« 三度目の正直 軍艦島 | トップページ | 軍艦島上陸 »

2013年4月10日 (水)

伊王島から乗ってきた意外な人々

長崎港から19分。
ブラックダイヤモンドは伊王島に寄港している。
意外なことに、伊王島からは観光客が大挙して乗船してきて、さっきまで閑散としていた船室は一気に満室となった。
いったい彼らはどこからやってきたのか・・

それは後に「カンブリア宮殿」を見て、謎が解けた。
彼らは2011年にリニューアルオープンした「長崎温泉やすらぎ伊王島」の宿泊客なのだ。
そこは、2名1室1泊2食付きで9,800円という破格のリゾートホテル。
カトープレジャーグループが手がけている。

そのホームページには「長崎市街地から19分」とある。
これは、今乗ってきた船での所要時間。
クルマでも30分。
2009年に来た時は建設中だった伊王島大橋(876m)がかかり、長崎市とは陸続きになっているのだ。
依然としてクルマ社会である地方都市では、家族そろってクルマで気軽に来られる場所はポイントが高い。

格安料金でリゾートホテルに宿泊。
マリンリゾートに飽きたら、高速船に乗って「軍艦島」探検。
これは美味しい。
誰だって、一枚噛みたくなる。

長崎港からの乗船客は伊王島では下船できない。
伊王島からの乗船客は、伊王島下船となる。

伊王島のリゾート客を乗せたブラックダイヤモンド。
今度こそ、一路軍艦島・・・

0946

かと思ったら、次の寄港地「高島」に着いた。

三菱の創業者、岩崎弥太郎の銅像が
「軍艦島はあっちだよ」
と言っているかのようだ。

0948


ここでは「軍艦島模型」で島の概要を予習するのである。
論理で武装してから、上陸へ。
悪くない企画だ。
ここで上陸後の見学ルートが、島のごくごく一部であることを痛感する。

1001

写真右端に映っているのが、ドルフィン桟橋。
中央の鉄塔は、現在は倒壊している。

この後、石炭資料館を見学。
そして、今度こそ軍艦島へ。

海は凪いでいる。
風もさほど、出ていない。
気温が上がっており、日の光の下では、数分もじっとしては居られない。
長崎港を出て1時間29分。
いよいよ、軍艦島が遠くに見えてきた。

1029

果たして、ブラックダイヤモンドはドルフィン桟橋に接岸できるだろうか。
緊張が走る。

新幹線全駅停車して往く品川-博多の旅

|

« 三度目の正直 軍艦島 | トップページ | 軍艦島上陸 »