« 今日は脇役のN700 | トップページ | 川口浩の探検隊か! »

2012年10月 3日 (水)

そこ、僕の席では?

品川から新横浜の所要時間は12分。
品川を出て3分。東急電鉄の駅「下神明」のそばで東急大井町線と立体交差する。
このあたりからしばらく、環状七号線を超える馬込陸橋までの一帯は、大震災が起きた場合、大規模火災が懸念される地域。町並みが低く古い。

640ooi

空はあいにくの曇り。今日は富士山を望めそうにない。
自由席の乗車率は既に90%に達している。

日本初の陸橋、馬込陸橋を越えると多摩川までジェットコースターのように一気の下り。
東京都内では唯一、ほぼ直線ルートでもあり、下り列車は豪快な疾走音を上げる。
上り列車とは、その音の大きさの違いでわかる。

6:43
多摩川を渡って神奈川県にはいる。


643tama


橋を渡り終えたところで大きく左に旋回。
多摩川から5分弱で新横浜到着。
この1駅の自由席特急料金は840円。

新横浜で降りた乗客は、同じ車両では他にいなかった。

648

本日2本めの列車は、6:49発こだま631号名古屋行き。
乗り継ぎ時間が短いので、コンコースに降りる暇はない。
自由席1号車~3号車の整列場所には長蛇の列ができている。
こだまに並んでいるということは、大半が名古屋より手前に故郷がある皆さんということになる。
この電車で終点まで乗っていくのは、僕を含めてごくわずかだろう。

「車内販売はありません。ホームでお買い求めください」
これは、こだま号お約束の構内放送。
新幹線旅の楽しみである、パーサーから買うホットコーヒーやスジャータアイスは、こだまの旅では望めない。
たまにしか乗れない新幹線だというのに、とても残念だ。

えきねっとで買った指定席は11号車 4 E。
今回、東海道区間は E席一点張りで買った。
E席は東海道では山側。進行方向右側2人がけの窓際席。
11号車乗車位置まで歩いていると、早くも700系B14編成がホームに滑り込んできて、入線シーンをゲットし損ねる。

切符と壁の座席表示を見比べながら進んでいくと、めざす席には恰幅のいい老人が座っていた。

すみません。そこ、僕の席では?

新幹線すべての駅に停車して往く品川-博多の旅(もくじ)

|

« 今日は脇役のN700 | トップページ | 川口浩の探検隊か! »