« くまモンをホールコンサートで見る機会 | トップページ | くまモンを座って見ている幸せ »

2014年1月24日 (金)

くまもんの前で、いい人になりきれなかった。

せっかく集まったのだから、お友達になりましょう!
ステージからみまこお姉さんが呼びかける。

きた・・・

各種スキルアップ研修に行くと、アイスブレークのために冒頭にこのような取り組みが行われる。
誰もが「いい人モード」になっていなければ成り立たない試みだ。
だが、今夜はいつもの夜とは違う。

大半の人は、くまモンを見に来ているのであって、くまモンファンの友だちを作りに来ているのではない。
そういう見知らぬ人たちが手をつなぎ、肩を組む・・・
昨今の若者でなくても「ムリムリムリムリ」という声が聞こえそうだ。

両隣は、おじさんとおばさん。
座席は1席ごとの抽選なので、誰もが単独で座っている。

曲が始まる。
モンバイザーをかぶり、
カメラはひざに置いて、両手を空けておく。
いつでも、対応できるように。
いい人モードに入ることはOKですよ。
両側の2人にサインを送るために。

すると、おばさん カメラをかざして撮影し始めた。
「撮ってるから、お遊戯ムリです」
と言わんばかり。
もう片方の男性は、いい人準備できてますモードだったが、やはり、気恥ずかしい。
結局、居心地の悪い数分間を過ごすことになった。


18:50
童謡ミュージカル、フィナーレ
ここまで、あっという間の2時間だった。

Photo_3

でもまだ、終了予定の20時までは1時間あるぞ・・
恐らく撤収完了が20時で、観客退出の時間をみて、早めにひけて終わるのだな。
このときは、そう考えていた。

くまモンが左袖に帰って行く。
最後の一瞬まで気を抜かず、なにかして驚かせようと狙っている。
くまモンは生まれながらのコメディアンだ。


残すプログラムは「大抽選会」

机が運びこまれて、その上に手提げ袋に入ったプレゼントが置かれる。
ステージ左下には、プレゼント引き渡し所が設営された。

抽選券は手元の座席券。
座席番号と同じ紙がテーブル上の抽選箱に入っている。

紙袋に入っているので、いったいどのような賞品が当たるのかは、まだわからない。
前列の子ども達は、座席券をかざしてそわそわしている。

Photo_4 どうだっ!

18:56
再びくまモンが登場。
くじを引くのはくまモンだ。

くまモンのひみつ

|

« くまモンをホールコンサートで見る機会 | トップページ | くまモンを座って見ている幸せ »