« くまもとサプライズ!を見送る | トップページ | くまモンをホールコンサートで見る機会 »

2014年1月22日 (水)

あとぜき 圧倒的な高校生達

17:25
くまもとサプライズ!が始まる。
積極的にステージに駆け上がったモンバイザーをつけた子ども達。
だが、日頃踊り慣れているというわけではなく、くまモンを見よう見まねでなぞっている。
中には完全にかぶりつきくまモンを堪能しているボクも。

1コーラス毎、飛行機の決めポーズ
2回とも観客に背を向けて子ども達に向かって
さぷら~いず
「後ろサプライズ」はなかなかレアだ。

Photo


あとぜきっ!
あっという間の3分間
これが終わると、いつもならば
あぁ、終わった~
となるところだが、今日はこれがオープニングステージ。

3連休の土曜日が終わった時のような心境だ。

Photo_2

あとぜき!
くまもとが大好きでよかった!
などの決めポーズを会場左・中央・右
それぞれの角度で決めて
お約束「シャッターチャンス」

およそ、30分のステージを終えて、くまモンは左手の袖へさがっていった。

つづいて、ステージ後方のスクリーンでは
「パリ等訪問記録映像」
が映写される。
バカラ本社
テディベアのシュタイフ
英国BMW工場
2013年は、くまモンが将来の国際的な活動に向けて、橋梁等を築いた1年。
充実のダイジェスト・フィルムだ。

凱旋モン
には一際大きな(笑)が起きた。

事前に配布された「夜の部program」
によると次は、秀岳館高校「雅太鼓」披露

伝統芸能披露という言葉から連想するのは、おじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさん、ちょっぴり子ども達という団体による、微笑ましい芸。


すっかり、緊張を解いていたところに、暴力的な音が会場をつんざく。
一糸乱れぬ統制
照れを排した真剣な眼差し
飛び散る汗
かと思うと、音楽を楽しむ心からの笑顔

Photo_3


太鼓圧巻
笑顔朴訥
最後は気合いの乱れ打ち

その圧倒的な演奏に拍手鳴り止まず。
一般的には、拍手の物足りなさを補うために言う
「もう1度盛大な拍手を」
という司会者の台詞。
この日は、このままアンコールになるのでは?
と思うほどの高揚をみせている。

「もう1度盛大な拍手を」
と司会者が促すと、我に返ったように、もう1度拍手の音量が息を吹き返す。
顧問教諭のMCはあまりに謙虚だった。

くまモンのひみつ

|

« くまもとサプライズ!を見送る | トップページ | くまモンをホールコンサートで見る機会 »