« 浜岡原発による首都圏消滅を"予言"した人がいた | トップページ | 2013年の第14回WRJ新春ランニング感謝祭 »

2012年11月23日 (金)

地方にしては珍しく賑わう、日本一の三ケ町・四ケ町アーケード

佐世保に帰ってきたら四ケ町。
佐世保出身者で、佐世保に里帰りして
「俺は四ケ町には行かない」
という人はいるのだろうか。

佐世保市民にとって、佐世保といえば四ケ町なのである。
ハウステンボスも佐世保市なのだが、早岐の先であり、佐世保市民はハウステンボスをおらが街の誇りだとはあまり思っていない。
そこは、これから解消していかなければならない課題である。

四ケ町につながる商店街は三ケ町。
三ケ町から四ケ町に連なる総延長は1.2kmあり、直線アーケード商店街としては日本一。
直線商店街日本一は"○○銀座"の元祖である戸越銀座(1.6km)

東京の武蔵小山駅にある「武蔵小山商店街パルム」が日本一と言われているが、直線アーケード部分は800mである。

三ケ町は通称サンプラザ。
しかし今でも地元では三ケ町と呼ばれており、今も公式ウェブサイトでは"三ケ町"とサンプラザが併載されている。

Kokutai 国体あります


四ケ町はほとんどシャッターが閉まっていない賑わいの商店街。
一方、三ケ町はシャッター街だ。
数年前から再開発計画が出ていたが、紆余曲折を経て工事が進んでいる。

開発後の地図が掲示されていたので撮影した。
地図の右側に映っているのが老舗デパート「玉屋」
地図中央茶色に見える部分が再開発エリア。
上層階はマンションとなる。

Sankacho


玉屋からわずか150mにマンション建設。
これは東京でいうならば、渋谷ヒカリエから150mに住めるようなもの。
一軒家が手狭になり、買い物が億劫になってきた高齢者にとっては魅力の立地である。
だが、久しぶりに里帰りした実家がマンション・・
そう考えると少し味気ない。

三ケ町にはジャパネットの直売店。
訪れた日はちょうど店内を大改装中だった。
"東京と佐世保から日本中に面白いこと、ワクワクすることを創造し、発信していきます"
という高田社長の意気込みを興味深く見守っている。

Takata


以前は玉屋のところで途絶えていたアーケードも、今は接続されている。
これをもって"日本一"の座についたのだろう。

待ち合わせ場所の名所「島瀬公園」ではアメリカンタウンフェスティバルが開催されていた。
ここは、秋のよさこい会場にもなる。

2012年5月には、長崎県初出店「餃子の王将」1号店ができていたので、早速入った。
表には警備員が立っていて行列の整理を想定しているのだろうが、実際には店内の説明をしていた。

Ousyo

地方都市としては珍しいほど賑わう街。
明日はここ四ケ町のど真ん中に駅がある松浦鉄道に乗る。

Mrs

新幹線すべての駅に停車して往く品川-博多の旅+

佐世保講座

|

« 浜岡原発による首都圏消滅を"予言"した人がいた | トップページ | 2013年の第14回WRJ新春ランニング感謝祭 »