« くまもとで待ってる 小山薫堂のメッセージとは? | トップページ | あとぜき 圧倒的な高校生達 »

2014年1月21日 (火)

くまもとサプライズ!を見送る

NHK夜7時のアナウンサーのような、司会の女性が右手から現れる。
このようなライブ会場に慣れていないのか、緊張しているのがうかがえる。

ステージには、さっきまで6階ロビーに飾られていたくまモン GO!の模型が鎮座している。
まず、はじめにソラシドエアのCAさんが舞台挨拶。
原稿を読み上げながらも、噛みまくるのが微笑ましい。
緊張が伝わってくる。

挨拶が終わると、熊本県のはっぴを着た数人の男性によって、くまモン GO!の模型が片付けられる。
いきなり主翼を本体から外す。
あ、外れるのか・・
2人がかりで、胴体を大切に抱えて右袖に消えていく。

Photo_2

17:03
2人のお姉さんと共にくまモン登場。
一斉に前列のおばちゃん達が頭上高くカメラを掲げる。
後ろの人のアングルに映り込むことなどお構いなしだ。
液晶モニターを見上げながら、少しでもいいアングルを探している。
コンサートホールに着席しながら、カメラの放列が並ぶというのは異様な光景。

17:05
この日のくまモンファン感謝祭inTOKYO2014に寄せたビデオメッセージが紹介される。
「inTOKYO2014」までしっかり吹き込まれている。
この後、行われる他会場分も同様に収録されているのだろう。

Photo_3


ステージに正座して聞き入るくまモン。
スポットライトに照らし出された後ろ頭の絵が滑稽だ。
そうか、両脇のお姉さんがお団子を結っているのは、くまモンとお揃いなんだ。

最後に流れた森高千里からのメッセージを号令に「くまモンもん」の歌になだれ込む。
改めて言うが、くまモンモンではない。

Photo


踊り終えたくまモン、大歓声に包まれる。
だが、拍手はまばら。
それは誰もがカメラで手がふさがっているからだ。
スマホをかざした手で拍手している人もいるが、あまり音が出ていない。

17:20
つづいて「くまもとサプライズ!」
だが、その前に「一緒に踊ってくれる人ぉ~」とお姉さんが呼びかける。

はぁ~い

黄色い声がして、ステージに呼ばれていく。
千載一遇のチャンス。
これを逃したらもう、くまモンと踊る機会はないかも知れないモン
と思ったが、ステージに上がるのは子供ばかり。

ここで、一糸乱れぬ完璧なダンスを見せたところで
「いやぁ、今日はそういう会じゃないんですけど」
冷たい視線を浴びそうだ。
それ以前に、子供に交じって1人のおじさん真剣に踊るの図
どう考えても、場の空気に合っていない。

ここは、涙を呑んで思いとどまる。

Photo_4

曲に先駆けて、いくつかのポーズを練習する。
おいで!おいで!おいで!
に入る前段「しゃきーん」のポーズは仮面ライダー新1号本郷猛の変身ポーズだったのか。
しゃきーんはほんの一瞬であり、これまで気づかなかった。

あとぜき!は仮面ライダー2号一文字隼人、変身の決めポーズ。
こうした古典にモチーフを求めていることが、このダンスがより輝く理由なのだと知った。

くまモンのひみつ

|

« くまもとで待ってる 小山薫堂のメッセージとは? | トップページ | あとぜき 圧倒的な高校生達 »