« 聖子ちゃん"日本武道館100回記念"グッズ 使えるもの作り | トップページ | 確率は100分の28 »

2013年7月22日 (月)

2013年 N700A登場!

2013年6月、てっぱくに行った時のことだ。
記念グッズ売場にはトレーンのNゲージが並んでいる。

もうN700Aは出ているのかな?
と探してみると、なんと、N700の品番が既にN700Aに変わっていた。


トレーン No.2 N700系 Advance

amazonの取り扱い開始日は2013/4/9

2006年の発売時、No.2にアサインされていた「N700系先行試作車両 Z0編成」は、トレーンとJR東海エージェンシーの共同制作。
JR東海エージェンシーの規格で製造しているため、他の新幹線と並べると、このモデルだけ格段に背が低い。
それだけ現物に近い縮尺だった。

N700AのNゲージは、外観から見る限り、通常縮尺に見えた。
ただ、本当のところは、箱から出して他モデルと並べて見なければわからない。
Nゲージは"乗ってから買う"ことに決めている。
この夏、N700Aに乗ることができたら、降りた駅で売店に走るつもりだ。
縮尺の検証は、旅を終えて自宅に戻るまでお預けである。

話は3ヶ月前に遡る。

2013年3月
ほぼ恒例となっている新幹線・夏の旅。
今年もそろそろ検討にはいる。

▼過去の新幹線の旅

 

2008 N700系のぞみ99号で行く品川博多の旅日記
2010 100系 300系 500系 700系 レールスター N700系に一日ですべて乗る品川-博多の旅日記
2011 こだま のぞみ ひかり みずほ さくら つばめに一日ですべて乗る品川-新鳥栖の旅
2012 新幹線全駅停車して往く品川-博多の旅

東海道・山陽において、2013年のトピックと言えばN700A。
2013年2月28日に運用が開始された。
N700系がデビューしたのが2007年7月なので、5年半ぶりの新型車両だ。

N700Aの概要

■編成記号:G JR東海保有

■自動運転機能搭載
従来は運転手の経験により行っていた駅間の調整をプログラム化して搭載した。

■新型ディスクブレーキ採用
制動距離を10%短縮した。
想定されている東海地域の大震災に備えて「止まる」新幹線が求められた。

■希少車種
2016年度末までの計画で、わずか31編成しか製造予定がない。

2013年夏、新幹線の旅。
N700Aを軸に検討を始める。

N700Aに乗りたい!品川-博多の旅

|

« 聖子ちゃん"日本武道館100回記念"グッズ 使えるもの作り | トップページ | 確率は100分の28 »