« くまモン営業部長室でくまモンと記念撮影だモン | トップページ | 風を味方にしないマラソン »

2013年9月24日 (火)

鶴屋百貨店の売場は日本一かモン!

11:55
くまモンスクエアの視察は25分間で、一旦切り上げる。
さっきまで行列をしていた廊下は閑散としている。

この日から一か月後。
この文章をまとめるために、メモを整理していて気づいたことがある。

並んでいた時、僕らは入場を待つ列に並んでいると思っていた。
だが、そうではなかった。
くまモンショー
(繰り返しますが、そういう名前ではありません)
が終われば、入場制限が解除される。
そうすれば、ビル内の廊下に並んでいる程度の人数ならば、入場できるだけの容量がある。
僕らは、くまモンの出待ちをして、ハイタッチ&写真撮影をするために整列していたのだ。

さて列に並んでいた時、右手にくまモンの看板が目に入っていた。
鶴屋百貨店の東館にある、くまモングッズ売り場だ。
くまモンスクエアはテトリアくまもと鶴屋・東館の1階に入っている。

くまモンTシャツを着た僕。
特に珍しそうに見る人はいないが、お店の人にはカモが来たモンと思われたかも知れない。
地元の人は、誰もこんなわかりやすい服装をしていない。
今日この街で、くまモンを着ている人を見たのは、ショーウィンドーに映った自分だけだった。

鶴屋・東館のくまモン売場面積は、今回の旅で見たなかでは最も大きかった。

鶴屋百貨店を出ると、すぐとなりに県営有料駐車場。
なんだ、こんな近くに駐車場があったのか。

最初の1時間320円
以降30分ごと50円
昼間は上限の打切はない。

この値段ならば、くまモンスクエアからは少し離れているが、さっき停めてきた駐車場のほうが安い。
まずまずの選択だったかなと納得。

外気は35度。
空気が乾いていて喉がカラカラ。
こまめにOS-1で吸水する。

少し回り道になるのかも知れないが、アーケード街の中を往くことにする。
佐世保の四ケ町と比べると道幅が広い。
だが、それほど暑さが和らいでいない。
直射日光を受けているわけではないのに・・・


遠くから見える、くまモン
天井からぶら下がっている。

近づくとそれには、無数のLEDが埋め込まれている。
夜になると、きっとキレイだモン

Plaza



数日後、四ケ町を歩いていて、なぜ熊本のアーケードが暑いと感じたかがわかった。
四ケ町は、道幅が狭い分、両脇の店舗から流れ出る冷気が、通りを覆っている。
だから、夏でも少し冷んやりとしている。

一方、熊本のアーケードくらい道幅が広いと、両脇の店の冷気では、通りを冷やすには足りないということだった。

まぁ、この話とはあまり関係ないけどね。

くまモンのひみつ

|

« くまモン営業部長室でくまモンと記念撮影だモン | トップページ | 風を味方にしないマラソン »