« ぷちっと切れないんだったら、どんな感じなの? | トップページ | 1人でクルマに乗れば »

2012年10月10日 (水)

意外な2面6線の駅とは

9:18
母の土産にする「ゆかり」を仕込む
特に「金のゆかり」を喜ぶというわけではないので、ふつうのゆかり、それも簡易包装にする。
生外郎が出ていたので、買いたかったが重いので見送り。
"かさが張って、重くて、安い"
もらうほうが嬉しいのではなく、あげる方に都合がいいナゴヤ人御用達の外郎。
その個性は変わりようがない。
夏休みと言うこともあり、レジには長蛇の列が並んでいたが、そこそこの速さで進み、苦にはならない。


Omiyage


ゆかり確保。ナナちゃん人形撮影は諦めて即座にホームに引き返す。この間わずか12分。
コンコース内の名古屋グッズコーナーをチェックしたが、今年も河村たかしグッズは出ていなかった。

9:42
16番線に700系C14編成入線。
CはJR東海が保有する700系の編成記号。
今日3本めの電車はこだま633号新大阪行き。

942nyusen


9:45
定刻名古屋発
12号車のE席。
大阪まではずっと山側で往く。
車内は80%ほどの乗車率。
愛知の平野はくもり。子どもが泣き叫んでいる。

名古屋を出て10分ほどで、名神高速と合流して木曽川を渡る。
名神高速の区間は、一宮JCTと岐阜羽島ICの間。
新幹線が高速と交差するところは他にもあるが、同じ目線で新幹線と高速が並走するのはここだけである。

ちなみに「高速」道路は東名高速道路と名神高速道路だけ。他は自動車道である。

952meishin


制限時速100kmの自動車よりも、200km/hを超えて走るこちらが速い。
ゆっくりと追い抜いていく間、ドライバーウォッチングができる。
新幹線が高速の下をくぐって岐阜羽島へ入線。

9:55
岐阜羽島
敷地が広いので線路幅が広い。
駅舎がホームを覆っていないため、向こう側が見通せて長閑だ。

954hashima

2面6線のレイアウトはここだけ。
4面7線の新大阪、3面6線の東京に次ぐ規模だ。

中央に上下通過線。両脇に1面2線のホーム。
同時に2本の列車が通過待ちできる構造となっている。
しかし、こだま633号は通過待ちなしで発車した。

9:57
岐阜羽島を出て長良川を渡るとすぐ、山側に巨大なソーラーアークが見える。
フレームを狙いすぎてぎりぎりになってしまった。
取り直しが効かない新幹線の写真は、少々ワイドで撮っておくに限る。

957ark

ここは三陽電器の安八工場。
以前は「SANYO」の文字プレートがはまっていたが、2011年8月、親会社の「Panasonic」に付け替えられた。
充電式電池のサンヨーエネループも、今ではPanasonicエネループとして販売されている。

新幹線すべての駅に停車して往く品川-博多の旅(もくじ)

|

« ぷちっと切れないんだったら、どんな感じなの? | トップページ | 1人でクルマに乗れば »