« 巨人プロテクト予想 大竹移籍の場合広島が要求する人的補償の予想選手 | トップページ | 暗闇から現れたのぞみ203号の正体 »

2013年11月21日 (木)

6時発表N700A運行便を品川で押さえる

夏草の線路のむこうに太陽が昇っている。
今日も暑くなりそうだ。

品川駅を目指す山手線のなかで午前6時を迎えた。
6時過ぎ、JR東海に問い合わせれば、今日の運行予定を教えてくれる。
だが、ここはしばらくの辛抱。
品川駅に行けば、わかることだ。

6:30
品川新幹線乗換口「みどりの窓口」
荷物台にバッグを乗せて
印刷してきた「旅のしおり」を出して尋ねる。

広島発16時7分「のぞみ31号」以降で
博多行きのN700A運行便はありませんか?

「お待ちください」
係員はドアの向こうの事務所に消える。
しばらくして、メモ書きを手に帰ってきた。

「21時台しかないですね」

21時・・それでは、博多で「鉄なべ」「ハッちゃんラーメン」を食べる時間がなくなるどころか、今日中に佐世保に着かなくなる。
しかたない。

予め、N700A便がなかった場合につけておいた優先順位①の便を購入。
16:36 のぞみ33号
お盆前だというのに、当日で2人掛けのE席が取れた。
広島ー博多間は、いつも空いているのだ。

当日朝、運行予定公表後にN700Aを押さえる作戦は空振り。
これで、N700Aに乗る望みは3つの乗り継ぎ便に託された。

Kaisatsu


新幹線品川駅下りは23番、24番ホーム
23番線はこの後、切符を買ってある「のぞみ203号」の表示。
そこにはオレンジでN700系の表示・・

23home


いや、これは本来の予定車両を示しているのだ。
N700AはN700系または700系の一部ダイヤを差し替えて走る。
そうに違いない。いや、そうであって欲しい・・

ぷるるるるる・・・
となりの24番線には6:51発のぞみ201号がやってくる。
もしも、そっちがN700Aだったらどうしよう
ドキドキして見守る
やってきたのは、N700 ほっと一息

つづいて24番線に6:51発のぞみ7号
番号が一桁台の数字は博多行き。
広島あたりまで行く人たちか
新幹線で東京から博多までフルに乗っていく人は、ほとんどいないのである。

ホームの表示はN700系
そして、やって来たのもこれまたN700系
やはり、ホーム表示は正確に系列を表しているのか。
少しずつ、心に落胆の雪が積もる。

お盆前と言うことでたくさんの客を乗せたのぞみ7号は、1分出発が遅れている。
16号車から車掌が顔を出して敬礼。
ホームから最後尾が出て行くこの時点で、もうかなりのスピードが出ている。

7:04 こだま633号新大阪行きはJR西日本保有の700系
それを見送ると、いよいよ23番線に、のぞみ203号が入線してきた。

つづく

N700Aに乗りたい!品川-博多の旅

|

« 巨人プロテクト予想 大竹移籍の場合広島が要求する人的補償の予想選手 | トップページ | 暗闇から現れたのぞみ203号の正体 »