« オランダ村へはどっちへ行ったらいいんでしょうか? | トップページ | 旅の終わりにロンサンド »

2013年5月 3日 (金)

太陽と風と海しかない町 オランダ村

船着き場のあった場所を見やると、
飲食店の建物。
当時の価格設定は手頃なものだった。
職場の慰安旅行でやってきて、ここでビールを呑んだ。
ここで呑んだ銘柄は、NETHERLANDSのハイネケンだっただろうか記憶がない。
売店に売っていたグロールシュをいつも買って帰った。
フックがついた緑色の瓶がキレイで、花を生けるわけでもなく、ただそこに飾っていた。

Hv1


NETHERLANDSの町並みを再現した区画の名称は「マドローダム」
煉瓦の状態は驚く程よい。
この写真が、現在のハウステンボスだと言われても、信じる人がいるだろう。

Hv3


広場の地面がボードウォークだったことは記憶になかった。
よく言えば、ほどよく朽ちたという言葉があてはまる。
長い耐用年数をもつ煉瓦造りの外観。
古びることで、よい風合いを醸し出し始めている。

だが、内部については別だ。
実際に再びここに命を吹き込むことは、そう簡単ではないだろう。

Hv4


オープン当時の入場料は600円。
今ならば「やすっ」と言いたくなる値段だ。


ここはかつてそうだったように、今もまた
太陽と海と風しかない町。
それしかないことが、どれだけ居心地がよいか。
それはかつて、ここに繰り返し訪れていたファンだけが知っている。

それは今、ハウステンボスが失いつつある原風景だ。

なにもないがゆえに、ほどよい料金で利用できるリラックス公園。
決して、大儲けはできないが、小ぶりな観光地として再び、供用してほしい。

Hv5

閉園した後も、毎日ここで海を見ていた3人。
君たちがここにいたことすら、記憶に残っていなかった。

Hv2


新幹線全駅停車して往く品川-博多の旅

|

« オランダ村へはどっちへ行ったらいいんでしょうか? | トップページ | 旅の終わりにロンサンド »