« 羽田空港の駐車場を予約する | トップページ | タッチパネルが、改良されてるモン »

2013年10月21日 (月)

迷路のような、羽田空港「P3」駐車場の予約車専用入口

羽田空港駐車場の予約ができるのは当月と翌月。
土日は混んでいて、予約状況が「満車」となっている日がほとんど。
ただし、1度は「満車」と表示されても、後から空いていることがある。
諦めずに、こまめにチェックしていて、予約することができた。

出迎え便の到着時刻より60分前に穴守橋の信号を超えた。
ここから先は埋め立て地。
羽田空港までは、およそ10分。
早めに来て、ビッグバードでお茶しようと思っていたのだ。

ビッグバードという呼称は、すっかり忘れられている。
2004年にリニューアルされた国内線第一、新設された第二ターミナルの愛称である。
後にできた国際線はこれには含まれない。

順路を「第二ターミナル出発」にとる。
ターミナル前を素通りして、右に寄り「P3」「P4」のレーンに入る。
「P4」はガラガラ。
3ヶ月前のような、駐車待ちのクルマは一台もない。
予約するまでもなかったな・・・
シーズンに依るということか。

直進して「P3」入口。こちらもガラガラ。
このまま入庫すれば500円はかからない。
だが、せっかくなので「予約車専用」入口から入りたい。
入口を素通りして直進。
右手にバス溜まりがあるが、ここは進入禁止。
この先に入口があるはずだ。

二手に分かれる道を迷わず右「第2ターミナル到着」へ。
今し方「第2ターミナル出発」をスルーしてきたのだから、当然の答えだ。

右手に「P3」のビルを見ながら進む。
入口を見逃さないよう、速度を落とす。
あった!
「予約車専用」入口
だが、右からやってきた道と隔てる分離帯の向こうだ。

入れないじゃん・・

しかたない。
2周めにはいる。
今度は、先ほど選ばなかった「「第2ターミナル出発」へ
しかし、これでは始めの周と同じはず。

案の定「予約車専用」入口は分離帯の向こう。
頭が混乱してきた。

事前にウェブサイトの地図で、位置を確認しておいた。
ルートについては、特に指定されていなかったはずだ。

3周めにはいる。
「P4」の「予約車専用」入口には案内板が出ている。
だが「P3」入口には何も案内がない。
結論を先にいうと、案内すらできないほど複雑なのである。

あの分離帯の向こうに行くには、どうすればいいのか?

4周めに入ったところで、ようやく独りごちる。
「迷ったら循環線へ」
と書いてあるのはこのことなのだ。

路面が黄色でペイントされている循環線
これに乗れば、違うルートに出ることができる。

第2ターミナルを素通り、循環線を進む。
第1ターミナルも素通り。
黄色い車線に乗ったまま、第2ターミナルへ戻る。

右手に「P3」が見えてくると、ビルにさしかかってすぐ、右斜め方向に「予約車入口」がある。

ゲートで駐車券を受け取り、4階または5階へ上る。
中程まで進むと予約車専用ゲートがあり、ここで駐車券を入れる。

「認証されました」という応答メッセージが返ってくればゲートが開き、ようやく到着となる。

結局、5周めでようやくたどり着いた。
所要時間30分。
これほど、同じ場所をぐるぐる回ることは希な経験だ。
ほんの少しだけ、羽田空港が身近になった。

|

« 羽田空港の駐車場を予約する | トップページ | タッチパネルが、改良されてるモン »

自動車/交通」カテゴリの記事