« 絶好の立地、東京国際フォーラム 絶好のくまモン日より | トップページ | くまモンMINI ミニカーが存在していたとは・・・ »

2014年1月16日 (木)

くまモン初アルバム くまモンバカラ

「昼の部」「夜の部」のショーが行われたのはホールD7。
引出し式の座席を採用しており、前方半分の座席は、後方座席の床下からせり出してくる。

最前列はA列。
ステージに向かって左が1番、右に向かって数字が大きくなる。
A-11が最前列ど真ん中といえる。

そのホールD7専用ロビーが6階ロビー。
来客は6階でエレベーターを降りて、6階ロビーを通り、階段でホールD7に上がる。

物販コーナーが設営された6階ロビーに入ると、まずはじめに「くまモンとあそぼ!」のフライヤーを渡された。
フライヤーというのは、ペラチラシのこと。
主に音楽業界で使われている言葉だ。

「チラシ」と言うより専門性が高そうな錯覚を与えることから、DMや会報誌などに封入するチラシをこう呼ぶビジネスマンもいる。

くまモンの音楽CDは、2013年9月に「くまモンもん」が出ている。
森高千里が歌う「くまモンもん」と、くまモン体操の歌「くまもとサプライズ」の2曲収録。
いわば、シングル盤だ。

一方「くまモンとあそぼ!」は10曲を収録。
いわゆるアルバムである。
ふなっしーとは違い、くまモン自らが歌うわけではないので、
「CDデビューなっしー」
「デビューアルバムなっしー」
ということはない。

フライヤーではくまモンの写真に
「ボクのCDが出るモン!」
というコピーが添えられている。

これに4曲収録のDVDがついて2,415円。
CDは再販価格維持商品だが、DVDは値引きできるため、DVDに対する値引き分があり、amazonでは1,980円で販売されている。
発売は2014年3月12日。
くまモンの誕生日だ。

入口のカウンターには「くまモン meets バカラ」
39,900円

Photo


バカラ(Baccarat)はフランスのクリスタルガラスメーカー。
1764年にアルザス・ロレーヌ地方で生まれた。
高度なカッティングが施されており、ほとんどの製品が15,000円を超える。

これを贈る側は「贈った~」という達成感があるが、贈られた側には重圧がかかる。
なにせ重い。
もしも落として割れたら関係にヒビが入りそうで、グラスは使うのに冷や冷やもの。

バカラを楽しむならば、使う度に損壊のリスクがある食器は避け、オブジェ・灰皿など置いたままで使うものが望ましい。
そういう意味では「くまモン meets バカラ」は、もっともバカラらしい逸品と言えるのだ。
現在は、日本橋三越本店などのバカラ取扱店で販売している。

くまモンのひみつ

|

« 絶好の立地、東京国際フォーラム 絶好のくまモン日より | トップページ | くまモンMINI ミニカーが存在していたとは・・・ »