« しらべる 5,000日 | トップページ | 情報が見つけやすい!共有フォルダーの管理方法 »

2013年12月10日 (火)

新幹線ファンが分析する N700a 乗り心地

11:33
のぞみ105号は、定刻から1分遅れで名古屋を出発。
品川からの便は7号車7番E席
今乗っているのは7号車6番E席
今日は、博多までずっとE席、つまり進行方向に向かって右側に陣取る。
これを下関までは「山側」と呼び、関門トンネルをくぐると「海側」と呼ぶ。

右手に犬山城を見ていると、またもA車ワゴンが通り過ぎていった。
今日はワゴンと相性が悪い日だ。
スジャータのアイスは、新大阪から先で買おう。

新幹線は名古屋からほぼ北上して岐阜県へ。
しばらく、名神高速と並走。
そこは法定100kmであり、200km超で走る新幹線に敵うクルマはいない。

岐阜羽島駅を通過するとすぐに見えてくるのがサンヨー改めPanasonicのソーラーアーク。
今日はばっちり写真に収めたい。
長良川を合図にカメラを構えて窓に貼りつく。

Ark

広角じゃないと・・

晴れているが稜線は曇っている。
今日はいい写真のぞみ薄。

3G回線で1通メールを送る。
普段どおりの速さで送れた。
静岡で懲りたので、無線LANのテストはしない。
無線LANが提供されているのは、東京から新大阪まで。

名古屋から乗ってきたD席の若い兄ちゃん。
とてもマナーがいい。
肘掛けに手を置かず、足を組むこともない。
仕事ができそうな、清潔感のあるシャツと上品なジャケットを羽織っている。
お盆前の平日。
皆、働いているのだ。

さて今乗っているN700X番台
「N700a」(しらべる命名)
居室はN700のままだが、足周りは新型N700Aと同じ。

乗り心地、揺れ心地はどうだい?

体に問いかけて、長年の新幹線センサーが情報を収集する・・・

いや~それが、さっぱりわからんとですよ。

あ、ここが「A」らしさかな・・
というヒントすらない。
やはり、人は居室からして真新しくなければ、ブレーキの効きや傾きのクセなど感じることはできないのだ。
と結論づけた。

N700Aに乗りたい!品川-博多の旅

|

« しらべる 5,000日 | トップページ | 情報が見つけやすい!共有フォルダーの管理方法 »