« 房総半島を旋回して羽田に降りる飛行機の右下に見えるもの | トップページ | 東京ゲートブリッジはなぜ巨費を投じて作られたのか? »

2013年5月 6日 (月)

東京ゲートブリッジに集う人々

1回500円の駐車料金。
時間はたっぷりある。
よし、ここは、くつろぐぞ!

ここは喫茶店はあるんですか?
「そんなものはないです」
ぶっきらぼうな交通整理のおじさん。

あるのはキャンプ場の設備のみ。
カフェもフードコートもショッピングモールもない。
それでいいのだ。

歩いて海へ出ると、防波堤沿いに多くの釣り客が並ぶ。
岩場もある。
確かに東京でこれだけ釣果の予感漂う場所は初めてだ。

Tgb5


東京ゲートブリッジ
愛称TGB
東京港の入口、埋め立て地を結ぶトラスト橋。
橋の長さ:2.6km
海抜:87.7m
2012年2月12日開通

10時を過ぎると人はエレベーターで歩道に上がれる。
ただし、橋を渡りきり対岸へ降りることはできない。

道路は法定速度(60km/h)の一般道路。
自転車は通行できない。

明石海峡大橋は最高地点で300m。
あそこと比べれば、高さの恐怖感は薄い。

Tgb4



GWは空いている都心ドライブに限る。
さぁ、つづきのドライブだ。
缶コーヒーを相棒にして。
いくつかある自販機を見比べる。
120円 KIRIN Fire black
これが、ここで唯一の消費。

福島の出店があったので、なみえ焼そば 400円を買おうと思ったが、できあがるのは11時頃だということだった。

再び、TGBを渡る。
エレベーターが動き始めたようで、右手の歩道に人が連なっている。
なんと、ランナーがいる・・・
この橋は渡りきることができないのに。
Tgb8_2


渡り終えるとそこは埋め立て地。
さらに直進すると海底トンネル。その先は大田区の城南島。
このトンネルも以前、収録されていない時に通ると、青い海に航跡がついた。
潜水艦で海を潜っている感覚になり、息苦しくなったものだ。
今は収録されており、地図上に点線が示されていた。

そこへカーナビが警告する。
「市街地を外れました」
2009年に地図更新したカーナビに、この道路は収録されていない。
青い海にクルマの走行軌跡を示す点が打たれていく。
飛行機で、海の上を飛んでいる感覚だ。

つぐく

|

« 房総半島を旋回して羽田に降りる飛行機の右下に見えるもの | トップページ | 東京ゲートブリッジはなぜ巨費を投じて作られたのか? »