« キンドルはどれがいいか?買うならばモノクロ3Gモデルに限る理由 | トップページ | ボーナス商戦に再登場する大蔵省 »

2012年11月28日 (水)

澤田社長とハウステンボス社員の約束

ハウステンボスで「光の宮殿」が始まった。

というニュースはハウステンボスのメルマガで知っていた。
あぁ、今年も始まったんだな。
脳裏にはこの写真が浮かんだ。

この画像はハウステンボス様よりこのサイトでの使用許可を戴いています。

2012年11月23日
お休みなのに、NHKニュースウォッチ9をやっている。
あぁ今日は金曜日なのか、大越さんと井上あさひは大変だな。
そう思った時、目に飛び込んできたのは青い光の絨毯。
画面右上にハウステンボスと表示されている。

あぁ、ここまできたのか。
こみ上げてくるものがある。

つい先日、同番組が東京駅のプロジェクションマッピングをとりあげた時は「ハウステンボスが先なのに・・・・」と恨み節を言った。
だが、今目の前にハウステンボスの光景が広がり、大越さんと井上あさひが、とても好意的に取り上げてくれている。
もう「これを見て、客が増えるといいな」と思っていた時期は過ぎたと思う。

世の大勢に肯定されること、否定されること。
大きな違いがある。

これまでハウステンボスと言えば、関東の人には
「遠い」「1度行けばいい」と言われていた。
経済評論家からは
「過剰投資が負の遺産」と言われていた。
地元の人からは
「食べものが高い」「子どもが遊べるものがない」と言われていた。

今、地元に帰った時、東京で知人と話した時
「最近よくなった」「いいみたいだね」
の一色に変わった。

旅行業最大手 H.I.S.が支援を決めてくれたのは 2010年2月12日。
「3年で結果を出す。ダメならば見切りをつける。社員の皆さん自らの手で再建をしてほしい」
澤田社長と社員の約束"3年"がもうすぐやってくる。
どうやら、その3年を乗り切ることができそうだ。
澤田会長にはいくら感謝してもしきれない。

ど素人!ハウステンボス講座

|

« キンドルはどれがいいか?買うならばモノクロ3Gモデルに限る理由 | トップページ | ボーナス商戦に再登場する大蔵省 »