« 圧倒的スピード感 締めはあとぜき! | トップページ | スコラーリの後を追ったデコ チェルシーで待っていた運命 »

2013年11月11日 (月)

くまもとサプライズ!チームと皆の夢

あとぜきを決めれば、後はお別れタイム。
するとくまもとサプライズ隊員のお兄さんが、客席にお腹の大きい女性を発見。
世の中には単純にお腹が大きいだけの人もいるが、出産を控えている女性は服装が明らかに違う。
すかさずステージを降りたお兄さん。
くまモンを呼び寄せて、安産祈願のおまじない。

再びステージに戻った2人。
大変なご支持をいただいているが、これも皆様のおかげです。
と深々とお辞儀。

Ojigi


かと思ったら、顔をあげたくまもん
おほほほほ・・・

Ohoho


得意げに笑っている。
ここでこの日2度めの場内大爆笑。

「あんた、のぼせたらいかんよ」
お兄さんにたしなめられたくまモン。
もう1度お辞儀をして、演目はお開き。

くまモンスクエアの好青年
くまもとサプライズ!隊員のお兄さん
子ども達の嬌声に応えるくまモン

1530

場内に100人のファン
場外に多数のファン

今この時、ここに笑顔、自由がある。
ここにいる子ども達、大人達
皆さんにこれからも長く、平和と無事の日々が続くことを祈り、4時間半にわたったくまモンスクエア滞在を終わりにすることにした。

ここで、場内の100人には退出制限がかけられる。
30分にわたり、くまモンを独占した幸せな人々は、快くそれに従う。
幸せはみんなで分かち合おう。
これが日本人だ。

Park2

トラストパーク水道町センターパーキング
熊本市中央区水道町6-2
トラストパーク(株)は博多駅南に本社がある

ここに着いたのはくまモン登場時間の10分前。
駐車場を物色している時間はないな・・
と咄嗟に入ったのだった。

4時間40分停めて、係のおじさん
「400円です」

やすっ!
後で熊本市在住の知人に話すと、市街地でそんな安い駐車場は聞いたことがないと言う。
咄嗟の選択が、実はこのうえない選択だったのである。

15時40分、まだお昼を食べていない。
ここから10分、ガイドブックで調べておいた熊本ラーメンの「黒亭」(読みは、こくてい)に車を走らせる。
数日後、佐世保のコンビニには「黒亭」のカップ麺があった。

炎天下、店の外で待つこと15分
なんとか、目的の叉焼麺にありついて、熊本県を後にした。

今回は「熊本県物産館」「熊本城」を回る時間がなかった。
それは、2014年のココロ。
平和と無事が続いていれば、それは十分可能なはずだ。

くまモンのひみつ

|

« 圧倒的スピード感 締めはあとぜき! | トップページ | スコラーリの後を追ったデコ チェルシーで待っていた運命 »