« 風のようにQちゃんが、抜いて行った | トップページ | デコ25歳、ブラジルではなく、ポルトガルという選択 »

2013年9月 5日 (木)

トイレ、ホッチキス、胃薬、誤算つづきだ

10-11km
10kmのタイム
この数ラップのがんばりがあって、借金は1分に縮まった。
これでも、前年の佐倉朝日健康マラソンより26秒速いのだが、そんなことは走っていてわかりっこない。

ナンバーカードにホッチキスで留めておいたアミノダイレクトを1つちぎり、封を切って顆粒を口に頬張る。
グリップ給水ボトルのスペシャルドリンクで流し込む。

11-12km
おさまっていたかと思った逆風が、ここに来て強まってきた。
目標ペースよりもキロ20秒遅い。
逆風はこれほどまでに、ペースを落とすものなのか。

初マラソンの荒川市民マラソンは、中間点で折り返してゴールまでが逆風。
近隣のJRが停まるほどだった。
あれに比べれば、こんな風くらい、実力でカバーだ・・
と思っていたが、どうやら認識が違っていた。

初心者でもベテランでも、逆風に遭えば、大きくタイムを失うのである。
文字にするとこれだけのことだが、時分で経験して初めてわかることだ。

12-13km
下腹部に妙な感覚がはしる。
まさか
尿意だ。
トイレに行きたい・・
マラソンを7回走って、これまでトイレに行きたいと思ったことは1度もない。
なんでだ。
今回はOS-1を常用して、利尿作用を抑えていたはずなのに。

13-14km
風はおさまるどころか、次第に強さを増してきた。
今日のとくしまマラソンはバッド・コンディション・レースであると、命運が決されたようだ。

風でナンバーカードが音を立ててばたつく。
前に1枚、後ろに1枚
気にしてはいられないが、ストレスには違いない。
この大会に、背のカードは不要では?

14-15km
ホッチキス留めしたアミノダイレクトは、ウエストポーチと腹の間にさしこんでいたが、風で暴れてタコの足のように振る舞っている。
ホッチキスで停めたのは大失敗。
もう2度とやるまい。

気が散るので、ナンバーカードからちぎって、ウエストポーチにしまう。
数えてみると1本は、落ちてなくなっていた。

15-16km
15kmで確認した目標ペースからの借金は3分。
中間点まであと6km。
これ以上、借金を増やすと、後半がかなりきつくなる。
ここらが、デッドラインだな・・
とにかく、気持ちを切らさず、辛抱だ。

16-17km
さっきから、げっぷが出て困った
ここ数日、高価な胃薬を飲んだというのに

朝のフィッシュカツ2枚は多かった
来年はもう、揚げ物はよそう

辛抱がつづく。
この3kmは、まったく同じラップを刻んでいた。

逆風再び!とくしまマラソンを走る!

|

« 風のようにQちゃんが、抜いて行った | トップページ | デコ25歳、ブラジルではなく、ポルトガルという選択 »