« 広島から乗ってきた子供に広島訛りで話す車掌 | トップページ | まる1日をかけて、懐かしい博多の街へ。 »

2014年1月 3日 (金)

記録的に暑い夏 抹茶で体を冷やすのか、体で抹茶を温めるのか

「バニラ 抹茶 みかんです」
今度は3種類から選べる。

本命の抹茶を指名して270円ちょうどを渡す。

「固いですから、しばらく置いて・・」

話の途中でこちらがにっこりうなずいたので、言葉はフェイドアウトした。
恐らく、スジャータアイスの常連さんと見立てたのだろう。

1714


記録的猛暑に見舞われた2013年夏。
熱中症で5万9,000人が救急搬送され、300人が死亡。
41度を記録した地域では、それを名物にしようと看板までつくった。

その夏まっただ中、エアコンが効いた新幹線の中にいても体はほてっている。
アイスを首筋に当てて温める。
来年は、冷えピタが必要だ。

あぁ気持ちいい
ふと窓の外をみると真っ暗になっている。
関門トンネルだ。
故郷の九州への入口、関門海峡を渡る時、あぁ帰ってきたなと心でつぶやく。
感慨を確認したい儀式だ。
だが、今日はアイスで体が冷える気持ちよさにかまけて、感慨もない。

17:22
小倉停車
のぞみ33号が広島以西で停車する唯一の駅だ。
外壁に透明ガラスが多用されていて、採光性が高い。
上り線からN700Xが上がっていく。
ホームに人影は全くない。

温め始めて9分後、スジャータ抹茶のフタを取る。
ほどよく食べられる程度になった。

1723


17:25
小倉を出る。
昨年はこの1区間で乗り換えた「さくら」の自由席が満席だった。
ここ指定席にはほとんど人が増えず。

抹茶で9分は温め過ぎか
アイスがやわらかいなと思っていると、A車ワゴンが再び出陣していく。
前方車両で客からリクエストを受けたのかも知れない。

トンネルが多い
こんなにトンネル多かったか
だまって増やしたろ?

N700Aに乗りたい!品川-博多の旅

|

« 広島から乗ってきた子供に広島訛りで話す車掌 | トップページ | まる1日をかけて、懐かしい博多の街へ。 »