« N700A沿線ウォッチング 3ヶ月の成果 | トップページ | N700a N700系X番台に乗る楽しみが増えた! »

2013年7月26日 (金)

宝くじのような、えきねっと事前申込み3便

早朝、新幹線の沿線へ向かう。

品川発
6:51 のぞみ201号
7:07 のぞみ203号
7:27 のぞみ205号

この日チェックした3便のうち、N700Aでやってきたのは、のぞみ203号。
もちろん、N700A運用は日替わりなので、いつも203号が走るわけではない。

"この時間帯の新大阪行きにも、N700Aが使われることがある"
ということがわかっただけで十分だ。

「えきねっと」の事前申込みは、乗車日の1か月前+1週間前の午前5時30分より。

航空各社は9時30分、高速バスの「あっとバスで」は9時受付開始。
サラリーマンにとって勤務中の時間だ。
お昼休みに、スマホからアクセスしてみると、既に人気の高い便が満席になっていることが多い。
サラリーマンにとって、早朝から受け付けてくれる「えきねっと」は実にありがたい。

この日、以下の3便を申し込んだ。
「えきねっと」は1日に4便まで申し込める。
去年までは4枠を使い切っていたが、今年は1枠を余したことになる。
一般的な利用者ならば、1日に2便申し込むことができれば十分。
こんな買い方をするのは"鉄"だけだろう。
今回はすべて「E席」
進行方向右、山側の2人掛け窓側。
何度か新幹線の旅をしているうちに、午前の「A席」は地獄のような日射しで、景色を楽しむどころではないとわかっているからだ。


例年ならば、一週間後の切符取得結果発表まで
「どうか希望通りの席が買えますように」
と祈るのだが、今年ばかりは
「どうか N700Aが当たりますように!」
まるで、宝くじ。

【 1 】
のぞみ203号
品川 7:07発

【 2 】
のぞみ105号
名古屋 11:31発

【 3 】
のぞみ107号
新大阪 13:29発

【 1 】を新大阪行きに変更したことにより、
【 2 】の名古屋発を広島行きダイヤに変更した。
105号にはN700Aとしての目撃実績があることも決断理由だ。

【 3 】のぞみ107号は、N700Aとしての目撃経験はないが、N700aとしてならばある。

N700a(N700こえー)はしらべるがつけた愛称。
実際にはN700X番台と呼ばれている。

N700Aに乗りたい!品川-博多の旅

|

« N700A沿線ウォッチング 3ヶ月の成果 | トップページ | N700a N700系X番台に乗る楽しみが増えた! »