"中央"というだけに、横須賀市の中心地にある規模が大きい駅。
品川、川崎、横浜からは快速に乗ると速い。

電車を降りて改札を出て東口を目指す。
土曜日と言うこともあって、駅前は待ち合わせの人で賑わっている。
電車が着く度にリュックをかついだ散策ウェアに身を包んだ団体がはき出されてきて、落ち合ってどこかへ移動していく。
もちろんその行く先は1つだ(のはずだ)

Ykh



駅から三笠桟橋までは徒歩15分程度。
ということだったが、地図を見る限り初心者には簡単そうではない。
実際に復路はゆっくり歩いてきて20分ほどかかっている。
メンバーが揃った時点で、タクシーを提案。
渡船場までは1メーター(710円)5分で着いた。

道すがら弁当をゲットする計画がいきなり崩れたため、渡船場でお昼が買える店を尋ねる。
すぐそばに個人経営コンビニがあり、弁当、サンドイッチ、おにぎりを売っている。
島内には上陸した場所に1カ所だけ売店がある。
飲み物はそこで調達できるが弁当など食事ものはない。
散歩者の昼食は渡航前に調達しておく必要がある。

「横須賀だからカレーに惹かれますねぇ」
戦隊ファンのアラブさんがカレーを手にとって想像を膨らませている。
どうみても、それが横須賀の軍人カレーとは結びつかなかったが、そうですねぇと調子を合わせておいた。
飲み物は現地調達することにして、サンド・おにぎりなど軽いものを選ぶ。
ある程度の高低差を歩くので、腹七分くらいが適量と考えた。

一時期、誰も上陸しない無人島となっていた点は長崎の軍艦島と同じだ。
現在の観光上陸は1995年に始まった。

便数は1時間1本で毎時30分発。
船の時間は「猿島のホームページ」に掲載されている。

大人往復1,200円。無人島なので「片道」切符はない。
「繁忙期は乗れないのでは?」
と考えてしまうが、乗船予約はできない。
ただしそこは一隻で乗り切れない場合、2隻めが出る。
シーフレンド1号~3号 それぞれ定員150名
予約しなくても希望時間に乗れないことはない。

乗船時に検札があるが
「復路まで半券を大事に持っておいて」
というような声かけはなかった。

Sf2


誰もが我先にと椅子のある船室内やテラスをめざすが、僕は船首右の通路に陣取った。
子どもの頃に見たあの構図があったからだ。

|

2012年8月13日 (月)

構想7年。仮面ライダーロケが行われた猿島上陸計画

猿島上陸は長年の夢だった。
その存在を知ったのは「仮面ライダー大研究」二見書房
この地では2度に渡り仮面ライダーのロケが行われているという。
1回めは9話「恐怖コブラ男」と10話「よみがえるコブラ男」
ライダーは仮面ライダー旧1号!
怪人は9話コブラ男、10話再生コブラ男

2度めは80話「ゲルショッカー出現!ライダー最後の日!」
ゲルショッカーの結団式が行われた。

そして、猿島に上陸したいと思ったきっかけは京本政樹の著書「HERO考証学」
旧1号マスク、変身ベルトの変遷が紹介されている唯一の書であり、旧1号ファンにとっては必須の愛蔵書である。
この本では京本政樹が当時の資料を参考にして、いろいろなヒーローのコスチュームを再現している。
もちろん旧1号のコスチュームも再現。
特に仮面ライダー旧1号については、それを猿島に持ち込み、自らが着用して撮影している。
猿島で旧1号になりたい・・
この本を読んでそう思わない旧1号ファンはいないはずだ。

(考えには個人差があります)

 概要
■書名「京本政樹のHERO考証学」
■版元:バンダイ
■発売:1992年6月
■中古流通価格:5,500円~5,800円

本を読んですぐ「モビルスーツ」「戦隊」「変身」仲間に話してみた。
旧1号として乗り込むのはいろいろと問題が多いので、焦点は結団式に合わせる。
「猿島に上陸してゲルショッカー結団式をやりませんか?」
7年前のことだ。
誰もがおもしろいですね。やりましょうと言ってくれた。
そして2012年。
構想7年。いよいよ上陸が実現する。

Sarul

神奈川県横須賀市沖に浮かぶ、東京湾唯一の自然島。
東京湾の入口にあり、首都東京を外国から防衛する要衝に位置する。
そのため、かつては旧日本軍の施設として使われていた。
現在は釣り、海水浴、バーベキュー、散歩が楽しめる自然あふれる無人島。
特に夏場はたくさんの観光客で賑わっている。

|

2012年8月12日 (日)

みどりの窓口で「これ、全部降りるんですか?」

新幹線すべての駅に停車して往く品川-博多の旅
旅行日1か月前+7日前。
JRえきねっとの事前申込みが始まる。

早起きして早朝からのネット予約を入力。
1日につき4便まで申し込めるのだが、今回は次の3便を申し込む。

新横浜→名古屋 こだま631号 E席
名古屋→新大阪 こだま633号 E席
新神戸→広島 こだま741号 A席

新大阪までは隔年でE席。
新大阪から先は隔年でA席をとっている。
E席は進行方向に向かって右側(山側)。A席は左側(海側)だ。

旅行日1か月前の10時過ぎ。
えきねっとから事前申込みの結果メールが届く。
3年連続で今回もすべて「JR指定席をおとりできました【えきねっと】」という件名だった。
その日のうちに最寄りのみどりの窓口へ。

はじめに「えきねっと対応券売機」で予約した3件を発券。
決済は事前登録したクレジットカードで行われている。

つづいて窓口に並んで残りの切符を買う。
(★は事前予約分)

東京都区内→福岡市内(乗車券)13,440円
品川→新横浜 自由席 840円
新横浜→名古屋★ 4,690円
名古屋→新大阪★ 3,120円
新大阪→新神戸 自由席 830円
新神戸→広島★ 4,690円
広島→博多 自由席 3,250円

合計金額は 30,860円。
同日に「のぞみ」指定席で品川→博多を乗った場合22,290円なので"各駅割増し"は8,570円ということになった。

研修生らしき女性の係員が手間取りながら、切符を発券していく。
うしろからその様子を心配そうに見守るベテラン職員。
「これ、全部降りるんですか?」
一瞬、こちらの旅の意図を見透かされたのかと思ったがそんなワケはない。
乗り継ぎの駅ごとに改札を出るのか?
というのが質問の主旨であろうと瞬時に察して「はい」と答える。

手に入れた7枚の切符。
大好きな新幹線と過ごす夏の休日に思いをはせる。
平和であることのありがたみが身に染みる。

新幹線すべての駅に停車して往く品川-博多の旅(もくじ)

|

2012年8月11日 (土)

お昼に「こだま」がない! 暫定ダイヤ決定

2012年6月
「新幹線すべての駅に停車して往く品川-博多の旅」
の計画にはいる。

毎回お世話になっているのが「新幹線時刻表」
http://www.tabi-o-ji.com/shinkansen/schedule/schedule_ja.html
最速で往く旅ならば「乗換案内」で十分だが、いくつもの新幹線を乗り継ぎたい時にはこのページが役に立つ。
このウェブサイトがなかったら、この旅を維持することは難しい。

旅の始まり第1便は、去年とほぼ同じ。
6:37 のぞみ5号で[start]
これでまず、N700系に乗ることができる。

多摩川を越えると次の駅「新横浜」
27分の乗り継ぎ時間で第2便は
7:16 こだま633号で新横浜→名古屋
今度はカモノハシ700系。
これで東海道を走っている2車種制覇。

9:43 名古屋着
名駅では実家への土産に「ゆかり」を買い、ナナちゃん人形がどんな服を着ているかを見る時間を1時間とる。

名古屋から新大阪までの第3便は
10:45 こだま637号 700系
11:50 新大阪着

新大阪ではお昼を食べる時間を1時間とる。
新神戸までの第4便は
12:59 さくら557号 N700S

去年同様、お昼の時間帯に「みずほ」がないことを除いては順調に「全駅」の道がつながっていく。

さて次は新神戸から広島で検索。
ところが、ここで旅は立ち往生する。
なんと14時台、15時台にこだまがない…

そこで、博多から逆算して決める道を探ることにする。
さくら565
こだま745
こだま741
これで博多←小倉←新神戸がつながった。

新大阪→新神戸は複数の選択肢があるが、
11:05 ひかり463号 700系を選択。
そこから東海道へ逆上する。

新大阪に11時までに着くのは、
9:45 こだま633号
これは新横浜→名古屋に予定しているダイヤだ。
それでは名古屋が素通りとなる。
母が「ゆかり」を楽しみにしているため、名古屋飛ばしはあり得ない。

そこで、新横浜→名古屋を1便早くする。
6:52 こだま631 700系
新横浜の乗り継ぎが3分になるが、焼麦を買う予定はないし、2本の下りホームは同じ島なので問題ない。

2012d

新幹線すべての駅に停車して往く品川-博多の旅(もくじ)

|

2012年8月10日 (金)

2012年の旬はLCC でも新幹線の「駅」にこだわる!

2012年6月
今年もそろそろ夏の旅を決める時期がやってきた。
新幹線(JR)の乗車券は乗車日一か月前発売だが、飛行機の発売は2ヶ月前。
遅くとも6月半ばには旅の外枠を決めておかなければならない。

 

これまで、その年の旬にこだわってきた。
2009年は「高速1,000円」
2011年は「九州新幹線」という具合だ。
それでいくと2012年の旬は「LCC」ということになる。

 

関東から九州に乗り入れているのは「成田→福岡」区間。
一旦東に向かい、成田エクスプレスで成田へ。
そこから一気に西へ飛ぶ。

 

成田→福岡を運行するLCCは次の2社。

 

2012年7月就航「ジェットスタージャパン」
運賃5,090円~18,990円

 

2012年8月就航「エアアジアジャパン」
運賃5,180円~19,580円

 

ただし、この空旅は九州からの帰京でもできる。
やはり新幹線鉄道ファン略して「新鉄」としては、西へ帰る旅は新幹線にこだわることにした。

 

過去2回行った新幹線「全部」の旅はこうだ。
「100系 300系 500系 700系 レールスター N700系に一日ですべて乗る」
「こだま のぞみ ひかり みずほ さくら つばめに一日ですべて乗る」

 

1度めは「車種」全部、2度めは「ダイヤ」全部を制した。
なにかやり残しているテーマはないか?を考えてみる。
2011年→2012年の変化といえば、100系、300系が引退したこと。
新たに供用されたものがない。

 

名案がないまま数日経った時のことだ。
福井県福井市と坂井市をむすぶ旅情豊かなローカル線「えち鉄」
そのアテンダントリーダー島田郁美が書いた本「ローカル線ガールズ」を読んでいた時、そのアイデアが浮かんだ。

 

「駅」だ。
すべての「駅」に停車して、後続の速達列車に抜かれまくるスローな旅。
名づけて「新幹線すべての駅に停車して往く品川-博多の旅」

 

ただし「こだま」で往くとは限らない。
もしも「各駅停車で往く」と銘打った場合、行程は次のようになる。

 

品川→新大阪 こだま 700系
新大阪→博多 こだま 500系

 

これでは確かに「駅」にこだわっているが、わずか2便では乗る楽しみに乏しい。
そこで「駅」にこだわるが「各駅停車のダイヤ」にはこだわらない。
できるだけ多くの「ダイヤ」「車種」を楽しみながら、すべての駅に停車していく旅。

 

「各駅」ではなく「全駅」
それが「新幹線すべての駅に停車して往く品川-博多の旅」である。

 

つづく

 

新幹線すべての駅に停車して往く品川-博多の旅(もくじ)

 

|

2012年8月 9日 (木)

福岡ではあることで有名な南蔵院の涅槃像

「涅槃で待つ」は沖雅也の遺言だが、涅槃像は釈迦が80歳で入滅した時の姿を表現した像である。
入滅とは仏教用語で高僧の逝去。釈迦、日蓮などの逝去をいう時に使われる。

釈迦は偶像を奨励していなかったので、涅槃像は入滅の500年後に初めて作られた。
月日は2月15日。
場所は布教で訪れた村。沙羅双樹(2つの木)の元。
そこで「肉体は滅びても悟りは永遠」という最後の説法が行われた。

長野マラソンで訪れた善光寺世尊院釈迦堂で初めて涅槃像を見た。
そこで精巧なミニチュアを買い求めて以来、涅槃像についてはいつも脳がアンテナを張っている。

善光寺世尊院釈迦堂で見たのは、日本でただ一つの等身大涅槃像。
釈迦の等身大であるから、当然ながら人間の大きさである。

鎌倉時代につくられた木造仏涅槃像(重要文化財)は奈良県の岡寺が所蔵する。
現在は東京国立博物館に寄託されている。

「こだま のぞみ ひかり みずほ さくら つばめに一日ですべて乗る品川-新鳥栖の旅」で里帰りした時のことだ。
夕方からの「鉄なべオフ」までの間、どこか見どころはないかと親戚に聞いてみた。

「それなら、篠栗に大きな涅槃像があるぞ」

涅槃像と聞いた瞬間、行き先は決まった。
さらに親戚が言う。
「あそこは宝くじの1等ば2回当てたらしかぞ」
それは羨ましい話だが、それほど必要ではない情報だ。
へぇそうなの。と目を丸くしてみせたが、どうせよくある風評だろうと聞き流した。

カーナビにおよその住所を打ち込むと、あとはクルマが連れて行ってくれる。
住所:福岡県粕屋郡篠栗町大字篠栗1035
それは、まだ202バイパスがなかった頃、営業車で飯塚へ往復した旧道沿いにあった。

Nan1


特に拝観料のようなものはとられない。
スイッチバックのローカル線のような階段を上っていくと、それは頭の方から現れた。

Nan2


南蔵院の涅槃像はブロンズ製では世界最大。
41mの全身は標準レンズの場合、後ろいっぱいまで下がらないとフレームに収まらない。

Nan3


■1995年建立
■釈迦の高弟二人の真骨(仏舎利)が納められている。
後ろにスペースが無く、足の裏はフレームに収まらなかった。

Nan4


売店では涅槃像をデフォルメした貯金箱が売られていたが、求めていた涅槃像のミニチュアは売られていなかった。
宝くじに2度当たりましたというような看板は、見つけられない。
これだけのものを見せていただいて、素通りというわけにはいかない。
お守りを1つだけ買い求め、腰掛けて冷たいものを飲む。


Nan9


「シャッター押していただけますか?」
こちらが一眼レフを提げているから一定の手腕と想定したのか、若いカップルから記念撮影を頼まれる。
社会に出て2~3年というところだろうか。思わず応援したくなるような、感じのいい2人だ。
「はい、息を止めて~」
とボケようかと思ったが、暑いのでやめておいた。
ありがとうございました!と言って画像を確認する彼女が、うわ~っと声をあげていたので、まぁまぁの構図だったのだろう。

夜は「鉄なべオフ」
昼間に南蔵院を訪れた話をすると、仲間の1人が言った。
「あそこは宝くじの1等ば2回当てたとですよね。仏舎利もあるし」

後日、親戚には重々、礼を言っておいた。

|

2012年8月 8日 (水)

目を付けていた蔵六餅最中、期せずしてミニ埴輪

レース2日前
佐倉のウェブサイトを最終チェック。
エイドが何キロ地点にあるのかという正確な情報がない。
サプリメントを摂る計画を立てるために、エイドについては距離情報が欲しい。
荷物預かりは「先着4000個」とある。
地元参加者は同行した家族らが荷物をみるので、預ける必要がない。恐らく「4000個」に達しないと見越しているのだろう。
わざわざ「4000個限定」を打ち出すところに違和感を感じる。

佐倉朝日健康マラソン前日
Saku


今回は「4000個限定対策」でリュックなし。
できるだけ荷物をコンパクトにまとめてきた。手提げ鞄一つにまとめたせいで荷物が重い。とても最寄り駅まで歩けそうにないのでタクシーを停める。

京急「佐倉」行きで佐倉をめざす。
列車内にトレーニングウェアに身を包んだご同輩は見あたらない。
3月末というのに、列車内は足下が寒い。
カイロを2個使い、時々足をさすってマッサージ。
都内ではがらんとしていた車内も船橋でたくさんの人が乗ってきて、そこから佐倉までは混雑。
佐倉まであと13分、勝田台を過ぎたあたりから、周囲の景色が背の低い住宅街に変わった。

京成佐倉着
まずはじめに駅構内の売店で「木村屋の蔵六餅最中」をチェック。
今回、お土産に買う予定の佐倉銘菓だ。
最中としても美味しいが、お椀に入れてお湯をかけるとお汁粉になる。

結論からいうとこれはかなり美味かった。
まず"木村屋独自の餡"がとても美味しい。
「お土産でもらって美味しい」というだけでなく、お取り寄せにも耐えるレベルだ。
餡の中に餅が入っていて、食感に変化がある。
汁粉にするならば「白」餡以外をつかうとよい。
10個入り1,400円
隣に置いてあった1,530円の品とどこが違うのかを聞いたところ、化粧箱と普通箱の違いとのことだった。

Sst

旅の荷物をロッカーに入れて、チェックしておいた店でお昼。
カーボローディング後半最終日ということで、前日昼はラーメンと決めている。
店名、写真、味の感想は割愛しよう。

佐倉は日本100名城「佐倉城」の城下町。
しかし、明治維新後の廃城令により城は取り壊されており、現在は佐倉城址公園が残る。
春は桜、秋は紅葉が美しい城跡にある公園。
佐倉城址の一角にあるのが国内初の国立歴史博物館「国立歴史民俗博物館」
江戸の町並みを再現したジオラマや大正の浅草を再現した区画などがある。
京成佐倉駅からは徒歩で25分かかるので、今回は訪れていない。

駅のそばに民芸店を見つけたので立ち寄る。
ここで期せずして埴輪のミニチュアを発見。
「国立歴史民俗博物館」に因んだ民芸品である。
1個210円のミニ埴輪を2個ゲット。
ここで雨が降ってきた。
この週末、佐倉地方の天気予報は晴れだったというのに。
お店の人は「マラソンの時はよく降るから」と気軽なコメント。
変わりやすい天気は佐倉では初期値のようである。

2年越しの佐倉にサクラ咲く?目次

|

2012年8月 7日 (火)

内村航平が挑む2016年リオ五輪体操に望む3つの改善

内村航平のロンドン五輪は種目別ゆかの銀メダルで幕を閉じた。

今回、内村の成績は
団体「銀」
個人総合「金」
種目別ゆか「銀」
圧倒的な実力差を誇る内村にしては、少しだけ物足りなさが残る結果だ。

数ある競技のなかでも、体操は比較的イコールコンディションで行われる競技。
トラック競技やアーチェリーのように風の影響をうけないし、トーナメント競技におけるくじ運の善し悪しもない。
本来、審判が優劣を決する競技には不公平がつきものだが、今大会よりビデオ判定が導入されたことで公平性がが増した。

ただそれでも気まぐれは起こる。
事実、内村に2つの不運な巡り合わせがあった。
次に挙げる点については、2016年リオ五輪までに改訂を検討して欲しい。

1つめは団体総合における、演技順の見直しだ。
決勝において、日本チームは6種目すべてを同時演技の地元GBRに送られる大歓声のもとで行った。
競技中、微妙なバランスを保ちつつ集中している時、突如わき上がる嬌声。
影響を受けたのは、最終演技の鞍馬で内村が着地を失敗した場面だけではないだろう。

一方、日本と同組でまわった中華人民共和国はすべての演技が、GBRチームが休んでいる時だった。
これは公平を欠いている。
改善するとすれば、同組のなかで前半と後半では演技順を逆転すればよい。
現状は先→後→先→後→先→後 という交代だが、これを二組にひと組は先→後→先→先→後→先に変える。
こうすれば、今回のように日本だけがずっと不利という状況は生まれない。

2つめは、個人種目別の進行スケジュール。
今回、内村はくじで1番を引き、1番手で演技をおこなった。
選手たちは8人で行進してきて整列し、名前を呼ばれて観客の声援に応える。
そのまま間髪を入れずに演技が始まるため、1番めの演技者だけは直前のウォームアップができない。

結果的にEスコアでは最高だった内村だが、Dスコアの低さで金メダルに届かなかった。
「なぜもっと難しい演技構成にしなかったのか。内村ならばできたのではないか」
そう思った人も少なくないはずだ。
体操選手は演技直前に構成を変えることは難しい。それは内村でも同じこと。
一般的な選手は事前の準備段階で構成を変えることさえ難しい。だが内村にはそれができる。
しかし、ウォームアップができない1番を引いた時点で、難度の高い技を抜く判断に至ったのである。

表彰式を終えた内村は、納得の演技であることを強調した。
だが、その後の取材では「演技が1番めでなければリ・ジョンソンを構成に入れていた」と語っている。

これについては入場→選手紹介後、一番目の選手がウォームアップできる程度のインターバルをおけばよい。
「くじ運も実力のうち」などと片付けず、リオでは内村航平により公平な競技環境が用意されることを願う。

体操全体としては、跳馬競技における環境の改善を望む。
内村が"日本男子個人総合28年ぶりの金メダルである"ことを紹介する際、具志堅幸司の跳馬の映像が使われていた。
多くの人が、昔はあんなに細い跳馬で跳んでいたのかと驚いただろう。
跳馬はかつて大きな事故が起きたため、現在の仕様に改良されたのである。

以前に比べれば格段に安全性は増しているが、得点の稼ぎどころであり高い難度に挑戦する競技ゆえ危険は去っていない。
今回、男子では山室が負傷し、女子でも種目別で負傷による無得点があった。
現状の器具ではさらなる不幸が危惧される。
ロイター板(踏み切り板)のバネの仕様はメーカー間で統一する。跳馬そのものの幅も広いほうがいい。
ライン幅はそのままで、着地マットの幅をさらに広げてほしい。

ロンドン五輪2012メダル一覧

|

2012年8月 6日 (月)

雨の日の走り方は、雨の日に学ぶ。

最後の週末は雨になった。
12月から2月にかけて、関東地方にはほとんど雨が降らない。
それゆえに春マラソンは、ほとんどの週末が絶好の練習日和に恵まれる。

いつもならば雨の日は外を走らず、屋内の「ステップ運動」で代替する。
だが、レースを翌週に控え外を走っておきたかったので10kmジョグにした。
絶え間なく降り続く雨。路面に水たまりができている。
その中を走りながら「雨の日の走り方」のチェックポイントを確認していく。

■水たまりを避けて、ジグザグに跳んで走らない。
水たまりに入ると靴に水が入り「しまった」と思うが、それは一時的なもの。
走っていれば靴は濡れている。それよりも不規則な走りで故障するリスクを避ける。

■横断歩道、歩道のペイント、マンホールに乗らない。
摩擦係数が違うので足が滑る。

■クルマ、自転車が多い一般道路を避ける。
河川敷コースならば、雨の日はほとんど自転車は走っていない。

■狭い歩道を避ける。
歩行者が傘をさしているので道幅が狭い。
水たまりで水を跳ねて歩行者に浴びせないよう注意する必要がある。

練習後は20分以内にオレンジジュースを飲む。
すぐに入浴。入浴後は出かけずに室内で厚着をして体温を上げる。
眠気を感じたら仮眠を取る。

春分の日(練習最終日)駒沢公園
ペース表を見ながら3段階に上げていく練習。
体が軽くスピードもまずまず。
左膝に少し不安がある。
ラスト1kmで左くるぶしにだるい脱力感。これはかなり長距離を走った時に出る症状。
レースまで湿布して様子を見ることにする。

練習が終わり、ここからのラスト5日間は「to do」を片付けていく。
・ブレスレット作成。
今回はスプリット、サプリ摂取リスト、安全圏ペースの3つ。
・音楽セットリスト
レース前待ち時間+スタート~目標タイム+10分のセットリスト。
・前日入りの荷造り
今回は3年連続「旅マラソン」荷造りリストもこなれてきた。
靴を詰める際、ソーティジャパンテンカLVのリアソール外側がすり減っているのに気づく。
走行距離からして、かなり減りが早い。
ソーティスーパーマジックではこんなことはなかった。
ソーティジャパンテンカLVで走るレースは、これが最初で最後になりそうだ。

4日前までで「階段上り」「ウォーキング」もすべて終了。
3日前からはカーボローディング後半。グリコーゲンを温存するため、あらゆる運動を控える。

2年越しの佐倉にサクラ咲く?目次

|

2012年8月 5日 (日)

横浜スタジアムにMR-Sのリリーフカーの様子を見に行く

横浜スタジアムに2年ぶりに足を運んだのである。
土曜日の夜。
さすがに真夏のデーゲームはやばいということで、8月の週末はナイターで行われている。

横浜スタジアムは日本一交通の便がよい野球場。
JR「
横浜」から2駅。「関内」下車徒歩5分の好立地。

この日は球場外にモニターを設置して、ビアガーデンが開設されていた。
すぐそこで野球をやっているのに、こんな所に来る人がいるのかと思ったら、けっこう人が座っていた。

「本日の内野席は完売しました」
決して調子がよいとは言えないHome teamの現状にも関わらず完売のアナウンスが流れている。
球団の営業努力の賜物か、それとも夏休みはいつもこうなのか。
場内に入る。
収容人員3万人のスタンドはほぼ満席・・
かと思ったら、ある特定の場所にまとまった空席がある。
試合後の実数発表では23,000人とのことだったので、およそ7,000人がチケットを持ちながら球場に来なかったことになる。
ロンドン五輪と同様「関係者」という人種は、とても忙しいのだろう。

開場当初は広く感じられたグラウンドは両翼94m、ホームベース→センターフェンス118m。
今となっては狭さを実感する。
フェンスに距離を表す数字は書かれていない。

開場当初はフットボールの試合に対応するために、両側の内野席スタンドが可動したが、2002年シーズン後に人工芝を張り替えた際、内野席が動かなくなった。
そういう2wayの設計のため、内野席の本塁寄りの席は向きがおかしい。
たとえば、3塁側ベンチ付近の観客はレフトのラミレスを正面に見ることになる。
椅子の角度と視線(ホームベース方面)に90度近いズレがあるため、首がとても疲れそうだ。
ただ、狭い敷地にむりやり建てているのでスタンドの傾斜がきつく、廉価な上段席はとてもみやすい。

2012年よりDeNAが親会社となったことで、マスコットが変わった。
外野フェンスの上端には帯状のスクリーンがついた。
そして、一番変わったのは、格段にうるさくなったことだ。
音楽とアナウンスで盛り上げる手法が、神宮のヤクルトと同じ。
まったく同じと言っても良さそうだ。
選手が打席に入ってもまだ、テーマソングが延々と流れていて、スポーツの緊張感ゼロ。
守備についている選手たちは、心なしかしらけているように見えた。

試合が中盤にさしかかると、いよいよお目当てが現れる。
11年めを迎えたMR-Sのリリーフカーだ。
リリーフカーは両翼それぞれのブルペンに1台ずつ、合計2台。
ライトポール側から現れたDeNA側のMR-S。
去年まではボンネットにホッシー君が描かれていたが、DeNAロゴに変わった。
カラーリングは白ベース。エンジンから後ろが青。
その後レフトポール側から現れたMR-S。
カラーリングは青ベース。エンジンから後ろが白。

車種はまったく同じでMR-S初期型。
公道は走らないのでナンバープレートは取得しておらず、プレート位置には「MR-S」という車名が書かれている。

この環境での難点は走行距離が伸びないこと。
1回の出動で往復150m程度。
1試合3回、年間およそ60試合として計算すると、年間走行距離は 27km に過ぎない。
恐らくガソリンとオイルについては、入念な整備が行われていることだろう。

とりあえず、DeNAに変わって塗り直されたことにほっとした。
どうか末永く使って欲しい。
場内を走り回って距離を稼ぐボランティアならば、いつでも声をかけて欲しい。

MR-S講座

|

2012年8月 4日 (土)

内村航平に向かって周子さんが投げた謎の物体

内村航平、歓喜の金メダル
場内に君が代が流れ、表彰式が終わる。
国際映像がとらえていた会場全体を引きで撮った画面の時だ。

 

「お母さんの周子さんが内村が投げた花束をキャッチしました」

 

実況アナウンサーが伝えたのだが、映像は切り替わらない。
アナウンサーは自局のカメラクルーがとらえた映像をモニターしていたのだろう。

 

翌日のニュース番組でようやく、その映像を見ることができた。
映像は一段高い観客席にいる周子さんをとらえている。
そこに航平が投げた花束が飛び上がってくる。
周子さんは、花束をナイスキャッチする直前に、2つの物体を放り投げた。
投げようとしていたところに、ちょうど航平が花束を投げたものだから、狙いをつけることができず、まさに放り投げた。

 

何を投げたのだろう?
一つは白っぽくて四角い物体。もう一つはよくわからない。
四角い物体は携帯電話のように見えた。
航平が競技が終わるまで母に預けていた携帯。
「さぁ思う存分、誰かと話しなさい」と母親が投げたのか。
いや、そんなはずはない。あの高さから投げて、航平がキャッチできなかったら携帯は壊れてしまう。

 

事実、航平は物体をキャッチできず、床から拾い上げていた。
いったい、この場面でなにを急いで渡す必要があったのか?
その謎は3日のスポニチで解けた。
四角い物体はお守り。もう1つは「ブラックサンダー」だった。

 

ブラックサンダーは内村航平が大好きだということで、一躍有名になったチョコレート。
セブンイレブンでは以前から定番に入っており、最近ではローソンでもレジ横に置いている店を見かける。
6月から地域限定販売されていた「ブラックサンダーX」は、内村航平の五輪出場に合わせて関東でも売られるようになっている。

 

コレクター界に「シグネチャーモデル」という言葉がある。
しらべるの定義は「トップスターの名前を冠した商品」
本人使用モデルとほぼ同じ仕様で市販するモデルのことだ。
タイガーウッズのゴルフスパイク「ズームタイガー」
野茂英雄のクロストレーニングシューズ「ノモマックス」
などがそれに当たる。

 

トップスターに憧れるファンが、スターと同じ道具を使うことができるシグネチャーモデルは、スターの存在が大きいほど売上げを伸ばす。

 

内村航平にはまだシグネチャーモデルはない。
「ブラックサンダー」も縁の商品だが、公式なスポンサーではない。

 

内村航平が表彰式で着用していたのはミズノがつくる日本代表公式ジャージ。
これはミズノが販売している。

 

内村航平が試合中の栄養補給につかったのは「アミノバイタルゴールド」
味の素が内村航平専用につくったスペシャル・サプリメントだ。
これは8月27日に味の素から発売されることが発表された。
9月から始まる10か月間のマラソンシーズンにおいて、これを愛用するランナーが多いだろう。

 

ロンドン五輪2012 日本メダル一覧

 

|

2012年8月 3日 (金)

内村航平がコクミンに示すモデル

体操男子個人総合を制した内村航平はオールラウンダーの体操競技者。
大学受験でいえば、5教科を満便なく学ぶ国立大学型だ。
居並ぶ私立大学型のスペシャリストが、不得意科目で失点していくのを尻目に、ここぞとばかりに格の違いを見せつけてくれた。

これまでテレビで放送されたいくつかの"内村特集"で、彼の生い立ち、特別な能力、厳しい練習に裏打ちされた有言実行の姿勢に触れてきた。
金メダル確実とブックマークされている選手は他にもいる。
だが、テレビを通じて彼の人柄に触れるにつけ、彼への思い入れは特別なものになった。

金メダルをかけてもらった表彰式後の第一声、彼は「コクミン」という言葉を使った。
コクミンの皆さんの期待に応えることができてよかったという主旨のくだりだ。
メディアによっては、ニュース記事のテキストでは「コクミン」という表現を避け「日本のみなさん」に置き換えていた。

世界はいま、新たなる逆境を迎えようとしている。
日本は既に2011年の震災以降、大変な逆境のなかにいる。
企業経営者は、経営の効率をいかに上げるか、いかにして安定した資金を借り入れるかに必死の思いだ。
そうした緊張した空気のなか、企業のサラリーマンも大変な逆境にいる。

逆境は乗り越えなければならない。
乗り越えなければ、家族の幸せ、そして本人の生が未来につながらない。
だから、誰もが逆境を乗り越えるモデルが欲しい。
逆境は乗り越えられる。
逆境は耐えるものではなく、乗り越えるものだという例示。
そして、目の前に逆境を乗り越えたモデルがいれば、その人となりを観察する。
どうやって、彼は逆境を乗り越えたのだろうと。

内村は多くの日本人に、モデルを示したのだ。
金メダルをかけられて、夢見心地の彼をみて、心の落ち着きを得た。

日本には国民的**という言い回しがある。
国民的美少女
国民的行事
国民の誰もが認めるほどの**という意味で使われる。

内村航平はまさに国民的スター。
彼の口から出たコクミンということばは、とても的確だった。

逆境にあえぐ、社長さん、サラリーマン、主婦、体操選手・・
多くのコクミンが彼から得たヒントで、今、逆境に立ち向かおうとしている。

ロンドン五輪2012 テレビ放送予定表

|

2012年8月 2日 (木)

国立大学型の内村航平

内村航平は、超人的な心身能力を持つ体操選手。
得意種目はゆか、鉄棒。
残念ながら、今回の五輪では予選鉄棒で落下したため、種目別鉄棒に出場することはできなかった。
内村は誰もやったことがない技を種目別鉄棒で用意していた。
全国の体操選手たちは、とてもがっかりしている。
一般の体操選手からみれば、本来、着地は止まらないもの。
内村がその価値観を変えてしまうため、観客の目が肥えて他の選手が下手に見えてしまう。

 

 

1989年1月3日、長崎県諫早市生まれ。
男子マラソンに出場する藤原新と同郷である。
九州では「その姿を映したのだろうか銅鏡よ」というCMがあったが、知っている人は少ないだろう。
実家が経営する体操教室で体操を始めた内村は、小学校の時に導入されたトランポリン練習を積んだことで空中感覚を手に入れた。

 

2003年4月、高校から東京に移住。体操男子の団体金メダルをテレビで見たのはこの頃である。

 

2006年4月、日体大入学

 

2008年夏、五輪初出場 団体総合2位 個人総合2位 個人種目別ゆか5位

 

2009年 世界選手権個人総合の初優勝 以降 2011年まで3連覇を継続中。

 

2011年4月、KONAMI入社

 

 

内村航平は大学入試でたとえれば「国立大学受験者」
国立は5教科を満遍なく学んだ総合力が問われる。
一方、まだ力技に難があり吊り輪が弱い加藤凌平はまだ「私立大学受験者」だ。
私立は得意科目3教科だけを学べばよい。

 

今回の団体決勝は「5ー3ー3」登録5人のうち各競技3人が演技して、その3人すべての得点が採用される。
このルールのもとでは「私立大学」タイプを揃えた国が強い。
中華人民共和国にはその人材が揃っていて、日本にはまだ揃っていなかった。
内村航平が「団体の金が第一目標」と言い続けてきたから、その気になって応援したわけだが、その差は歴然としていた。

 

最終演技者となった内村航平のあん馬。
「うっちーがんばー」の声がかかる。
この「**(選手名)がんばー」は体操部のお約束。
選手同士、応援席はこのかけ声をかけることに決まっている。

くじ運に恵まれず終始、英国の大歓声を聞かなければならかった日本。
この日の観客席にはマナーの良さの代名詞である「英国紳士」は来ていなかったらしい。
あん馬審判団の誤審に涙目になった内村航平を見るのは、我がことのように辛かった。

 

「国立大学」タイプが問われる個人総合は、内村航平の笑顔が見たい。
そして2016年には「私立大学」タイプの選手が出そろうことだろう。
その時は、内村航平も私立に宗旨替えして団体の金を奪い取って欲しい。

 

ロンドン五輪2012 テレビ放送予定表

 

|

2012年8月 1日 (水)

脳科学から見た祈り

井上陽水40th Special Thanks Tourに行った時、不思議に思ったことがある。
終盤のMCで
「皆さんのご健康をお祈りしています」
「皆さんの幸せをお祈りしています」
といったことを繰り返し言ったのだ。
初めての陽水ライブだった東京国際フォーラムでは、なんでそんなことを言うのだろうと考えた。
続いて行った日本武道館公演でも陽水は、皆さんにむかって祈っていた。
東京国際フォーラムならば5,000人。
日本武道館ならば10,000人。
祈った相手の数は半端ではない。
普通の人が誰かに向かって祈りを捧げようと想ったら10年くらいかかってしまう人数である。

その時は、陽水なりの感謝の表し方なのだなと独りごちていた。
あれから3年、今となってはその理由が推測できる。
陽水はなぜ、大勢を前にして祈っていたのか?

世の中にはいやな奴がたくさんいて
「あいつが居なくなればいいのに」
と想う相手が誰にも1人くらいはいるだろう。
そんな相手の顔を思い浮かべて「**」と、ちょっと書けないような祈りをしてしまったとしよう。
しかし、祈った後にあなたは想う。
いや、そういうことを祈るとそれは自分に返ってくるのではないか。
いや、そうやって気持ちを抑えつけるのは良くない。はき出した方がいいんだ。
もう堂々巡り。
いったい、どうすればいいの?

自分は一生懸命がんばっている。
でも周りは自分を認めてくれない。
そればかりか、次から次に難題を押しつけられる。

誰も見ていないと想っても、きっと神様が見ている。
捨てる神あれば拾う神あり・・
人は言うけれど、本当だろうか。
誰も自分のことなど、見ていてくれないんじゃいか。
自分には価値がないのか?

ここに3つの疑問文を挙げた。
その答えは以下の本にある。
脳科学から見た祈り」中野信子 潮出版社 2011年12月 600円

著者の中野信子は医学博士であり脳科学者。
前向きな心、感謝、人を思う祈りが脳を活性化し、免疫力を高めるというテーマで執筆。
この「脳科学から見た祈り」はシンプルかつ少ない文字数で、的確な言葉が並んでいる。

|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »