« 五番街 四ケ町 はつながるか? | トップページ | 名古屋と広島に途中下車する理由 »

2014年8月 8日 (金)

今年こそ、N700Aに乗りたい!

東京が梅雨入りした週末。
夏休みまで2ヶ月。
そろそろ、計画を固めることにした。

2013年はデビューしたてのN700Aに乗る旅を計画。
だが、結果的に乗ることはできなかった。

2014年6月現在、N700Aは使用するダイヤが固定されていない。
事前にどのダイヤか知ることができるのは、当日朝、JR東海に聞くという方法のみ。
この状況は昨年と変わっていない。


旅する日はちょうどお盆の繁忙期。
当日購入では、指定席の確保がおぼつかない。
N700Aに乗れたとしても、品川から広島まで立っていくというのでは、旅情が味わえない。
(なぜ広島かというと、そこから先はお盆でも混まないため)


昨年同様、細切れにダイヤを乗り継いで、N700Aに乗り合わせる確率を上げるか。
面倒なので、品川ー博多を一本買いしてヤマをかけるか。
それとも・・・
3ヶ月ほどあれこれと考えて来たのだが、そろそろフィックスしなければ、他の予定が決まらない。


そこで、今年は最もリスキーな方法にした。
別に身の危険があるわけではない。
たかが、電車の話に"リスク"もあったものではないが、まぁここはそういうことだ(笑)


乗車当日まではナニもしない。
えきねっとの事前申込み無し。
これは前代未聞だ。

ただし、時刻表とにらめっこはする。
まず、品川ー博多を3つに分ける。

1品川ー名古屋
2名古屋ー広島
3広島ー博多

つづいて、8時以降すべての「のぞみ」が名古屋、広島に停まる時間を表にする。

さらにシミュレーション。
当日判明するN700Aがアサインされたダイヤで、3本を乗り継ぐ組合せを10通りほど書き出しておく。


そして当日を迎える。
朝6時。
JR東海に電話をかけて、N700Aのアサインを確認。
運行便が特定できたら、シミュレーションに沿ってえきねっとで指定券を購入。

いや待て
電話がつながらなかったらどうする?
やはり、みどりの窓口があるJR駅に居る必要がある。
もとい

当日朝6時。
品川駅の新幹線窓口でN700Aのアサインを確認。
その場でシミュレーションに沿って窓口購入。
これは、昨年「広島→博多」間を買ったのと同じ方法だ。

窓口で買えば、それはプロとの対面販売。
こちらが旅の意図を伝えれば、手際よく3本のダイヤを決めることができそうだ。

では、なぜ3つに分割する必要があるのか?
それは次回のココロだ~

今年も不定期で掲載します!

今年こそN700Aに乗りたい!品川-佐世保の旅

|

« 五番街 四ケ町 はつながるか? | トップページ | 名古屋と広島に途中下車する理由 »