« 徳島駅の徳元海産物店でフィッシュカツ! | トップページ | 歳を取ると野菜がおいしい理由 »

2013年8月17日 (土)

これはマラソンレースに使える!ニューハレX

ナンバーカードにアミノダイレクトをホッチキスで留める。
いつもはウェストポーチに入れているのだが、こうして外に出しておけば取り出しやすい。
装着した状態で一度ユニフォームに袖を通してみる。
本番さながらにウエストポーチもつける。
アミノダイレクトがちょうどポーチの位置にくる。
ポーチの下にさし込むと収まりがよい。
実際に走ってみないと、どうなるかわからないが、なにごとも体験しなければ始まらない。
僕が体験してマラソン講座に書けば、それが読者の皆さんには参考になる。
何事もチャレンジだ。

Uni

明け方、マラソンの夢を見ていた。
あまりいい夢ではなかったので、すぐに忘れることにした。

5時起床
レースの号砲は9:00
逆算すること4時間前。

起きてすぐ、2階に置いてある電子レンジへ。
セブンイレブンで買った加熱専用ごはん。301kcal
フィッシュカツ2枚

結論から言うと、フィッシュカツを温めたのは失敗だった。
帰宅後、冷たいまま食べたフィッシュカツの方が、格段に美味しかった。

マラソンの朝はお湯を沸かすことから始まるものだが、アグネスホテルでは電気ポットには常時お湯が沸いているので、お湯を沸かす手間がかからず助かる。

Tyosyoku


持参した永谷園松茸の味お吸い物
たんぱく質として、セブンイレブンの玉子焼き
メインのおかずはともかく、玉子焼きが来年以降この食卓に並ぶことはないだろう。

今年初めてレースで使うニューハレX。
自力テーピングに慣れているので、基本的なコツがつかめている。
どの程度の張力まで大丈夫かがわかっているので、怖さがない。
貼るのも初めてだが、とてもスムーズに貼ることができた。
テーピングど素人でも、伸ばさずに貼ることだけ遵守すれば、安心して高品質のテーピング効果を得ることができる。
ただし値段が張るので、日頃の練習には使えない。
日頃の練習で貼るには、やはりテーピングの基本を知る必要がある。

7時
フロントで鍵だけを返してチェックアウト。
無料の朝食が付いているが、それは朝7時からのこと。
マラソンに出るランナーは、そんな時間にホテルでごはんを食べていられない。
これまで4回の旅マラソンで、4つのホテルに泊まったが、ランナー向けに朝食を早めてくれる所はまだない。
そろそろ、何処かがやってくれてもよいと思う。

徳島駅にはとくしまマラソンの一時荷物預かりが設けられている。
そこに入って行く数人のランナー。
外から見る限り、人が並んでいる様子はない。

自分はというと、確実で迅速に出し入れができる駅地下1階のロッカーに荷物を入れる。
人を介さないほうがいざという時、手堅い。
どこの大会でもそうだが、駅のコインロッカーはたいていガラガラ。
たいていの人は、リュック一つでやってくるのだろう。

逆風再び とくしまマラソンを走る!

|

« 徳島駅の徳元海産物店でフィッシュカツ! | トップページ | 歳を取ると野菜がおいしい理由 »