« 久しぶりに降りる明るい小倉の駅 | トップページ | 世代を超えて交わされる会話 ミラクル69 »

2012年11月 9日 (金)

VIVOよりスゴイのはVIVOだけ? ASUS VIVO TAB TF810C

ビーボより美味いのはビーボだけだが、現在缶ジュースのビーボは売られていない。
2012年現在、ビーボと言えばASUSのVIVO TAB。
Windows8を搭載するタブレット、ノートパソコン兼用マシン。

■メーカー:ASUS(エイスース)台湾
■型番:TF810-GY64
■メーカー提示価格:タブレット79,800円 キーボード14,800円

仕様についてはこちら
時間に投資するタブレットPC ASUS VivoTab TF810C

 【 時系列の記録 】

2012年6月
メディア発表

2012年9月
NAVITECHよりAsus Vivo Windows 8 Tabletキャリーバッグが発売された。

2012年10月19日
型番仕様などの詳細を発表。この日Windows8パソコンがメーカー各社から一斉に発表された。

10月26日
Windows8発売。
その後、予約受注が始まった。
価格はメーカー直販サイトで 79,800円。
これがメーカー希望小売価格と言える。
(一足早く発売されるRT搭載の「VivoTab RT TF600T TF600-GY32」は2万円安い59,800円)
ただし、初回入荷、12月入荷分は既に予約でいっぱいとなり、現在直販ウェブサイトでは、予約受付を中止している。

一方、主要家電ウェブサイトでは、予約受注が行われている。

ビック 79,800円+7980p
ヨドバシ 79,800円+7980p
Joshin  71,820 円 + 719p
K's 75,800円
楽天A社 81,570円

価格は11月8日現在調べ。
この時点ではポイント還元後の実勢価格は71,820円。
これに、専用キーボードドック(KBDOCK-TF810)をつけると 85,140円。

本体の発売前には、バッファローから専用液晶保護フィルムが発売されると思われる。

発売日については、2012年11月28日または30日と2通りの表記がある。
6月の発表から十分に時間が空いており、バックオーダーの消化は比較的スムーズに進行すると推察する。
家電店の仕入れ力によって、予約者への納品が前後することになるだろう。

タブレットPCの市場では、当分の間、
「VIVOよりスゴイのはVIVOだけ」
という状況になりそうだ。

VIVO TAB まとめ記事


|

« 久しぶりに降りる明るい小倉の駅 | トップページ | 世代を超えて交わされる会話 ミラクル69 »

ハード・モノ」カテゴリの記事