« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の31件の記事

2014年1月31日 (金)

ギター一閃 楽屋から現れたリッチー

本編が終わると、数人のレインボー・ファンが出口へと急ぐ。
福岡県の端や他県から来ているファンは、乗り継ぎの最終電車やバスに間に合うためには、アンコールまで残ることができないのである。

もったいない。
代わりに聴いてあげるのに。

アンコール2回が終わったのを確認して客席へ入る。
ここからは、チーフの指示があった通り、迅速に観客を退出させなければならない。
かつて北海道で起きた事故は、ステージに向かって詰めかけた後方の観客によって将棋倒しが起こり、1人のファンが死亡した。
とにかく、何事も起こらぬうちに、ファンを外に出して無事故で切り抜けたい。
ようやく、場内に入ることができて嬉しい。
しかし、もうリッチー・ブラックモアは楽屋に引き揚げており、2度と出てくることはない。
そのステージには、撤収のためにアルバイト・スタッフが入っている。

「立ち止まらず、早く帰ってくださ~い」
聴衆に帰宅を促す。

とぼとぼと出口を目指す者。
名残惜しそうに、時おりステージをふり返る者。

ツアー・スタッフが主だった楽器を搬出したのだろう。
アルバイトがスピーカーやアンプと言った大物の搬出を前にして、段取りの指示を待っている。

事前の指示を忠実に守っている警備員の声かけにより、客席からは順調に客が引いている。
その数、3分の1ほどになった。
その時だ。

狂気の幕が開いた。

ギュイーン
スピーカーから鳴り響く、轟音
その音の主は誰にでも想像がついた。

ステージに目が行く。
出た!
そこには、何食わぬ顔をしたリッチー・ブラックモア

なにか問題ある?
とでも言わんばかりの素っ頓狂な無表情

ギュイーン
ががが ギュイーン

ギター一閃
たった1人で右の袖から現れたリッチー
リッチーまだ懲りてないのか。

次の瞬間、主催者にとって悪夢の事態
ゆるやかなクラシック音楽にかぶって、鳴り響くギター

なにごとだ?
もしかして!

そのかすかな音を聞きつけて逆流してくる聴衆
完全に冷静さを失っている。

「帰ってください」
「入らないでください」
せき止める係員

しかし、その静止に従う者はいない。

どけ、きさん

数名の係員は客から殴り倒されている。

かつての事故の反省にたち、整然と取り仕切られたライブが、想定通り常識的に終わった後、かつての事故の再現を狙ったかのような、常識を疑われる行為が破る。

|

2014年1月30日 (木)

レインボー 席の上には決して立たないでください

僕はその日警備員だった。
以前、このツアーでは北海道のライブで死者がでて、大きく報道されている。
新聞をとっていない人がいたとしても、インターネットがなかった時代ではあるも、この日、チケットを買って来たファンの誰もが、そのニュースを耳にしていただろう。

現場は緊張していた。
死人が出るかも知れない。
その可能性が少しでもある催事に立ち会って、締まりのない顔をしていたら、即刻、帰宅命令が出るだろう。


誰もが、心の中では「2度めはないだろう」と思っていても、それを自ら打ち消し、シリアス・モードのスイッチを入れて、この場に臨んでいた。


現場のチーフが、真剣な口調で檄を飛ばす。
「席の上には絶対立たせるな」

"席の上"である。
"席の前"ではない。
この時まだ、コンサートと言えば、佐野元春やJ-WALKなど国内バンドしか経験のなかった僕は、外国のロックバンドの場合、席の上に立つのが当たり前なのだと解した。

つづいてチーフが言う。
「アンコールは2回。終わったらすぐ客を外に出せ」

この時、コンサートというのは事前にアンコールの回数が、スタッフには事前周知されていることを知った。
なるほど。
道理で、これでアンコールは打ち止めとなると、客電があっさり点くわけだ。

客電が点かない限り、次のアンコールが想定されている。
一度、客電が点いてしまえば、それは「はい、おしまい!」の合図ということを、この日学んだ。

つづいて、各自の持ち場が発表される。
僕の配置は向かって右のドア外。
福岡サンパレスは左右、後方のドアが音響・照明効果を勘案して2重ドアになっている。
その外側。

つまり、遅れて来た客がドアを開けた時に、場内をのぞき込んでも、ステージを一瞥することすらできない。
アルバイトに来ているのであって、コンサートを見に来ているのではない。
お金を払う側ではなく、もらう側だ。
そうはわかっていても、場内係員の連中が羨ましい。

なぜかといえば、今日のアーティストはリッチー・ブラックモア率いるレインボーだったからだ。
高校の時、Electric guitarを弾ける友だちが貸してくれた「虹を翔ける覇者」
8分26秒もある「スターゲイザー」にしびれていた。

「開演に先立ちまして、いくつかご注意を申し上げます」
ウグイス嬢による、場内放送ではない。

件のチーフがマイクを握り、壇上から一席ぶっている。

およそ、次のような内容だ。

皆さんご承知のとおり、北海道では痛ましい事故がありました。
本日は関係者の尽力によりこうして開催にこぎつけました。
そこで、皆さんにお願いがあります。

席の上には決して立たないでください。
その代わり、席の前で立つことはかまいません。

おぉ~つ

九州じゅうから集まったレインボー・ファンから歓声が上がる。
通常ならば、チーフが言っているのは、当たり前のことばかりだ。
だが、今夜はいつもの夜とは違う。
かつて、死人が出ているからだ。


冷静さを保ちながら、熱くなる。
言葉としては矛盾しているが、大人の音楽ファンであれば、そうは難しくない。
むしろ、一部の狂乱者に対する抑止効果が出ることは、大多数のファンにとって歓迎すべきことだろう。


やがて、ドアが閉じられて開演の時を迎える。
切符を切るわけでもない。
席を案内するわけでもない。
立ち入り禁止区域を守るといった、クリティカルな使命もない。
突っ立っているだけの監視員。
あっという間に時間は過ぎる。
サンパレスの防音性能は抜群であり、ドアのすぐ外に居るというのに、ほとんど音は漏れてこない。

あっという間に、本編が終わった。


つづく

|

2014年1月29日 (水)

靴のプロから習い、靴ひもの正しい締め方がわかった。

2ヶ月あまりでMIMURA PREMIUM ができあがった。
足型をとったオーダーメイドなので、そのまま持ち帰っていいくらいだが、試着を勧められた。

シューレースは短かめ。
この長さでは最終アイレットを使ってロックさせる結び方はできない。
いつもレース当日にきつく締めすぎたり、ゆるすぎたりで、なかなかうまく締められない。
ランニングのプロである店員さんに実情を話して、シューレースの結び方を教わった。

店員さんがハイスピードで、シューレースを通していく。
これまでに見た誰よりも速い。
見ていると、シューレースをアイレットに対して下から上に出していることに気づいた。

上からと下からはどう違うのですか?

その答えは、この後、締め方の説明の中にある。

まず、腰掛ける。
立ったまま履くと、かかとを踏みつぶしてしまうことがある。

手前から4つ目のアイレットまで紐をゆるゆるにしてから足入れ。
こうすれば、ヒールカップ(かかとの硬い部分)を傷めずに済む。

足が入ったら、軽くかかとを地面にトントンとつける。
ここで「かかとに指が一本入るくらい」という人がいるが、まったく意味がない。

つづいてゆるめておいた4つめのアイレットから、左右のシューレースを上に向かってぎゅっと引く。
ここで、横に引いてはいけない。
やってみるとわかるが、上に引けば、緩みだけが締まる。
横に引くと、足に靴が食い込むように締め付けてしまう。

4つめのアイレットが終わったら、3つめへと順番に緩みを取っていく。
最後に2つめのアイレットからシューレースを上へ引く。

この時、空いた方の手を、靴かかと部分(べろの上)に包み込むように当てて、アッパーを足にフィットさせる。
そして、シューレースを持った方の手で、ぎゅっと上へ引く。
両手で蝶結び。

かかとに近い部分は「きついかな」と思うくらいに締める。
一方、足が屈曲するあたり、具体的には前方から数えて2~4つめのアイレットあたりは緩めでよい。
足が曲がる部分をきつく締めると、42kmを走っているうちに足が痛くなる。
レース中は、時間の経過と共に足が膨張するからだ。

これまで、レース前に「あ、きついな」と思った時、緩めても緩めても「きつい」という感覚が消えなかった。
それは、この屈曲部分をきつく締めていたのだろう。

これまで、試行錯誤してきた「靴ひもの締め方」が、この日ようやく理屈でもしっかりとのみ込めた。

立ち上がって、2~3歩あるいてみる。

おぉつ

その姿勢は、これまでどの靴にもなかったものだ。
自然と体が前に倒れていく。
前時代の遺物であるかかと着地など、絶対させませんよ。
この靴が言っている。

新コース2度めの長野マラソン

|

2014年1月28日 (火)

miCoach SMART RUNのユーザーに参加する

miCoach SMART RUNは、GPSと光学式心拍計が合体した世界初のスポーツ腕時計。

発売:2013年11月15日
価格:47,250円

心拍数をひろう光学センサーは、関連会社mioが開発したmioセンサーを採用している。
ということは、心拍計についてはMIO Alphaと同等ということである。

ざっと仕様、性能をみた時点で判断したのは次の2点。

・マラソンレースで走行+心拍記録を取ることができるのは、サブ4ランナーだけ。
・ガーミンフォアアスリートのように4画面同時表示はできないので、レース向きではない。

バッテリー持続時間からいって、レースにおける詳細な記録ができるのは4時間程度。
この点は、発売から2ヶ月を過ぎた今も、評価は変わっていない。

4画面表示については、miCoach SMART RUNでもできることがわかった。
広告では3画面表示が使われているため、最大3画面なのだろうと思っていたが、実際には4画面表示を3通り登録することができる。


これらの評価からして、GPS+心拍計は時期尚早と考えた。
新進の製品には初期不良が付きもの。
もう少し待ってからのほうが、使い勝手のよいものが出るのではないか?
消極的かつ、無難な判断だ。

本来ならば、そこでMIO Alphaが再び第一候補となるところだが、MIO Alphaはスマホとは連携するものの、データをパソコン管理できそうにないことがわかった。
一方のmiCoach SMART RUNは、データをクラウドに置くので、パソコンで管理できる。

マラソンに関するあらゆる記録はエクセルで管理している。
ここで、MIO Alphaは候補から外れた。

さて、miCoach SMART RUN 型番G76792は、発売日直後、直営ウェブサイトのみで販売されていたが、数日後には初回分完売。次回入荷は1月と表示された。
手に入らない?と飢餓感を煽られることに対して「新しモノ好き」は特に弱い。

悩んでいるうちに、長野マラソンに向けて走り始める日が近づいてきた。
できれば、トレーニングの初期段階から、心拍トレーニングを行いたい。
最寄りのadidas取扱店へ連絡して、入荷があれば1本確保してもらうことにした。

かくして11月末、adidas取扱店より「入荷しました」の連絡があった。
待っている間、早期に入手したユーザーがmiCoachに寄せている反響は決して芳しいものではなかった。
多くの人が、それらのやりとりを見て、購入を見送っただろう。

だが、ここまで来れば乗りかかった舟。
心拍トレーニングによって、長野マラソンでの快走につなげるという水路は、心の中でもう流れ始めている。
止められない。

ちょうど、できあがっていたMIMURA PREMIUMを取りに行くついでもある。
新進気鋭商品のフロンティア・ユーザーとして、名乗りを上げることを決めた。

新コース2度めの長野マラソン

|

2014年1月27日 (月)

iPhone5と連携できるMIO Alphaに決める

つづいてみつけたのは「MIO Alpha」
adidasの関連会社MIOが製造販売している。
mio光学センサーを搭載した、腕時計型の光学式心拍計。

・胸ベルト不要
・リアルタイムの心拍数がわかる
・運動負荷をカラーインジケーターで表示
以上の点では、オムロン脈拍計HR-500Uと同じ。

電源はリチウムイオン電池。
予想電池寿命は充電300回。
使用時間は満充電後、1日1時間使用で2週間とされているので、およそ5年程度と推察する。
電池寿命が来た場合、修理対応で交換できる。
その対応については、購入時に確認した方がよい。

価格は2万円台半ば。
HR-500Uよりは1万円以上高い。

長所はiPhoneアプリとBluetoothで連携できることだ。
*iPhoneアプリの一例:MapMyFitness Runkeeper Strava
データはUSB経由でパソコンに保存できる。

いずれは、GPS+心拍計を兼ね備えた1台を買いたい。
だが、そのような商品はまだこの世にない。

愛用しているガーミンフォアアスリート205の充電池が終焉を迎える頃には、きっとどこかのメーカーが出していることだろう。
取り急ぎ、今シーズンから心拍トレーニングの道に入るためには、今はMIO Alphaを買うというのが唯一の選択肢だ。

MIO Alphaに絞ると、あとは価格次第。
複数のWEBショップで価格ウォッチ。

そうして1週間ほど経った時、adidas running のツイで新たな情報がもたらされた。

アディダスからもリアルタイム光学式の心拍計「miCoach SMART RUN」が出るという。
しばし、MIO Alphaウォッチを中断して、よく研究することにした。

新コース2度めの長野マラソン

|

2014年1月26日 (日)

何もしていないのに!勝手に全角英数入力になるな!

ATOKでかな漢字変換をしていると、突然、漢字が打てなくなることがある。

突然こうなった!
自分は何もしていない!
パソコンかソフトの不具合だ!

という思いこみをする人が多いが、もちろんそうではない。

突然には理由がある。
理由のない突然はない。

何もしていないのではなく、
気づかないうちに、何かしたのである。



ATOKでかな漢字変換をしていると、突然、漢字が打てなくなることがある。

タスクバーに格納したATOKバーを見ると[あ]の場所が[A]や[英]になっている。
あ、
っと驚くわけだが、理由がわかっていれば「また、やってしまったか」と思って対処するだけのことだ。


理由として考えられるのは[Caps Lock]キーを押してしまったこと。

アルファベットの大文字入力がつづく時の操作である
[Shift]+[Caps Lock]
ではこの事象は起きない。

あくまで[Caps Lock]を単体で押すと、こうなる。


対処方法は以下の通り
[Ctrl]+[F9]押下
指を離したあとで[H]押下
これで、元通り。


ATOK2010では [Caps Lock]キーをもう一度押すだけで元通りになるが、ATOK2007では戻らない。


いったい、どれくらいの比率のユーザーが、
[Caps Lock]キー押下で、全角英数入力に切り替える機能を必要としているのか。

今日もまた、日本のあちこちで
「何もしていないのに!」
「勝手に変わるな!」
と言いながら、キーボードをばんっ!と叩いている人がいる。

|

2014年1月25日 (土)

くまモンを座って見ている幸せ

「次の賞品は、**様提供 くまもんTシャツです」

ほおぉ~~

大抽選会が始まっている。
観衆は賞品名が読み上げられる度に歓声をあげる。
しかし、それは一律ではない。

「次の賞品は、**様提供 くまもん***です」

おぉ~

個別の案件には関与しないが(笑)
それぞれ、人々の関心の度合いがわかる。
人は皆、正直だ。

くまモンが抽選箱から番号札を引いては、お姉さんに渡す。
時には2枚取ってしまい、お姉さんが「上のほう?」と尋ねる。

Photo


大抽選会で当たらなくても、いいんだ。
確かに目の前で座席券の番号が読み上げられて、歓喜に沸く子どもやおばさんを見ていて、そのいい思いをしたいとは思う。
そう誰もが同じように。

だが、焦点をぼかして抽象度を上げてみる。
今日ここに座っていることが幸運だ。
東京マラソンのように倍率は明かされていないが、難関だったに違いない。

こういう時、人は
「明日から頑張れそうです」
というのだろう。

比較的、幸福と言えるこの日本でも、人々は日々、生きていてよかったと思えるような僥倖に出会うことは滅多にない。
朝4時から行列に並ぶわけでもなく、開門と共にダッシュするでもなく、観覧が確約されている。
この場所に座ることが計算できる。

BMW提供のミニカー5台
遠目で分からなかったが、先ほど受付でみたくまモンMINIのミニカーとは違うように見えた。

ソラシドエアのくまモンGO!モデルが登場。
それだけは、欲しかったな。

19:30
くまモン東京スタッフ代表が挨拶。
大晦日に真摯なツイを出してくれた人かモン?
これからも、楽しいツイを待ってるモン!

Photo_2

19:40
一旦ステージ袖にさがったくまモン。
再び現れ「お見送りするモン」とステージで一人ずつ握手して見送る。
握手のついでにくまモンから自然とハグを返す人、そうでない人。

きっと、その違いは、人によりちがう雰囲気が出ているのだろう。

かくして、予定時間どおりにすべての観客が帰途につき、長かったくまモンファン感謝祭inTOKYO2014の夜は更けた。

この催しが東京で行われるのが3度めだとは思わなかった。
来年はどのようなカタチで行われるだろうか。
再び、くまモンの女神が微笑んで、ここに座っていられることを願う。

おわり

くまモンのひみつ

|

2014年1月24日 (金)

くまもんの前で、いい人になりきれなかった。

せっかく集まったのだから、お友達になりましょう!
ステージからみまこお姉さんが呼びかける。

きた・・・

各種スキルアップ研修に行くと、アイスブレークのために冒頭にこのような取り組みが行われる。
誰もが「いい人モード」になっていなければ成り立たない試みだ。
だが、今夜はいつもの夜とは違う。

大半の人は、くまモンを見に来ているのであって、くまモンファンの友だちを作りに来ているのではない。
そういう見知らぬ人たちが手をつなぎ、肩を組む・・・
昨今の若者でなくても「ムリムリムリムリ」という声が聞こえそうだ。

両隣は、おじさんとおばさん。
座席は1席ごとの抽選なので、誰もが単独で座っている。

曲が始まる。
モンバイザーをかぶり、
カメラはひざに置いて、両手を空けておく。
いつでも、対応できるように。
いい人モードに入ることはOKですよ。
両側の2人にサインを送るために。

すると、おばさん カメラをかざして撮影し始めた。
「撮ってるから、お遊戯ムリです」
と言わんばかり。
もう片方の男性は、いい人準備できてますモードだったが、やはり、気恥ずかしい。
結局、居心地の悪い数分間を過ごすことになった。


18:50
童謡ミュージカル、フィナーレ
ここまで、あっという間の2時間だった。

Photo_3

でもまだ、終了予定の20時までは1時間あるぞ・・
恐らく撤収完了が20時で、観客退出の時間をみて、早めにひけて終わるのだな。
このときは、そう考えていた。

くまモンが左袖に帰って行く。
最後の一瞬まで気を抜かず、なにかして驚かせようと狙っている。
くまモンは生まれながらのコメディアンだ。


残すプログラムは「大抽選会」

机が運びこまれて、その上に手提げ袋に入ったプレゼントが置かれる。
ステージ左下には、プレゼント引き渡し所が設営された。

抽選券は手元の座席券。
座席番号と同じ紙がテーブル上の抽選箱に入っている。

紙袋に入っているので、いったいどのような賞品が当たるのかは、まだわからない。
前列の子ども達は、座席券をかざしてそわそわしている。

Photo_4 どうだっ!

18:56
再びくまモンが登場。
くじを引くのはくまモンだ。

くまモンのひみつ

|

2014年1月23日 (木)

くまモンをホールコンサートで見る機会

18:15
プログラム5番「童謡ミュージカル」

ホームページに掲載された情報を見た時は、ストーリー仕立ての演劇を想像していたが、実際には童謡ばかりの歌謡ショー。

メインで歌うのは、そがみまこ。
童謡の普及をライフワークとする女性歌手。

フライヤーによると肩書きは「日本国際童謡館 専属歌手」とある。
日本国際童謡館は、熊本県阿蘇郡西原村に本拠置くNPO。
全国に童謡を普及することを目的としている。
所属歌手は10組(ソロまたはグループ)

来場者に配られた袋には
~阿蘇からの風~
童謡ファミリーコンサート
のフライヤー。
いずれの会場でも、くまモンが特別ゲストに挙がっている。

この日のように座席に座り、くまモンの勇姿を見ることができる。
近くの会場に参加しよう。
そう思ったが、開催はいずれも平日。
できれば、土日にも開催して欲しい。

◆日程
2014年1月31日(金)14:00
神奈川県立音楽堂

2014年2月12日(水)18:30
千葉市民会館大ホール

2014年2月18日(火)18:30
三鷹市芸術文化センター風のホール

2014年2月24日(月)18:30
板橋区立文化会館大ホール

2014年2月27日(木)18:30
市民会館おおみや大ホール

いずれも
大人1,500円(当日1,800円)
子ども500円
前売り券はローソンチケットで取扱中

Photo


「ダイスキ!くまもとファイヤー」
2010年2月にできた熊本県のPRソング
熊本出身のタレントであり「熊本県宣伝部長」のスザンヌが歌っている。

今日は「熊本県営業部長」であり、つい先日「熊本県しあわせ部長」を拝命したくまモンが踊り、そがみまこが歌う。

撮影は一眼レフを持参したが、どれもうまく撮れていない。
暗いところならばフラッシュをたけばよいが、ステージまでの距離があり、フラッシュは届かない。
そもそも、ステージに向かってフラッシュをたくのは、はばかられる。

絶対的な光量が不足しているが、動きはそこそこに速い。
上級者ならば、うまいことシャッタースピードや絞りでやり繰りするのだろうが、当方、そのような技術はない。
だいたい、ホールで行われている公演にカメラを向けるという機会は、一般的に多くはない。

Photo_2

「北風小僧のモン太郎」
くまモンの和風コスプレ。
しばし、カメラをひざに置き、拍手を送ることに専念した。

|

2014年1月22日 (水)

あとぜき 圧倒的な高校生達

17:25
くまもとサプライズ!が始まる。
積極的にステージに駆け上がったモンバイザーをつけた子ども達。
だが、日頃踊り慣れているというわけではなく、くまモンを見よう見まねでなぞっている。
中には完全にかぶりつきくまモンを堪能しているボクも。

1コーラス毎、飛行機の決めポーズ
2回とも観客に背を向けて子ども達に向かって
さぷら~いず
「後ろサプライズ」はなかなかレアだ。

Photo


あとぜきっ!
あっという間の3分間
これが終わると、いつもならば
あぁ、終わった~
となるところだが、今日はこれがオープニングステージ。

3連休の土曜日が終わった時のような心境だ。

Photo_2

あとぜき!
くまもとが大好きでよかった!
などの決めポーズを会場左・中央・右
それぞれの角度で決めて
お約束「シャッターチャンス」

およそ、30分のステージを終えて、くまモンは左手の袖へさがっていった。

つづいて、ステージ後方のスクリーンでは
「パリ等訪問記録映像」
が映写される。
バカラ本社
テディベアのシュタイフ
英国BMW工場
2013年は、くまモンが将来の国際的な活動に向けて、橋梁等を築いた1年。
充実のダイジェスト・フィルムだ。

凱旋モン
には一際大きな(笑)が起きた。

事前に配布された「夜の部program」
によると次は、秀岳館高校「雅太鼓」披露

伝統芸能披露という言葉から連想するのは、おじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさん、ちょっぴり子ども達という団体による、微笑ましい芸。


すっかり、緊張を解いていたところに、暴力的な音が会場をつんざく。
一糸乱れぬ統制
照れを排した真剣な眼差し
飛び散る汗
かと思うと、音楽を楽しむ心からの笑顔

Photo_3


太鼓圧巻
笑顔朴訥
最後は気合いの乱れ打ち

その圧倒的な演奏に拍手鳴り止まず。
一般的には、拍手の物足りなさを補うために言う
「もう1度盛大な拍手を」
という司会者の台詞。
この日は、このままアンコールになるのでは?
と思うほどの高揚をみせている。

「もう1度盛大な拍手を」
と司会者が促すと、我に返ったように、もう1度拍手の音量が息を吹き返す。
顧問教諭のMCはあまりに謙虚だった。

くまモンのひみつ

|

2014年1月21日 (火)

くまもとサプライズ!を見送る

NHK夜7時のアナウンサーのような、司会の女性が右手から現れる。
このようなライブ会場に慣れていないのか、緊張しているのがうかがえる。

ステージには、さっきまで6階ロビーに飾られていたくまモン GO!の模型が鎮座している。
まず、はじめにソラシドエアのCAさんが舞台挨拶。
原稿を読み上げながらも、噛みまくるのが微笑ましい。
緊張が伝わってくる。

挨拶が終わると、熊本県のはっぴを着た数人の男性によって、くまモン GO!の模型が片付けられる。
いきなり主翼を本体から外す。
あ、外れるのか・・
2人がかりで、胴体を大切に抱えて右袖に消えていく。

Photo_2

17:03
2人のお姉さんと共にくまモン登場。
一斉に前列のおばちゃん達が頭上高くカメラを掲げる。
後ろの人のアングルに映り込むことなどお構いなしだ。
液晶モニターを見上げながら、少しでもいいアングルを探している。
コンサートホールに着席しながら、カメラの放列が並ぶというのは異様な光景。

17:05
この日のくまモンファン感謝祭inTOKYO2014に寄せたビデオメッセージが紹介される。
「inTOKYO2014」までしっかり吹き込まれている。
この後、行われる他会場分も同様に収録されているのだろう。

Photo_3


ステージに正座して聞き入るくまモン。
スポットライトに照らし出された後ろ頭の絵が滑稽だ。
そうか、両脇のお姉さんがお団子を結っているのは、くまモンとお揃いなんだ。

最後に流れた森高千里からのメッセージを号令に「くまモンもん」の歌になだれ込む。
改めて言うが、くまモンモンではない。

Photo


踊り終えたくまモン、大歓声に包まれる。
だが、拍手はまばら。
それは誰もがカメラで手がふさがっているからだ。
スマホをかざした手で拍手している人もいるが、あまり音が出ていない。

17:20
つづいて「くまもとサプライズ!」
だが、その前に「一緒に踊ってくれる人ぉ~」とお姉さんが呼びかける。

はぁ~い

黄色い声がして、ステージに呼ばれていく。
千載一遇のチャンス。
これを逃したらもう、くまモンと踊る機会はないかも知れないモン
と思ったが、ステージに上がるのは子供ばかり。

ここで、一糸乱れぬ完璧なダンスを見せたところで
「いやぁ、今日はそういう会じゃないんですけど」
冷たい視線を浴びそうだ。
それ以前に、子供に交じって1人のおじさん真剣に踊るの図
どう考えても、場の空気に合っていない。

ここは、涙を呑んで思いとどまる。

Photo_4

曲に先駆けて、いくつかのポーズを練習する。
おいで!おいで!おいで!
に入る前段「しゃきーん」のポーズは仮面ライダー新1号本郷猛の変身ポーズだったのか。
しゃきーんはほんの一瞬であり、これまで気づかなかった。

あとぜき!は仮面ライダー2号一文字隼人、変身の決めポーズ。
こうした古典にモチーフを求めていることが、このダンスがより輝く理由なのだと知った。

くまモンのひみつ

|

2014年1月20日 (月)

くまもとで待ってる 小山薫堂のメッセージとは?

ステージには大型のスクリーンがあり「くまもとで、まってる。」が流れている。

1度見て頂きたい。
恐らくそのタイトルで頭に浮かんだ映像と、実際の映像は大きく異なるだろう。

kumamoto surprise film「くまもとで、まってる。」
小山薫堂プロデュース



小山薫堂は、映画「おくりびと」やくまモンを生み出した、構成作家でありエッセイスト。

1964年
熊本県天草市生まれ

1985年
構成作家の仕事を始める。

1993年
「料理の鉄人」の構成を担当。

2005年
「dancyu」に連載したエッセイに加筆した単行本「一食入魂-随筆-」ぴあ 出版
どれだけ豪華なものを食べているのか?!
その異次元の食生活には舌を巻いてしまう。

2008年
映画「おくりびと」の脚本を手がける。

2009年
著書「もったいない主義」幻冬舎 出版 熊本県庁「チームくまモン」の参考書となった。

2009年
熊本県アドバイザーの仕事を始める。

2010年
2月、熊本県庁「くまもとサプライズ」の企画会議でくまモンを提案。

フィルムの冒頭、くまモンが語る
「くまもとにはおとうさんとおかあさんを連れて行きたい場所があります」
というキャプションがある。

「夜の部」のビデオメッセージで小山薫堂が「近々、発表があります」と言っていた。
恐らく、このあたりに絡むのではないか。

Photo_3


前方3列の親子連れは、受付で配布されたモンバイザーをつけ終えている。

モンバイザーとは、紙でできたくまモンのサンバイザー。
着席のイベント会場などで参加者に配られる。
去年夏、くまモンスクエアでは配っていなかった。

しばらく様子をうかがっていたところ、周囲の大人達も、前方に倣えと付け始めた。
待ちわびていた気持ちをくまモンに伝えるために、カバンから取り出す。
切り欠きの1番端っこどうしを留めると、頭の大きい大人(自分)でも被ることができた。

くまモンのひみつ

|

2014年1月19日 (日)

くまもとサプライズを貫く精神

物販ではくまモンの「鈴」と「マグネット」を購入。
いずれも、近々100均一で買おうと思っていた実用品。
ちょうどよかった。
コレクターグッズが実用を伴う時、その価値は増幅して大きくなる。
さっそくくまモン鈴をキーホルダーに付ける。
後でわかったことだが、鈴をつけてランニングをしていると犬が盛んに寄ってくる。
「猫の首に鈴を付ける」という故事があるが、鈴が鳴ると猫がきたと勘違いするのかも知れない。

15:45
座席の抽選が始まる。
くじでその日の座席が決まるというのは、初めての経験だ。
くまモンスクエアでは、早く来た人がそれとなく好位置を確保。
子ども達はステージのかぶりつきに集められる。
この日引いたくじの券面を見て、かなりいい席だと予感した。

スピーカーからは、D7で行われている「昼の部」最終回の音声が流れている。
「くまもとサプライズ」では、希望者をステージに上げているようだ。
これは夢にまでみたくまモンと一緒に踊るチャンス。

「くまモンのひみつ」からリンクしておいた「くまもとサプライズ」カラオケ映像を見て、振り付けをチェックマ。

椅子に座って、人々を見ている。
ここに来ている人は例外なくくまモンのファン。
くまモンのポーチ、トートをもった女性が散見される。
くまモングッズを持ち歩いている人を、実生活では初めて見た。
物販コーナーには、昼の部に入場できなかった人、夜の部を待つ人が錯綜する。
さっきまでの閑散が嘘のよう。

くまモンスクエアでもそうだったが、コアなファンは圧倒的に女性比率が高い。
大人の男は、おおっぴらに「くまモン大好き!」とは言いづらいのである。
こうして1人、ここに来た僕も、傍目にはくまモンファンだと悟られるような目印は身につけていない。

小さい子供が、限定モノのくまモンチェキを買って欲しいと親を説得している。
今そこで聞いてきた機能や価格を比較しながら説明する。
コジマの店員かっ

そんな、お金はないよという母親。
しぶしぶ、引き下がるかと想ったら、値段の安いものを探しに行った。

夜の部はお一人様ごとの抽選なので、2人連れは物販で帰るのだろう。
とこの時は考えていた。

16:53
入場が始まっている。
階段を上りきると、ホールD7の右手から入場。
引き出し式の座席は「A」列からだが、ステージとの空間に「XA」~「XC」3列の臨時席が設営されている。
そこには親子連れが陣取っていた。
ここでも、くまモンスクエア同様、こどもを大切にするくまもとサプライズ・プロジェクトの精神が貫かれている。

抽選の時にもらったフライヤーが詰まった袋はカバンに仕舞ったまま。
なにやら大きな箱が入っている。

Km_tkf

フジバンビ提供のシールは11種類の絵柄のくまモン。
冬場のイベントということもあり、マフラーを巻いた絵柄が2つ入っていた。

くまモンのひみつ

|

2014年1月18日 (土)

くまモンTシャツ くまモン GO!

ミニカーもう一点は、2013年10月に発売された
「ドリームトミカ くまモン」
こちらは一般販売品。
店頭やWEBで買うことができる。

「くまモンMINI ミニカー」
縮尺は1/16程度。
ミニカーと呼ぶには大きい。
プラモデル・サイズだ。
見る限り塗装は粗く、いかにも一点モノ手作りの様相。
それだけに余計に欲しさが募る。

Mini


左側にあるのはくまモンMINITシャツ。
2013年8月、くまモンMINIのディーラー展示に合わせて作られた。
こちらは1,890円。
MINIディーラーの一部店舗で販売していた。

色は黒の1種類。
胸にくまモンMINIに乗るくまモン。
袖にMINIのロゴが入っている。

Tシャツの手前に見えているのは、くまモンMINIのステッカーか。
恐らく、くまモンMINIのディーラー展示時、来場者に配られたものと推察する。

つづいて窓際に展示してあったのは「くまモンGo!」のミニチュア・モデル。
くまモンGo!はソラシド エア(Solaseed Air)が空恋プロジェクトで運航する、くまモンが描かれた飛行機。
以前、Qちゃんをサポートしていたこともあるスカイネットアジア航空(本社宮崎県宮崎市)は、社名はそのままに、2011年7月よりソラシドエアというブランド名で営業している。

Go


くまモンGo!はボーイング737-800型機の802X号、1機のみ。
必ずしも熊本発着便で使われるというわけではなく、路線は日替わり。
ソラシドエアのあらゆる路線に使用されている。

くまモンGo!を見るために空港に行くならば、毎日14時頃、翌日以降3日間の運航予定がウェブサイトに掲載される。
ソラシドエア 空恋プロジェクト
で検索するとよい。

契約期間は1年間の予定。
2013年3月26日に就航しているので、あと数ヶ月で姿を消すことになる。

物販コーナーはくまモンの書籍とグッズ。
熊本物産展のようなものを想像していたので、少し勝手が違った。
6Fロビーはもともと、D7ホールの待合室。
催事場のようなスペースではないため、手狭さは否めない。
来年は、ホールB5で大々的な熊本&くまモン展示会にしてもらいたい。

くまモンのひみつ

|

2014年1月17日 (金)

くまモンMINI ミニカーが存在していたとは・・・

「くまモン meets バカラ」のとなりにあったモノこそが、この日もっとも男心をくすぐられた。

 

「くまモンMINI」は、2013年夏、くまモンがBMW英国工場を訪れた際、お披露目された特別仕様のミニクーパー。
その後、日本に搬送されて、くまモンスクエアオープン日には、くまモンがくまモンMINIの助手席に乗って出勤した。
そのくまモンMINIはソフトトップのオープンカー仕様。
くまモンは幌を開けて乗車した。

 

その後、8月から全国の「MINI」ディーラーで展示された。
展示された車両は、オープンカーではなくハードトップ。
1台だけではなく、複数台数がつくられた。

 

左右の扉には二次元くまモンがカットシートを貼り付けてデザインされている。

 

 

テールランプのヨコにはくまモンの足あと!

 

 

ヘッドランプには、くまモンの瞳が描かれているが、これは公道を走行する際は、取り外す規程になっている。

 

*写真はいずれも、2013年9月 「MINI世田谷」のご厚意により撮影させていただいた。

 

BMWは「くまモンMINI」の宣伝効果でディーラーへの集客数を14%伸ばし、広告費換算金額は5億円と報道された。

 

 

さて、くまモンファン感謝祭inTOKYO2014、物販会場に展示されていたのは、ディーラー展示仕様の「くまモンMINI ミニカー」
非売品である。

 

ちなみに、くまモンのミニカーは、既にトミカにより2種類が製造されている。

 

最初に出たのは(株)タカラトミーの2013年3月期・株主優待プレゼント。

次の2点が100株以上1,000株未満の株主に贈られた。
 「くまモン」をデザインしたオリジナルトミカ
 「くまモン」オリジナルフィギュア
この株主優待品は、ヤフオクに多数出品されている。

 

 

もう一点は、2013年10月に発売された
「ドリームトミカ くまモン」
こちらは一般販売品。
店頭やWEBで買うことができる。

 

 

くまモンのひみつ

 

|

2014年1月16日 (木)

くまモン初アルバム くまモンバカラ

「昼の部」「夜の部」のショーが行われたのはホールD7。
引出し式の座席を採用しており、前方半分の座席は、後方座席の床下からせり出してくる。

最前列はA列。
ステージに向かって左が1番、右に向かって数字が大きくなる。
A-11が最前列ど真ん中といえる。

そのホールD7専用ロビーが6階ロビー。
来客は6階でエレベーターを降りて、6階ロビーを通り、階段でホールD7に上がる。

物販コーナーが設営された6階ロビーに入ると、まずはじめに「くまモンとあそぼ!」のフライヤーを渡された。
フライヤーというのは、ペラチラシのこと。
主に音楽業界で使われている言葉だ。

「チラシ」と言うより専門性が高そうな錯覚を与えることから、DMや会報誌などに封入するチラシをこう呼ぶビジネスマンもいる。

くまモンの音楽CDは、2013年9月に「くまモンもん」が出ている。
森高千里が歌う「くまモンもん」と、くまモン体操の歌「くまもとサプライズ」の2曲収録。
いわば、シングル盤だ。

一方「くまモンとあそぼ!」は10曲を収録。
いわゆるアルバムである。
ふなっしーとは違い、くまモン自らが歌うわけではないので、
「CDデビューなっしー」
「デビューアルバムなっしー」
ということはない。

フライヤーではくまモンの写真に
「ボクのCDが出るモン!」
というコピーが添えられている。

これに4曲収録のDVDがついて2,415円。
CDは再販価格維持商品だが、DVDは値引きできるため、DVDに対する値引き分があり、amazonでは1,980円で販売されている。
発売は2014年3月12日。
くまモンの誕生日だ。

入口のカウンターには「くまモン meets バカラ」
39,900円

Photo


バカラ(Baccarat)はフランスのクリスタルガラスメーカー。
1764年にアルザス・ロレーヌ地方で生まれた。
高度なカッティングが施されており、ほとんどの製品が15,000円を超える。

これを贈る側は「贈った~」という達成感があるが、贈られた側には重圧がかかる。
なにせ重い。
もしも落として割れたら関係にヒビが入りそうで、グラスは使うのに冷や冷やもの。

バカラを楽しむならば、使う度に損壊のリスクがある食器は避け、オブジェ・灰皿など置いたままで使うものが望ましい。
そういう意味では「くまモン meets バカラ」は、もっともバカラらしい逸品と言えるのだ。
現在は、日本橋三越本店などのバカラ取扱店で販売している。

くまモンのひみつ

|

2014年1月15日 (水)

絶好の立地、東京国際フォーラム 絶好のくまモン日より

夜の部は17時開始。
その前に16時頃から座席抽選の受付が始まる。
一方、昼の部は16時に終了する。
物販は20時過ぎまでおこなっている。

そこで、次の計画を立てた。

15時前、東京国際フォーラムに到着。
昼の部の最後に滑り込む。
もしも、入場制限で観覧できなかった場合は、そのまま物販コーナーに回って、くまモングッズと熊本の名産品をチェックマ。
16時の座席抽選を済ませたら、引きつづき物販を散策。

「暦の上では大寒」
というが、2014年の大寒は1月20日。
気温が0度を下回る日を「冬日」と言うが、温暖化により平成以降大変少なくなっている。
東京では冬日が希であることから「希少冬日」という言葉もできた。
明日はその「希少冬日」の可能性があると前日の天気予報が言っていた。

冬場の東京は雨が降らない
朝のうち、雲がかかっていた冬の太陽も、次第に雲が太平洋に退いて顔を覗かせている。
体感温度を下げる風も、この日は穏やか。
絶好のくまモン日和だ。屋内だけど。

有楽町の駅に着いたのは14:40
田舎ならば、イベントに向かって人の流れができるので、すぐにそれとわかる。
だが東京では至る所に人がいて、行列ができる。
少々賑やかでも目立たない。

数あるイベント会場の中でも、東京国際フォーラムは、その立地のよさが群を抜いている。
「東京」駅の1つとなり、山手線の駅「有楽町」から徒歩0分。
ここからさらに電車を乗り継ぎ、長時間揺られなければならない催事場と比べて、とにかく地の利がいい。

東京国際フォーラムの入口にある催事ボードで、くまモンファン感謝祭inTOKYO2014を確認。
しかし、それは1日に何組も執り行われる結婚式の披露宴会場に似て、数ある華燭の1つに過ぎない。

まず、会場のD棟に入ると熊本県のはっぴを着た兄さんが、エレベーターの前で人をさばいていた。
「夜の部は、15:30頃D棟入口あたりで声を掛けますから」

昼の部はというと、船をイメージしたガラス棟に沿って、雨が降っても濡れないアトリウムに行列が配されている。
200人から300人というところか。

「ただいまお並びいただいても、15:30からのグリーティングにはご参加いただけない場合があります」
はっぴを着た兄さんが、繰り返しハンドマイクでがなる。
昼の部、最終回への入場は難しそうだ。

15時を回ったところで「ただいま、入場定員に達しました。これから先は物販のみの対応となります」
トランシーバー&インカムが低価格で普及したおかげで、広いエリアのイベント運営は劇的に円滑になった。

今日、くまモンに会える可能性はなくなっている。
それでも諦めきれないのか、あるいは事態がよく飲み込めないのか、列を離れた人はわずか。
大半はそのまま行列にとどまっている。

Photo

やがて、行列の先頭に出ると、小集団に区切られて、係員の先導によりD棟のエレベーターホールへ向かう。
エレベーターを降りるのは6階。
そこには、8cmほどの厚みがあるくまモンが待っていた。

くまモンのひみつ

|

2014年1月14日 (火)

くまモンファン感謝祭inTOKYO2014 夜の部 選ばれるという記憶

くまモンファン感謝祭inTOKYO2014
「夜の部」の演目は次のように告知されている。

17時~20時
東京発!くまモンミュージカル(くまモン隊withそがみまこ)
伝承芸能披露(雅太鼓)
熊本県産品等が当たる大抽選会

Tyusen

ミュージカル・・というのは寸劇のようなもの?
くまモンのコスプレ・エンターテイナーとしての一面が見られるのだろう。

そがみまこ
そがみ・まこ?
そが・みまこ?

学生時代、熊本出身でソガくんと言う友だちがいたことを思い出す。
熊本出身のタレントさんなのだろうが、ばってん荒川のような人だろうか。

ネット情報の文字で見ただけでは
個々の演目のいずれかが、強く心に響くというわけではないが、
それにしても3時間は長い。
その半分にくまモンが登場したとしても、くまモンスクエアのステージ3回分だ。

しかも"参加者限定"ということは、当選した場合、その時間に行けば確実に見られる。
30分のステージを見るために、5時間待った暑く熱いくまもとの1日。
それと比べれば、この参加権は、まさにプレミアチケットだ。


この時は、座席の有無には考えが及ばなかった。
もし当日、3時間立ち見です
と言われれば、わっ厳しいなと思うだろうが、じゃ帰りますかと言われて帰るわけがない。

2013年12月31日
テレビには紅白歌合戦
綾瀬はるかが、徐々に紅白への注目度を高めていた。
くまモンのツイで、彼がどこかで登場することは周知されている。
その出番はまだかまだかとチェックましていた時。
くまモン東京スタッフのツイが流れた。

ただいま、当選者にメールを送信中です。

今年もあと数時間と押し迫った年の瀬。
こうして一生懸命働いている人がいることを想う。
こたつにみかんはなくても、こうして平和な国で、無事に紅白歌合戦を見ていられること自体が貴重なことだ。


くまモン、紅白最初の出番は楽屋でのにぎやかし。
意を決したかのように暴走に徹するふなっしー。
一方、戸惑うくまモン。
今日はいい子モードだ。

全身で表現しているから、果物を拾う姿にすらくまモンのいい子ぶりがみえて微笑ましい。


22時過ぎ、当選メールは来ない。
もうダメかなと諦めていたところに、再びくまモン東京スタッフのツイ。

まだ作業中です。

その直後、当選を知らせるメールが届いた。
メールで当選の知らせを受け取るのは、東京マラソン以来だ。

選ばれると言うことは、それだけで嬉しい。
人となりが評価されるわけでもない。
功績があるわけでもなければ、実績はなかなか認められない。
人は生まれて来る時に高い倍率を突破して選ばれる。
だが、生まれ落ちてからは、それほど選ばれし人になることはない。

会社に選ばれる。
伴侶となる人に選ばれる。
一般的な人にとってそれらが2大イベントと言えるだろうが、それも数が多くはない。
というより、少ない方がいいと言われている。

最後に選ばれたのは、いつだったか。
それは遠い記憶になりがちだ。
だから、選ばれるということに懐かしさがある。

くまモンファン感謝祭inTOKYO2014
が数日後に迫った日
当日の行動計画を立てるためにブラウザーを起動した。

くまモンのひみつ

|

2014年1月13日 (月)

希に見る真摯なツイ!くまモンファン感謝祭inTOKYO2014

ツィッターは見逃したくない情報を極力見逃さないツールだ。
だが、時にして、想定していなかったような情報に出くわすこともある。

ツイ、見逃してしまった
ではスマされないような気になる情報
それは大好きなアイドルであったり、商品だったりする。

かつて、それは情報を発信する側、だいたいは商売をする側からメールマガジンという形で囲い込んだファンに対して行われてきた。
だが、現代のお客は囲い込みを嫌う。

商売をする側が、これ幸いとばかりに、ファンが興味を持つもたないに関わらず、広告宣伝メッセージをこれでもかと送りつけるからである。

一方、ツイッターには人格がある。
正確に言えばツイッターアカウントに人格がある。

ファンはフォロウすることで、そのツイすべてを受け取るのだが、あまりに広告色が強すぎると、愛想を尽かしてフォロウを解除する。
そこには、面倒なメルマガ解除の手順はない。
一旦、メールアドレスなどの情報を相手に引き渡すこともない。
完全に匿名とはいかないが、手軽さはウェブページの閲覧と大差ない。
それでいて、肝心のプッシュ情報は見逃さず、受け取ることができる。

tweetする側には、ファンにとって有益な情報、ファンに幸せを感じてもらえる情報は何かという視点が必要なのである。

「夜の部の応募、1月10日の応募が少ないです」

そういった主旨のツイが書かれていたのはクリスマスの夜。
くまモンの東京での活動をサポートする「くまモン東京スタッフ」アカウントだ。

これまでにも、応募者を募るツイは他で見たことがあるが、その状況を教えてくれるツイは初めて見た。

Open

くまモンファン感謝祭inTOKYO2014は
東京国際フォーラムで3日にわたり開催される2014年関東地区のファン感謝デー。
2014年1月11日(土)~13日(月・祝)の3連休で行われている。

2014のくまモンファン感謝祭は、東京を皮切りに全国4都市(東京、大阪、福岡、熊本)開催。

会場は東京国際フォーラムD棟6階及び7階ホール
入場無料

●昼の部 11時~16時
くまモン新春ステージ(くまモン体操、くまモンもん他)
グリーティング
伝承芸能披露(雅太鼓)
ワークショップ(「光の箱」ほか)

入場は自由なのだが、会場は手狭であり長蛇の列。
小ホールで行われるくまモンのステージは座席がいっぱいになった時点で、入場終了となり、次回を待つことになる。

東京国際フォーラムに着いたら、まず行列に並ぶ。
それは何に並んでいるかというと、D棟6階に登るエレベーターだ。
行列はエレベーターの前ではなく、舟の形をしたガラス棟沿いにできている。

最終15時30分のグリーティングまでに入場するには、朝1番で決断して東京国際フォーラムに向かうことが懸命だろう。

夜の部は事前抽選で参加車が確定しており、当日に行っても入場はできない。

クマクマスの夜、くまモン東京スタッフのツイを見て、
ツイに東京でのくまモン追っかけ活動を開始することにした。

つづく

くまモンのひみつ

|

2014年1月12日 (日)

「坂道のアポロン」の足あとをたどる 眼鏡岩

長崎オランダ村の翌日は
「坂道のアポロン」の足あとをたどる。

佐世保北高出身と推察される小玉ユキが描いた漫画「坂道のアポロン」は佐世保を舞台にしている。
主人公たちが連れだってピクニックに出かける先の1つが「眼鏡岩」だ。

高校時代「眼鏡岩にいかんや?」という友だちは1人もいなかったので、その名前すら知らなかった。
「坂道のアポロン」でその名を知った時、なんの根拠もなくそれは川棚のほうにあるのだろうと考えていた。
佐世保もんにとって、自然あふれる名所は川棚のほうにあるものなのだ。
(考えには個人差があります)

高校時代の友だちに「坂道のアポロン巡礼で、眼鏡岩にドライブせんや?」と声をかけたが、誰からも反応がない。
しかたなく、1人運転席に座り、カーナビに「めがねいわ」と打ち込んでみた。

到着予想時間20分後

って、ちかっ!

それは、佐世保市内の中心部にあった。

登り口がわからず、遠くに車をとめて徒歩で向かう。
記録的な暑さの夏に、苦行かっ!
と言いながら、石段を登る。
恐らく心拍数は有酸素閾値を超えているはずだ。

Me1



お盆とはいえ西蓮寺の境内は、人影もまばら。
そもそも、正月以外に佐世保で神社や寺が混んでいるのを見たことがない。

境内のそばには駐車場があった。
なんだ、車で上がれたのか・・

そこから、眼鏡岩の看板をおいかけて、市内の方角へ歩く。
高い木々の陰があり、直射日光は照りつけないのだが、それでもハンドタオルを左手に握りしめていなければ、額の汗が気持ち悪い。

しばらく歩いた先には小学校の運動場のような、ざらざらとした土の広場。
そのむこうにお目当てのそれが鎮座していた。

Me2


そばに立っている眼鏡岩案内図によると、この穴は昼寝をしていた大鬼が、うーんとのびをした時、両足が当たった岩に穴があいた、ということだ。

穴をくぐって、奥に進むとそこは雑木林。
下手にそれ以上踏み込むと遭難しそう・・
というより、蚊に刺されそうなのでやめておく。

裏側からみる眼鏡岩。
自然の造形にしては不思議な形だ。
これならば、鬼が蹴ってあけたという説に賛同したい。

Me3


考古学者のように、あらゆる角度からカメラに収めている間、檀家の家族がひと組訪ねてきただけ。
小ぎれいによそ行きを着た小学生の女の子は、お坊さんに礼儀正しく挨拶をしたが、こちらの眼鏡岩には一瞥もくれなかった。

件の案内板をいま1度、最後まで読む。
春は桜、秋はもみじが美しいとある。
夏真っ盛りに来る人はあまり居ないということだ。
ましてや、市内の若者がドライブに行くわけもないか、と独りごちたのだった。

|

2014年1月11日 (土)

2年ぶり、長崎オランダ村を尋ねる。

くまモンスクエアで、くまモンを堪能した熊本デーから一夜明けたその日は、2年ぶりにこの村にやってきた。

 

Hv


長崎オランダ村である。
公園として公開されていると聞いて訪れてから2年、その後、なにか変化はあっただろうか。

 

受付で住所、氏名を書いて、首から提げる名札を受け取る。
これは2年前と同じ。
入場料はかからない。

 

外は記録的猛暑。
40度を超えたと報道されている四万十ほどではないが、九州の西の端、長崎も例外ではない。


「中には自販機とか、ありませんよ」
水分補給は大丈夫かと気遣ってくれる係員の方。
恐らく、ここオランダ村を管理している西海市の職員だろう。

前にも来ましたから、大丈夫ですよ。
とリュックから、ゼリータイプのOS-1を示してみせる。


アコーデオン・カーテンを開いて園内へ。
再びアコーデオン・カーテンを閉める。
そうしないと、事務室が蒸し風呂になってしまう。

入場してすぐのエスカレーターは、もちろん動いてはいない。
ただ、2年前張り巡らされていた蜘蛛の巣はキレイになくなっていた。
地面の掃除も行き届いており、小ぎれいになった。


Hv2



海辺を見つめる彼らも、2年前と同じように海を見ながら語り合っている。
その先に見える海も空も建物も
完全に時が止まった町(あ、村か)

これほどまでに、変わらない場所は、今やどこにもないんじゃないか。

Kmhv

かつては、勢いよく周り、国道を走るドライバーの目を止めた風車は、もう随分長く回っていない。

いつも真夏にしか来られないので、長居は無用になってしまう。
できれば、春秋の過ごしやすい時に来て、ゆっくり過ごしたい。
この村が身近にある西海市の人たちは幸せだ。

2年前にはお帰りにアンケートがあり、木靴のキーホルダーをもらったが、今はやっていなかった。

|

2014年1月10日 (金)

心拍トレーニングへの入門を模索する

三村さんの靴「MIMURA PREMIUM」が手に入った。
三村さん直伝の「三村メニュー」が手に入った。
従って、2014年のマラソンは生涯自己ベストを狙う。

そのためには、できることはなんでもする。
まずはじめに取り組んだのは、心拍数トレーニングに入門することだった。

2009年シーズンから愛用しているGPS、ガーミンフォアアスリートには、ケーデンスモニターという胸ベルトを装着して、心拍数を記録する機構がある。
この次にGPSを買い換える時は、ケーデンスモニターとセットで買うと決めていた。

そこで、ネットを検索すると、胸ベルトをつけないでも、リアルタイムで心拍数がわかるスポーツ・ウォッチが2点、売られていることがわかった。

はじめにみつけたのは、オムロン脈拍計HR-500U。
日本メーカーで初めての光学式リアルタイム心拍計。

「光学式」とは、腕時計裏側の光学センサーで心拍数を読み取る方式。
胸ベルトをつけることなく、リアルタイムに心拍数がわかる。
そのデータはパソコン、スマホで管理できる。

リアルタイムで心拍数がわかるといいな。
過去8シーズン、マラソン・トレーニング中にはいつも考えていた。

練習では、様々に負荷を変えて数値をみることで、自身のATペースを知ることができる。
マラソンレースでは、そのATペースを守って走ることで「飛ばしすぎ」または「楽し過ぎ」がなくなるはずだ。

オムロンHR-500U
■光電センサーで手首甲の毛細血管から運動中の血流を捉えて計測。
■実勢価格:12,000円

■電源:充電式リチウムイオン電池
■充電時間:2.5時間
■使用時間 : 約8日間
■バックライトあり

運動負荷に色が変わるインジケーターなので、一瞬で負荷がわかりやすい。
計測できるのは、脈拍数、距離、時間。

これは即ゲットだ!
と[注文する]をクリックしそうになったが、競合商品の有無をしらべてからでも遅くない。
そう思いなおし「光学式 心拍計」で検索した。

新コース2度めの長野マラソン

|

2014年1月 9日 (木)

一瞬のキャンセル枠を即ゲット!

長野市内のホテルは全滅。
予約する日付をまちがえていたのが、悔やまれる。

いくつかのホテルからは、言いにくそうに「うちはそういうホテルではないので・・」という反応が返ってきた。
ラブホテルだったようだ。
他に宿がとれない場合は、ラブホテルに1人で泊まる。
それも、最後の手段として念頭に入れておく。

「旅行会社に渡している」と答えたホテルがあったので、旅行会社を数軒訪問。
往復新幹線切符とのパックで申込みをしたところ、販売前と言うことだった。
恐らく、大会本部が一括して押さえている中に含まれているのだろう。

予約失敗以来、いくつかのホテルのウェブサイトをブックマーク。
空き状況を確認する。
数日後、それまで空室ありだった「東横INN上田駅前」までもが「空室なし」に変わった。
上田駅は新幹線で長野の1つとなり。
受付をした後、上田まで戻って泊まろうというランナーがいるのか。

乗り換え案内で検索すると、長野-上田は新幹線でわずか12分。
確かにこれならば、全然問題ない。

だが朝がいけない。
レース開始に間に合う時間帯には、まだ新幹線が走っていないのだ。

上田ー長野は在来線で42分。
7時10分までに北長野に着くためには

5:32上田発 しなの鉄道(長野行)
6:14長野着
6:31長野発
6:35北長野着

会場まで徒歩20分として、スタート1時間40分前に着く。
起床時間は3時になってしまう。
いくらなんでも早い。

やはり長野駅周辺に泊まりたいところだ。

長期戦を覚悟しつつチェックしていたところ、エントリーから2週間後、東横イン長野が
ほんの一瞬「空室あり」となった。

宿は押さえたものの、エントリーできなかったランナーがリリースしたのか。
これで、旅回りを確保。

ランニング開始まで、あと2週間。

新コース2度めの長野マラソン

|

2014年1月 8日 (水)

長野マラソン 宿の予約に苦戦する

ランネットで、長野マラソンエントリー枠を確保。
さて次は宿の確保。


旅マラソンで訪れた加賀温泉、佐倉朝日、とくしまでは宿の確保は容易だった。
だが、長野だけは難しい。
1万人というランナー、善光寺を中心とした観光客が集中する休前日。
ただ、難しくしている理由は他にもある。


長野マラソン公式サイト>宿泊
準備中
決定次第お知らせします。

依然として、情報は変わっていない。


数日前、大会エントリーに先立つホテル確保に失敗していた。
6ヶ月前から受付開始となるホテルに予約を入れようと準備していたのだが、10月20日に日付が変わる前、ウェブサイトをチェックすると、既に満室を示す「空室なし」の赤い字。

宿泊が大会前日であることを忘れていた。
1日間違えたのである。

即座にGoogle map で長野駅を検索。
長野市中心部のホテルに電話を掛ける。

■ホテル名
 長野マラソン前日の予約受付開始時期

■ホテル日興
 特になし いつでも

■ホテルニューナガノ
 特になし

■JALシティ長野
 特になし

■サンルート長野
 1年前

■アイランド
 1年前

■ナガノアベニュー
 公式発表翌日

■プラザホテル
 6ヶ月前

■コンフォートホテル
 6ヶ月前

■東横イン
 6ヶ月前 *会員のみ

■長野第一
 1年前

■セントラルホテル
 JTBに提供

■チサングランド長野
 JTBに提供

■リンデンプラザホテル
 全部屋旅行会社委託


直接かけてみて、初めてわかることだが、半年前といわず、もっと前から動いていればよかったのだ。

いくつかのホテルは、前年大会時点で「来年もよろしく」というリピーターで、ほぼ部屋が埋まってしまうと言う。

新コース2度めの長野マラソン

|

2014年1月 7日 (火)

ローソン スイーツおせちもね

お正月、おせち料理は食べましたか?
おいしいですよね、おせち。

好きなものはそこそこに。
あまり、そうでないものも、縁起物だからと満遍なくつまむ。
朝から呑むビールも美味い!

1月2日、3日・・・
おせちが重箱から皿に移り、最後の皿もなくなってしまうと、正月も終わりだなと少し寂しい。


若い頃は、おせちにこだわりはなかったのです。
「おせちに飽きたらカレーもね」というコマーシャルをみると、いや、おせち飛ばしてカレーでいいです。
と思っていました。

雑煮は今でもダメです。
まぁ、話がそれるので雑煮の話は抜きで。

ところが、年を重ねるうち、おせちにこだわりがでてきたのです。
おいしいものを少しずつ、多品種少量。
日頃、なかなかお目にかかれないメニュー構成です。

もちろん、それを家族そろってつつけば、なおさら結構。
でも、その話を追求するのが主旨ではないので抜きで。

おせちというのは、多品種を少しずつ。
たとえば数の子が5本あって、家族が4人とします。
あなたは、数の子が大好き。
家長であるあなたは、じゃまず数の子から・・
と言って5本とも自分の皿に移してしまう。

まず、そんな人はいないでしょう。
大人にとって、おせちの食事は人柄が透けて見えるものなのです。

ところが、多品種がすべて1個ずつだったとしたらどうなるか。

Osechi


写真は2014年正月にローソンが発売した「新春スイーツおせち」
お店で見た時に、家族で仲良くつつくシーンが浮かびました。
これは面白そうだ。

誰か1人が"栗きんとん"役の栗ケーキをとってしまうと、あとの人たちはもう食べられない。
誰もがいい思いをしたい、他の誰かと同じように。

そこには公平なルールが必要です。

予め「年齢順」「じゃんけんで勝った順」といった優先順を決めたうえで、順番に1つずつ取っていくというルール設定が妥当でしょう。

でも、仲のいい家族ならば
「あ、これ栗がすごく濃厚!たべてみ」
と途中で回す。
金粉のかかった豆や生チョコは1つずつ分け合えそう。


「おせちに飽きたら、スイーツおせちもね」
キャッチコピーも決まったところで、購入を決断。
さて、いくらかな?

すると、商品に値札がついていない。
棚にもない。

40枚集めると、ミッフィーカレープレートがもらえるというシールは3枚貼られている。
このシールは100円につき1枚のレート。
となりにあるシール3枚貼りのデザートは395円。

これだけの分量で395円?
いや、それじゃ安すぎるか。

これ、いくらですか?と聞きたいところだが、店員さんはそばにいない。
レジでバーコードがぴっと当たる。
価格を示すディスプレイに表示されたのは 1,500円

思わず吹き出した。
商品に値段を書かないこと、棚にも書かないことは、いったい誰が判断したのだろう。

|

2014年1月 6日 (月)

緊張の朝、長野マラソンエントリー

8:00
起床
パソコンを立ち上げて、ブックマークしておいたランネットのエントリーページを表示。
昨日と同じ、エントリー開始前の画面が表示されている。

2013年10月26日 エントリー開始
と書いてあるセルが「エントリー」ボタンに変われば、受付が始まったことを示す。
果たして、そのボタンにつながるまでにどれくらいの時間を要するだろう。

ここまできちんと準備をしてきたので、意外とあっさりつながるのか。
それとも「Internet Explorerはこのページを表示できません」といった途方もなく遠いページが開くのか。


生涯ベストタイムを狙うために、長野マラソンのナンバーカード確保は欠かせないピース。
いつか、生涯ベストを狙うシーズンが来たら2度めの長野を走りに行こうと、前回走った時に決めていたのだ。

9:45
缶コーヒーを置いて、パソコンの前に着席。
静寂は緊張感が増すので、音楽をかける。
ウォークマンのリストから選ぶのは
「とくしまマラソン2013」セットリスト

9:56
スマホを起動して、ランネットのtweetをチェック。
すると 9:40にtweet が出ている。
「ページにアクセスして10時になったらページを更新してください」
危ないところだった。
10時になったら、お気に入りのリストから起動しようとしていたのだ。

10:00
初マラソンから8年連続でセットに入れている、Char「A fair wind」が流れている。
電波時計で、正確な時間をチェック。
パソコンの時計は 31秒進んでいた。

リロードの待ち時間を示す画面が出た!
正常だ。

以前のランネットでは「5,900人待ち」といった、待ち人数を表示する画面が出ていたが、2013年春にシステムが改訂されて、現在の仕様に変わった。


秒数が30からカウントダウンされて1になる。
だが、まだ空きがない。
1は30に変わり、再びカウントダウン
3回つづいた
よし、このまま待てばいい
それだけでも安心感がある。

事前チェックしていたから得られる安心感だ。
もしも、この画面構造を事前に知らなければ、よけいなことをして、さらにボタンが遠のいたことだろう。

10:03:30
待機画面に表示が変わった
おぉ速い

印刷して置いた質問の答え
クレジットカード情報
調べて準備しておいた通り、焦らず速く打ち込んでいく。

10:05:56
エントリー完了

同時に「エントリー完了」メールも到着した。

10:12
ランネットのtweet
「定員の1/2の受付件数を超えました」

10:28
ランネットのtweet
「定員に達したためエントリー締切になりました」

ランネット枠9,000人が30分足らずで終わってしまった。
別途1,000人のコールセンター枠があるが、そちらもつながりにくいことだろう。

かつては5時間待って、ようやくエントリーということもあった。
5時間待って、ダメでしたということもあった。
それは、コンピューターシステムが未発達の段階にあったということだろう。

 

さぁ、あとは宿の確保だ。

新コース2度めの長野マラソン

|

2014年1月 5日 (日)

生涯ベストタイムを狙うコース選び 2つのポイント

号砲に縁を結び8時30分に目覚ましをかけているが、その前に何度も目が覚める。
長野マラソン、エントリー開始日の朝。
「開始日」と言っても瞬時で受付終了してしまうのが長野マラソン。
開始日というよりは「受付日」というのが近い。

靴はオーダーメイドのMIMURA PREMIUM。
三村仁司さんから渡された強化トレーニングメニュー。
これだけの条件が揃ったからには、次のレースは大きな目標に挑まなければならない。
それは生涯ベストタイムだ。

ベストタイムを狙うためのコース選びには、2つのポイントがある。

1.1度走ったことがある。
2.風の影響を受けない。

1度走ったことはあるが、屈指の難コースを選んではいけない。
過去に走ったコースの中で、最もタイムが出やすいコースだ。

さらにそこは、風の影響を受けないコースでなければならない。
前回走った時は、たまたま風がない日だったとしても、今度走る時は強風が吹く可能性はある。

どうか、風が吹きませんように
と祈ることはできても、人は風を制御できない。
だが、風の影響をうけにくいコースを選ぶことはできる。

風の影響を受けにくいコースとは、曲がり角が多いコースである。
ある局面では逆風を受けたとしても、右折してしまえば横風になる。
風にはある特定のランナーに対して、逆風を吹かせ続けるという器用さはない。
こちらが曲がってしまえばよいのだ。

ところがマラソンでは、1ウェイコースが多い。
1本の道をひたすら右左折なく道なりに走る。
折り返し点からは、同じ道を戻ってくる。

もしも、コースと風向きが平行になった場合、半分の21kmが逆風になってしまい、好タイムは望めない。

逆風はランナーから、タイムか体力、いずれかを奪う。
体力を温存しようと、同じ心拍数で走っていればタイムを失うし、
なにくそ!とタイムを維持すれば心拍数が上がる。

過去に走ったレースの中で、曲がり角の多いコース。
東京マラソンと長野マラソンがこれに当たる。

東京マラソンの場合、抽選で当たらなければならない。
長野マラソンは、東京マラソンに次ぐ人気大会でありながら、依然として「先着順」を維持している。

新コース2度めの長野マラソン

|

2014年1月 4日 (土)

まる1日をかけて、懐かしい博多の街へ。

17:35
わずか10分で、ワゴンが戻ってきた。
博多駅はすぐそこ。
これで店じまいだ。

車窓に見える街は、懐かしい福岡県の土地。
ここを離れてから長い年月が過ぎ、福岡が自分の街だと思わなくなった。

朝、品川を出て、夕方、博多に着く。
あっという間だった。
新大阪からこちらは、ゆっくりできて、いい旅になった。
新幹線に新しい発見がある限り、夏のこの酔狂な旅企画は続けていけるだろう。

吉塚から早岐行きの電車が並走している。
ドアに向かって立っている人が、こちらを見上げている。
いいなぁ N700、乗りたいなぁと思っているのか。
いつもならば、僕はそうだ。

17:39
博多着
網棚に上げた荷物を忘れないよう、慎重に持ち物を確認する。
駅構内を見回したが、N700Aの姿はなし。
きょう1日、1度のニアミスすらなかった。

博多駅のコンコース売店には、くまモングッズコーナーがある。
今回の旅では、ここが最大。
予想通り、明太子を抱いたくまモンがいたが、ここはぐっとこらえて見送る。
明日はくまモンスクエア&県民百貨店訪問を控えている。
買うのは、そこを見てからでも遅くはない。

お土産の定番「鶴の子」に抹茶が登場していた。

最後に、この旅の成果をまとめておこう。

事前の希望
【 1 】品川→名古屋 N700A
【 2 】名古屋→新大阪 N700
【 3 】新大阪→広島 N700a(X番台)

結果
【 1 】品川→名古屋 N700
【 2 】名古屋→新大阪 N700a
【 3 】新大阪→広島 N700

距離が最も短い【 2 】で、この日唯一の収穫と言えるN700a。
旅は時に幸運に恵まれ、時に不運を託つ。
N700Aで行く!はずの旅は、ほとんど「N700で行く品川ー博多の旅」という2008年の原点に戻ったような結果になった。


2013年12月、多摩川土手。
2日続けて同じ時間に「N700A」が下っていった。
もしかしてN700Aのダイヤが固定されたのか?
「新幹線時刻表」を調べてみると、のぞみ21号は「N700系またはN700A車両で運転」

N700Aが表示されている!
旅の準備中にはなかった表記だ。

2014年夏、新幹線の旅の頃には、より高い確率でN700Aに乗れるようになっていることを期待したい。

おわり

N700Aに乗りたい!品川-博多の旅

|

2014年1月 3日 (金)

記録的に暑い夏 抹茶で体を冷やすのか、体で抹茶を温めるのか

「バニラ 抹茶 みかんです」
今度は3種類から選べる。

本命の抹茶を指名して270円ちょうどを渡す。

「固いですから、しばらく置いて・・」

話の途中でこちらがにっこりうなずいたので、言葉はフェイドアウトした。
恐らく、スジャータアイスの常連さんと見立てたのだろう。

1714


記録的猛暑に見舞われた2013年夏。
熱中症で5万9,000人が救急搬送され、300人が死亡。
41度を記録した地域では、それを名物にしようと看板までつくった。

その夏まっただ中、エアコンが効いた新幹線の中にいても体はほてっている。
アイスを首筋に当てて温める。
来年は、冷えピタが必要だ。

あぁ気持ちいい
ふと窓の外をみると真っ暗になっている。
関門トンネルだ。
故郷の九州への入口、関門海峡を渡る時、あぁ帰ってきたなと心でつぶやく。
感慨を確認したい儀式だ。
だが、今日はアイスで体が冷える気持ちよさにかまけて、感慨もない。

17:22
小倉停車
のぞみ33号が広島以西で停車する唯一の駅だ。
外壁に透明ガラスが多用されていて、採光性が高い。
上り線からN700Xが上がっていく。
ホームに人影は全くない。

温め始めて9分後、スジャータ抹茶のフタを取る。
ほどよく食べられる程度になった。

1723


17:25
小倉を出る。
昨年はこの1区間で乗り換えた「さくら」の自由席が満席だった。
ここ指定席にはほとんど人が増えず。

抹茶で9分は温め過ぎか
アイスがやわらかいなと思っていると、A車ワゴンが再び出陣していく。
前方車両で客からリクエストを受けたのかも知れない。

トンネルが多い
こんなにトンネル多かったか
だまって増やしたろ?

N700Aに乗りたい!品川-博多の旅

|

2014年1月 2日 (木)

広島から乗ってきた子供に広島訛りで話す車掌

16:35
時刻表と寸分違わず、のぞみ33号博多行きが入線してくる。
朝6時過ぎに品川駅で確認した通りのN700。

1635


なにかのまちがいを期待したいが、
N700A、N700XでもないN700。
運転手の熟練だけで、この正確さは驚異的だ。

最後の1便は5号車。
今日はすべての便でE席を買ってきた。
前列には小学生が大きく座席をリクライニングさせて、ふんぞり返っている。
分別のある大人ならば、ここまで座席を倒すことはないものだ。
不運だな・・
そう思っていると、前方から20代らしき女性がやってきた。

「すみません・・」
どうやら、小学生坊主が座っている席が自分の席らしい。
よかった・・と安堵した次の瞬間

突然、小学生が飛び起きた。

「あっ、ここ広島?」

窓から外を確認したかと思うと、D席に置いていたリュックをさらって、慌てて降りていく。

広島駅は天井からさがっている駅名看板がない。
ローカル線の駅のような、地面から立ち上がった看板がホーム数カ所にあるだけだ。
女性の「そうだけど」という相づちで坊主は救われた。


16:46
A車ワゴンが通り過ぎていく。
すみません
と呼んだが、声が小さかったか。

16:48
新岩国通過
トンネルばかりで、メール1通受けられない。

16:54
この日2度めの検札。

「僕ら小倉じゃろ。ちゃんとおりんさいよ。お家の人から連絡あった。寝ちゃいけんよ」
広島から乗ってきた斜め前のA、B席に陣取る男の子2人組みに車掌が話しかける。
この訛りは広島・山口県東部独特のもの。
子ども達は広島なのだろうが、車掌もこの土地出身なのだろう。

16:56
山を抜けると徳山通過。
海側(進行方向左手)に工場地帯と瀬戸内海が見える。

17:05
新山口通過
この先、使う予定もないので、ここでスマホを充電させてもらう。

1703


17:14
日射しが山々の向こうにあり、柔らかな山の緑が凝視できる。
子供の頃を過ごした町に近い。
山口県の中腹を抜けるこのあたりは、何かを思い出したいと思わせる。

そこに前方からA車ワゴンが戻ってきた。
パーサーと正対しているので、アイコンタクトが通りやすい。
今度はにっこり、立ち止まってくれた。

N700Aに乗りたい!品川-博多の旅

|

2014年1月 1日 (水)

スマホのない1年の後のスマホのある1年、2つの相違点

明けまして、おめでとうございます。
今年も「しらべるが行く」は365日365話。
できるだけ楽しい話を書いていきますので、
時々、まとめて読みに来てください。

------------------------------------

一昨年はスマホ(ケータイ)のない1年
去年はスマホ(ケータイ)に復活した1年

ただ、同じスマホでも2年前まで使っていたスマホはインターネット環境を入れていないスマホ。
インターネット環境のあるスマホとは2つの相違点が見つかった。

その1
ノートパソコンを使わなくなった。

従来は家にいる時はデスクトップパソコン。
外に出かける時はノートパソコンを持ち歩いていた。

ところが、スマホがあれば、たいていのことができてしまう。
・メールのやりとり
・ちょっとした調べ物
・定期的なネットのチェック
・気づいたことのメモ

なかでも気づいたことのメモについては、目を見張った。

これはメモしておいて、あとで片付けよう。
これはしらべて、まとめよう。

以前ならば、付箋やメモ帳に書き付けていたことも、スマホに入れておく。
周囲に人がいない時は、siriを使えば入力の手間も要らない。

こうしてメモしたものが、帰宅するとメールで届いている。
着信時間がメモした時間。
時系列で記録したい旅日記やイベントの記録が、革新的に便利になった。

ノートパソコンの出番は、
講演を聴きに行き、大量のテキストを書き取ると言うイベントだけになった。

その2
データに基づく行動ができるようになった。

乗換の前、バスナビのアプリをチェックする。
あと4分か
間に合わないな。
コンビニで買い物をして、次の便に乗ろう。

こういった判断をするようになった。
従来ならば、バス停に並び、バスがやって来る方向を何度も見やりながら、まだかなぁと首を長くしたものだ。

道路が渋滞していてバスを7分待つことになったとする。
7分と分かって待つならば、バスのことは忘れて電子書籍を読んでいればいい。
いつ来るかわからないで待つならば、ずっとバスの到来を気に掛けなければならない。

マラソン練習の朝。
朝起きて、スマホで気温をチェックする。
5度か。
晴れているから、走っているうちに暑さを感じる。
薄手のウィンドブレーカーでいいけど、ネックウォーマーは要るな。

こういった判断ができるようになった。
従来ならば、室内の気温(たいてい寒い)で判断して厚手に着込んでしまったものだ。

iPhone5にはワンセグがついていないので、テレビに身を任せることはない。
ゲームアプリは一切入れない。
こうして一定の自己規制を設ければ、スマホは生活の質を上げてくれる玉手箱である。

ど素人!iPhone5講座

|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »