« デコ、FCポルトに移籍 階段を1つ上る | トップページ | くまモンスクエア、到着! »

2013年8月31日 (土)

くまモンに確実に会いたい!くまモンスクエアという朗報

くまモンに会いたい!
九州入りを一か月後に控え、計画を練っていた時、朗報が届く。

くまモンの出動スケジュールは公式サイトで事前に公開されている。
だが、正確なタイムスケジュールまではわからない。
数ヶ月前から、公式サイトでくまモンの出没情報をチェックし始めた。
イベント会場や、ロアッソ熊本(Jリーグ)の試合会場。

その場に行っても、時間が違えば会えないことがある。
会えたとしても、ふれあうことができる保証はない。
遠巻きに見るだけでは、遠方から来た甲斐がない。

くまモンに会いに熊本へ行く。
でも、くまモンに会えなかった。
そんな声が「チームくまモン」に多数寄せられる。

「チームくまモン」とは、熊本県庁内のくまモン活動をマネージメント、サポートしているチームのこと。
スタッフ自ら著書「くまモンの秘密」でそう呼称している。

彼らは、考えた。
そうだ!
鶴屋百貨店の一階にあるRKKサテライトスタジオ。
熊本の民放局RKKが、公開放送を行っているスタジオ。
ここを改装して、くまモンの常設スポットを作ろう!

この試みは2013年3月にメディア発表。
7月17日、蒲島郁夫熊本県知事とくまモンが会見、オープン日を公表。
7月22日、くまモンスクエアの公式サイトオープン
7月24日、オープン

カーナビに打ち込んだのは、熊本県熊本市中央区手取本町8
これは鶴屋百貨店の住所でもある。

「目的地周辺です」
川を渡ると、次の信号が鶴屋百貨店。
時計の針は10時50分を指している。
11時のショーまで、あと10分。
恐らく、入場は難しいだろうが、ダメ元で駆け込みたい。

駐車場を物色している時間はないな・・
そう思った時、前のクルマがウィンカーを出して建物に入っていく。
そこには「営業中」

くまモンの看板。
立体駐車場だ。

Park 
くまモンが呼んでいる

この際、料金のことは後回し。
すかさず、ウィンカーを出して、前のクルマに続く。
結果的には、これがこの上ないと言える選択だったのである。

つづく

くまモンのひみつ

|

« デコ、FCポルトに移籍 階段を1つ上る | トップページ | くまモンスクエア、到着! »