« 東京ドームで負けない菅野智之 | トップページ | このファイルは新しいバージョンのMicrosoft Excelで作成されたものです。このファイルを作業可能にするために、互換パックをダウンロードしますか? »

2013年6月 2日 (日)

日比谷公園110周年

日比谷公園に門はあるけれど、門扉はない。
公園に門扉がないのは、現代人にとっては当然のことだが、それを始めたのは日本初の洋風公園、日比谷公園である。

Hibiya_110gate


日比谷公園は1903年6月1日の開園。
2013年6月1日に110周年を迎えた。
上の写真はその日のもの。
長い年月の風雪により、門は朽ちている。

6月1日(土)と2日(日)
「歴史をふり返り未来をつくる」と題した記念行事が行われた。

主なイベントは以下の通り。
・馬車体験
・日比谷公園ガイドツアー(2日間で5回催行)
・小音楽堂での記念コンサート/講演会

公園内には浪江焼そば、広島焼、宇都宮焼そばなど名物グルメの出店が並ぶ。

公園内に店舗を構える松本楼もテントを出していた。

Matsumotoro

100周年では、さらに規模の大きいイベントが開催されていたが、今回もほどよく楽しめる規模。

東京都公園協会のテントでは、開園110周年記念として製本された「日比谷公園歴史&魅力探検ガイド」300円が販売されていた。
同テント内で東京都都市緑化基金に募金すると、ふたばちゃんを模した sumi eco kukku (靴の消臭剤)がもらえた。

Hutabachan_2

ふたばちゃんってなに?
と今つっこんだ方のために説明すると

ふたばちゃんは、東京都公園協会がつくった東京都都市緑化基金のマスコット。
着ぐるみはいなかったので、ゆるキャラというわけではない。

110book

日比谷公園地下駐車場には、新たに駐車の有無を示すセンサー表示が設けられていた。

クルマが止まっていると赤、空車の場所には緑がほのかな光で表示される。
場内は地下ゆえに薄暗いのだが、クルマがさしかかると、そこだけ電灯が点き、通り過ぎると消える。

こんな気遣いをするエコな国は日本だけだろう。

 

もしも、外国人の親せきが助手席に座っていたら
おーぐれーと!
と言ってくれるにちがいない。

|

« 東京ドームで負けない菅野智之 | トップページ | このファイルは新しいバージョンのMicrosoft Excelで作成されたものです。このファイルを作業可能にするために、互換パックをダウンロードしますか? »