« iPhone5のユーザー辞書に、CSVファイルから語句を一括登録する | トップページ | 職場で仕事が速いと思わせる方法 »

2013年1月24日 (木)

エクセルど素人!の度合いを推し量るための11の質問

マイクロソフトが認定するエクセルの資格者なので、時折エクセルを人に教えている。
その際、事前に聞く質問がある。
"どれくらいできないか"を知るためだ。

エクセルど素人!の度合いを探る11の質問。

1.かな漢字の変換ができる。
2.キー1つで半角と全角の切替ができる。
3.たて計、よこ計の表が作れる。
4.数値に3桁毎の”,”区切りを入れることができる。
5.セル・行の幅を変えることができる。
6.罫線の引き方がわかる。
7.文字の色・フォント・大きさを変えることができる。
8.セルの塗りつぶしの色を変えることができる。
9.セル内で左寄せ・中央・右寄せの切替ができる。
10.印刷範囲の設定ができる。
11.ファイルを「名前をつけて保存」することができる。

1,2についてはWindows全般の質問。
2はできない人が実際にいるので、教える側としては事前に把握しておく必要がある。

3~11はエクセルを使ううえでは、とても基本的な操作。
自分でブックを新規作成しない人ならば、これらができなくても不自由はしない。
ただし、これらができないということは、エクセルについて、他はなにもできないという目安になる。

これらのことを教えることはない。
これらのことを知っている人に、そこから先のことを教えたいのである。

あなたは、自分がエクセルを使いこなしていると思いますか?
というアンケートを採ったことがある。
回答の選択肢は

A.使いこなしている
B.基本的な機能は使える
C.使いこなせていない

この問いに対して「A.使いこなしている」と回答した人に、上記の「11の質問」を実際にやってもらったところ、10個できなかった人がいた。

他人が作ったエクセルに数字を入力して、上書き保存ができれば
「使いこなしている」
と思い込んでいる人は実在する。

ど素人!エクセル講座

|

« iPhone5のユーザー辞書に、CSVファイルから語句を一括登録する | トップページ | 職場で仕事が速いと思わせる方法 »

エクセル」カテゴリの記事