« 心拍計の効能 miCoach SMART RUNで知った体の仕組み | トップページ | 田母神としおをしらべる »

2014年2月 7日 (金)

初めて使ったテーピング(非伸縮)

15km
30分過ぎに摂ったショッツ・エナジージェルの胸焼けがひどい。
今シーズン初めて摂ったので、胃が受け付けないのだろう。
あまりの辛さに、60分、90分で摂る分には手を付けなかった。

折り返しまであとわずか
多摩川を越えた東京側で教会の鐘が鳴っている。
そこに教会があると知っているわけではないが、きんこんかんこんと連打が長い。
恐らく正午の鐘だ。

ということは、10時30分スタートなのでタイムは1時間30分。
残り6kmということは、ろくごさんじゅう
お、2時間切り行けるじゃないか。

しかし、これは暗算まちがい。
多めにみて6分としてあと6kmならば、ろくろくさんじゅうろくと掛けなければならない。
ゴールで時計を見た時、あれ?
と思った時は遅かった。

16km
等々力の
折り返しを過ぎ、レースは残り4分の1。
ここ2シーズンのハーフはいずれも失速。
後半のタイムが悪い「ポジティブスプリット」だった。
今日はまだ、足が動いている。
後半のタイムがいい「ネガティブスプリット」でいけそうだ。
フォアフットで着地できているのがわかる。

テーピングは、右足甲に1枚だけ。
三村仁司さん直伝「右足の小指側だけで蹴っている」を矯正するためのアドバイス。
これまではセラポア、またはテーピング(伸縮)を使っていたが、今回初めてテーピング(非伸縮)を貼った。
非伸縮を使うのは怖くて、過去8年間使ってこなかったが、使ってみて何も問題なかった。

ペースメーカーは前方にみえる青い兄ちゃん。
こちらの方がペースが早く、徐々にその姿が大きくなってくる。

17km
15kmでは160だった心拍数が、なだらかに上がり続けている。
これが「頑張れている」ということなのか。
それとも「へばり始めている」ということなのか。
心臓の仕組みに詳しくないので、わからない。
ラップタイムは維持できていた。

18km
残り3kmとなったところで、日が射してきた。
暑くなるのは困るが、残りは少ないので影響はないだろう。
いつもは追い風の南行き。
今日は無風。

新コース2度めの長野マラソン

|

« 心拍計の効能 miCoach SMART RUNで知った体の仕組み | トップページ | 田母神としおをしらべる »