« 公共料金をJCBカードで払う | トップページ | 浪人する君へ »

2013年3月21日 (木)

自分のご機嫌をよくするページ

ふと、気がつくとそれは
得体の知れない不安が心に常駐している日。
なぜ自分はこんなに重い気持ちでいるのだろうと考えてみる。

理由を突き止めてみると、それはさほどたいしたことではない。
こんな時、自ら気持ちを切り替えればよいのだということはわかっている。

「さぁ、気持ちぇーんじっ!」

などと軽く唱えるくらいでは、歳をとって意固地になった気持ちは変わってくれない。

そんな時、過去の事例を振り返る。
自分は何をした時に幸せを感じたか。
どういうことを考えた時、明るい気持ちになれたか。

それを書き出してみる。
一つや二つは、即座に書くことができる。
でも三つも四つも一度に浮かばない。
人は忘れる動物だからだ。

では、どうすればよいか。
忘れるならば、日頃からメモをしておけばよい。
しかし、これだけ自分の脳に情報があふれている時代。
メモをしたことを忘れてしまうことがある。
メモをしたことは覚えていても、そのメモをどこにやったかを忘れてしまうことがある。
せっかくの好事例も、いざという時に役に立たなければもったいない。


どこかに一か所、自分だけが見る場所を持つ必要があるのだ。

置き場所として満たしたい条件は2つ。
1,場所がわかりやすく、瞬時に見ることができる。
2,いつでも、どこにいても見ることができる。

この条件を満たす候補としては、スマホ、ノートパソコン、手帖などが考えられる。

デバイスに左右されないという点では、
インターネット上のディスク、最近ではクラウドと言われるエリアも一候補だ。

自分でWebページを持っている場合、そこも有効な候補となる。

|

« 公共料金をJCBカードで払う | トップページ | 浪人する君へ »