« スマホのある1年が始まった | トップページ | 歓迎で歓迎されて、博多のしそ巻きに喜ぶ »

2013年1月 2日 (水)

蒲田 うなぎ家 でうまいを連呼する

しらべる

男子会の日がやってきた。

場所は蒲田。
今年はまだ一度もお店でうなぎを食べていないので、一軒めは東急池上線ガード沿いの「うなぎ家」
うなぎ串をつまんでの格安立ち飲み。
噂に聞いて、以前に一度訪れたのだが、その時はシャッターが閉まっていた。

2012年に入ってからの猛烈なうなぎ価格高騰により、閉店したのかと絶句したら、近くを掃除していたおじさんが
「あ、そこ土曜は休みだよ」


従って、金曜日の再訪。
忘年会シーズンの金曜日、満員で入れないのでは?と危惧していたが、3人分のスペースが空いていた。


ほんとにいいんだろうか・・
なぜかどきどきしながらカウンター奥に詰めて立つ。
「生、それからうなぎ・・ 2本」

うなぎ高騰のご時世ゆえ「1人1本までにしといて」といわれはしないか心配したがセーフ。
冷蔵庫から串に刺して仕込んであったうなぎ登場。
さほど、時間はかからず焼き上がった。

んまい!

エコーはかけなかったけれど、店主に十分聞こえるように、意識して叫ぶ。

この良心的な店を守ってくださっている貴方に、これからも続けてください。お願いしますという気持ちを込めてさらに、うまいうまいうまいうまいうまい と連呼した。


ほんとに美味い。焼き具合もいい。
思っていたよりも、ちゃんとしたうなぎだ
(どんなものを想像していたのか)
これで1本250円
スーパーで買ったってこの値段じゃ買えない。


2軒めの予約時間が迫ってきたので、うなぎ2本、生ビールのみで切り上げ。
次回は「カキフライ250円」「やきめし400円」とうなぎを取って食べたい。
と固く誓い、2軒めへ。


幸せな気持ちで店を出ると、この間
「あ、そこ土曜は休みだよ」
と教えてくれたおじさんが、今日も掃除をしていた。

明日へつづく

蒲田オフ

|

« スマホのある1年が始まった | トップページ | 歓迎で歓迎されて、博多のしそ巻きに喜ぶ »