« オールスポーツの写真で失敗する | トップページ | 地獄で仏 ペースメーカー現る! »

2014年6月27日 (金)

32kmで待っていたのはカナディアンクラブ

31-32km

ここに「二こぶらくだ」がある。
らくだのこぶのようなアップダウンが2回つづくから、大会主催者がそう呼んでいて、コース紹介にも出てくる。
4年前に走った時、このあたりは快調に飛ばしていた区間だったため、アップダウンだと感じなかった。

今回は、なんで後半にこの坂を置くかね。
コース変えるなら、これをなんとかしろし
とツッコミながら走っている。

片側1車線だけを使うため、コースは人で溢れていて、抜き場所もほとんどない。
(抜けないけど)
余っている車線に車は走っていなかった。
ランナー、あるいは地元のための救急車走路を空けているのだろう。

32-33km
高速道路のガードをくぐり、少し上りながら左に折れると再び堤防道路。

32.1
第12給水所

その先にカナディアンクラブが待っていた。
ウィスキーのエイドではない。
地元のロックバンドだ。

今大会のテーマソング「Drama」を歌う彼ら。
スタート地点でもトラックの荷台で歌っていた。

ガルウィングの片側を跳ね上げたツアートラック
「描いた未来を越えろ」
お世辞にもキレイとは言えない毛筆で力強く書かれている。

よくここまできたなっ
ここで、待っていたぜ!

デーモンか ^^;)

でも、そんな乱暴な物言いが嬉しくて、おかしい

「よくここまで来られましたね。お待ちしていました」
では、心に響かない。

マラソンの応援に敬語は要らない。
「頑張ってくださ~い」
ではなくて「頑張って~」「がんばれ~」でいい。
敬語を使わないなんて、長野の人は躾が悪いな
なんて思うランナーはいない。

「Drama」はセットリストには入れてこなかった。
切羽詰まったような曲調は、マラソン脳を揺り起こさない
という経験則からだ。

だがこうしてライブで聴くと、ずしんと心に響く。
ここで思うのは、コンサート会場で思うことと同じ。
ライブの力は強力だ。

「Drama」は今でも長野マラソン公式ウェブサイトで無料ダウンロードできる。
来年はセットリストに入れよう。

新コース2度めの長野マラソン

|

« オールスポーツの写真で失敗する | トップページ | 地獄で仏 ペースメーカー現る! »