« キンタマをにぎる | トップページ | 豊かな佐々町 野球が強い清峰高校 »

2013年1月13日 (日)

ロングシートとボックスシートが混在する松浦鉄道

真申でボックスシートに座っていた高校生が降りたのでそちらへ席を移る。

列車には大別すると2通り、細かく分けると4通りのシートがある。

ロングシート
列車の中心線に平行するシート。
長い椅子だからロングシート。
乗客は向かい合って座ることになる。
一度にたくさんの人を乗せる通勤路線に使われる。
首都圏では山手線や京浜東北線などがこのシート。

クロスシート
列車の進行方向と正対するシート。
着席が前提の長距離路線で使われる。
新幹線はほぼすべてがクロスシート。

向かい合うクロスシートはボックスシート。
新幹線などは、座席の向きを変えればボックスシートになるが、座席が固定されているものをこう呼ぶ。

ドア付近のみロングシートで、他はクロスシートの車両はセミクロスシート。
これには、ロングシート、クロスシートが混在する車両。ロングシート、ボックスシートが混在する車両がある。
北総鉄道 越後線 それぞれ一部の車両に採用されている。

松浦鉄道(以下MR)の標準車両は、進行方向右側にロングシートと1人掛けクロスシート。
左側にロングシートとボックスシートが配置されている。
朝夕の通勤通学。
地域の足。
鉄ちゃん鉄子の観光利用。
いろいろな用途に対応した仕様なのだろう。

乗車した時はロングシートしか空いていなかった。
これでは車窓の写真を撮ることが難しい。
そこで、車窓左手のボックスシートが空くのを待っていたのだ。

4人掛けボックスシート。
向かいにはおばあさん。
最小限の荷物をとなりの席に座らせている。
町で病院に行った帰りだろうか。
さっきからずっと、窓のさんに肘をついて眠っている。
僕が向かいに座ったことで、明らかに不機嫌になったことが見て取れた。


「小浦」
窓の外を並走する県道に西肥バスが走っている。


「佐々」
駅舎がカッコイイ。
ただし右手なので、写真が撮れなかった。
帰りも左側に乗って撮ることにしよう。

1933年の開業時は「ささ」という読みだったが、1936年に「さざ」と読みを町名に合わせている。


新幹線すべての駅に停車して往く品川-博多の旅


|

« キンタマをにぎる | トップページ | 豊かな佐々町 野球が強い清峰高校 »