« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月の30件の記事

2014年9月30日 (火)

横浜マラソンを思い出深い大会にするために考えたこと

参加費、日本一
出走者、東京マラソンに次いで二番め

20ある政令市では12番め
1956年に最初にできた5つの政令市では最後発
(大阪 名古屋 京都 横浜 神戸)
まさに満を持しての市民マラソンが「横浜マラソン」
その成功に向けた工夫(案)をまとめよう。

【 1 】ランナー渋滞回避
スタート直後は 25,000人が団子状態。
そんな時に片側2車線で走らせるというのは無謀だ。
顰蹙を買う程度で済めば、次回応募者が減るだけだが、事故が起きた場合は存続が危うくなる。

スタート直後、最初の右折から先の道路は対面4車線を使うよう、再度交渉する。

【 2 】プラカード応援
ランナーの琴線に触れる「笑える」「心温まる」プラカードをつくる。
その担い手は一般市民であって欲しい。
ただし、10kmに渡る高速道路(杉田→本牧ふ頭)の上は、そうはいかない。
そこでは、主催者が配置する要員の出番。
走路監視員をあてがうと、いろいろうるさい人がいるだろうから、ここでは応援要員を置く。

用意するのはホワイトボード(1m四方程度)が理想だが、値段が高いので段ボール。
これに白い紙を貼ったものを1カ所10枚ほど準備。
あとは、太字マジックペン青、赤の2色

要員は持ち場に着いた後、状況に応じたプラカードを自作して選手にかざす。
道路公団の許可が得られれば、どこかにガムテープで貼り付ける。

スマホからは現在の気温、雨雲の状況、気温変化がわかる。
インカムからは、大会に関する新たな情報が寄せられる。
[現在18度 涼しい方だ^^;)]

持ち場に着く前にそこが高速終点となる「本牧ふ頭」まであと何キロ地点かを確認しておく。
[高速終わりまであと5km]

[右手は横浜港ですよ!]
[うしろに富士山見えてますけど・・]
[次の給水所まであと250m]
[もう、これほどの上りはない]←杉田ICの急坂を上り終えた所

気をつけなければならないのは、できるだけランナー経験者を配置することだ。
素人だと
「ここから一気に下り。足を傷めないで」
と言ったランナーが言われたくないことを、平気で書くかも知れない。

変なことを書いたら責任問題だ!
と萎縮している場合ではない。
そんなことを心配していたら、座して・・を待つ可能性だってあるのだ。

【 3 】ランパスの仕切り
横浜マラソンでは、歩行者が走路を横切る「ランパス」をおこなう。
無理な横断があってランナーのクレームにならぬよう、慎重な手順書を準備したい。

配置する要員は、自らがマラソンを走っているランナーがよい。
まぁこれくらい距離があればいいだろうという素人感覚と、ランナーの感覚にはずれがある。

まさか、ランナーをせき止めるようなことは考えていないだろうが、もしそうだとしたら考え直す必要がある。
「ランナーストップ」をやった大会は、大きく成長しない。
それは、ランナー目線で運営していないことを、ランナーから見切られるからだ。

【 4 】ボランティア(要員)の考える力を引き出す
リーダーが細かいことを言わず、自由を与える。

スポーツボランティアリーダーには高年齢者が多い。
リーダー経験が長いと、問題を起こさぬよう、縛りを多くしがちだ。

できればウェアかキャップを色違いにする。
呼びやすいよう、短い愛称を決めて名札でも付けると良い。

ランナー、沿道の応援者から問合せを受けて判断に困った時、なにか相談したい時、どこに居てもわかりやすく、何でも話せるリーダーでなければならない。

【 5 】高速道路対策
横浜マラソンは「高速道路を10km走る」という特異性を重くみて、準備する必要がある。

幸い、走路の右側車線を遊ばせてある。
そこで誰かに歌ってもらうのもいい。
一カ所に固まらず、最低でも500mに1度は賑やかして欲しい。

料金所では、職員の皆さんにお願いして大勢で「10kmも寂しい道路をおつかれさん」とハイタッチでねぎらってもらえないだろうか。

最後に、心より第1回横浜マラソンがランナーにとって、思い出深い大会になることをお祈りしています。

*本記事は「マラソン講座」の随筆です。

|

2014年9月29日 (月)

横浜マラソンに向けた回想 マラソンで笑ったこと、顔をしかめたこと

【 1 】荒川市民マラソン(現:板橋Cityマラソン)で顔をしかめたことがあった。
ランナー渋滞だ。

10kmあたりで道幅が狭くなり、しばらくウォーキング大会となった。
当時はど素人だったので「休めてラッキー」と思ったが、6時間以内で走るランナーは許してくれないだろう。
6時間制限の横浜マラソンでは、渋滞で歩くようなことがあったら、大きな顰蹙を買うことになる。
これだけは避けたい。

【 2 】湘南国際マラソンで笑った。
いや、爆笑に近い。
「ただいま無料でハイタッチしていただけます」
というプラカードを持った集団がいたのだ。
東京マラソンが始まった2007年のことであり、まだマラソンでハイタッチという光景は珍しかった。

【 3 】かすみがうらマラソンでは困ったことがあった。
走路を横切る人が多かったのだ。

田園風景を進む後半。農道のような細い一本道。
走路監視員は、たまにしか立っていない。
道幅が狭いと言うこともあり、気軽に横切る人が多かった。

【 4 】東京マラソンでは助かった。
ハンガーノックが起きて、ふらふらになっていた時、沿道の女性がくれたチョコレート1粒。

お陰で終盤の10kmは意識を取り戻すことができた。
東京マラソンの場合、そこらじゅうに「私設エイド」が立つので、その恩恵にあずかる機会が多い。
人がいない区間で、いかに私設エイドを立てるか。
あるいは18カ所というエイドに加えて、高速道路の上だけは「ミニエイド」を作ってもいい。

私設エイドの先にはボランティアが待ち構えていて、ゴミを受け取ってくれたのには感心した。
これこそが「考えるボランティア」
機転が利いている。

顔をしかめたこともあった。
応援者が持っていたプラカード。
「明日も仕事だ。だけど、頑張れ」
ひねりを利かせたつもりなのだろうが、ひねり過ぎている。
ランナーは傷つきやすいのだ。

【 5 】長野マラソンには、横浜のヒントになる区間がある。
中間点手前にある「五輪大橋」だ。

ここは、1kmに及ぶ自動車専用道路。
沿道の応援はなく、ときどき走路監視ボランティアがぽつんと立っているだけ。

2014年大会では、ボランティアの1人が「がんばれ~」と声をかけてくれた。
調子が上がらずに辛かった時、この声援で目が覚め、脳が回転を取り戻した。

2010年大会では、料金所のスタッフがハイタッチで迎えてくれた。
いつもはクルマからお金を受け取るこの場所。
クルマの代わりに走ってきた自分が、料金所のおじさんにハイタッチしているという滑稽さに笑った。
残念ながら、2014年大会ではこの趣向はなかった。

2014年大会、32km過ぎにカナディアンクラブが待っていた。
ウィスキーではない。
大会テーマソング「Drama」を歌うバンドだ。

よくここまできたなっ
ここで、待っていたぜ!

マラソンの応援に敬語は要らない。
少々乱暴でも、愛情に溢れるストレートな言葉ほど、疲れた心に突き刺さる。

ランナーが笑ったことは、その大会の好印象。
ランナーが顔をしかめたことは、悪印象。

悪印象が、一般の応援や天候に起因する場合は仕方がない。
だが、運営側の工夫と努力で回避できるものだったら、それは悪評につながる。

ここまで書き出したことを元に、横浜マラソンでどんな工夫をすればよいかをまとめよう。

|

2014年9月28日 (日)

フォロワーの人数は十分手厚い横浜マラソン

ぱちぱちぱち

拍手しているのは、走路監視員ただ1人。
2013年10月に第1回が行われた「多摩川季節のめぐみマラソン」での一コマだ。

多摩川で行われるハーフマラソンに近隣の応援はない。
ランナーの家族や親友は応援に来ているが、彼らは古市場グラウンドのスタート/ゴールあたりにいる。
走路でランナーに拍手を送る人はいない。

ぱちぱちぱち(拍手)
がんばって~

このような、なんの変哲もない応援でも、ランナーは
「ありがとう」と言い
うんうん、とうなずき
にっこり笑う

「途切れることのない応援」よりも、誰も居ない所での意外な応援は心に残るものだ。

「第1回横浜マラソン」運用側のスケジュールを見てみよう。

2014年7月10日~
ボランティア受付 リーダー400人 ボランティア5,600人

9月23日
ボランティア・リーダーキックオフミーティング

11月3日
湘南国際マラソンでリーダーの実地研修

2014年12月7日
ボランティア・リーダー研修会

2015年1月18日
リーダー業務説明会

2月7日~8日
ボランティア準備会

3月13日~14日
選手事前受付

3月15日8時30分
第1回大会号砲

5,600人のボランティアの場合、準備会と本番で2~3日の拘束。
400人のリーダーの場合、最低でも5日、最大9日の拘束。
東京で行われる某ハーフマラソンのように、現金手当も支給するボランティアではなく、無給のボランティアだ。

25,000人のランナーに対して8,000人(各種スタッフを含む)のフォロワーというのは決して少なくない。
ランナー÷フォロワーの比率でいけば、およそランナー3人に1人のフォロワー。
これは、東京マラソンに匹敵する。


ただし、決定的な違いは沿道の応援である。
東京マラソンの場合、沿道に100万人(警察発表)を超える一般応援がある。
それがたとえ、新宿や銀座のデパートに来た買い物客だったとしても、ランナーが走っていれば「ちょっと見て行くか」と応援してくれる。
かぶりものを被っていれば「くまも~ん」と声を掛けるし、ハイタッチの列にも加わる。


箱根駅伝を通じてスポーツ・ボランタリーが醸成されている神奈川県だが、箱根駅伝と横浜マラソンはコースがまるで違う。
横浜の中心街を走る横浜国際女子マラソンともコースが半分は違う。

横浜マラソン、そのコースの半分は人がいない所を走る。
後半のコースで、いかにランナーの不興を買わないか。
それが運営側にとって、大きなテーマ。

一般応援には頼れない。
ならば、今いる人数でできる工夫をすればよい。

ランナーとして走った時、
何に笑っただろう
何に顔をしかめただろう

それを思い出して、書き出してみよう。

|

2014年9月27日 (土)

長文失礼します

長文失礼します

という始まりのメールが届く。
だが、それは必ずしも失礼とは限らない。

いや「長文失礼します」という書き出しで始まるメールは、むしろ歓迎したいメールだ。

「長文失礼します」メールは、テーマが変遷している。
私生活のできごと、職場で起きたこと、最近読んだ本・・・
1つのテーマについては、むしろ手短。
すぐに改行されて、次のテーマへ。
それは小説家から送られて来た短篇集のようだ。

「長文失礼します」メールは、ストーリーが展開していく。
事件が起きて、自分はどう思い、どう行動した。
でも結果的にそれによって、自分は新しい見識を得た。
ただ愚痴るのではなく、怒りのエネルギーをまき散らすでもなく、ユーモアを交えて語られる。
起承転結に、一読者として引き込まれていく。

そんな長文は楽しい。
好きな人から来た手紙は、いつまでも終わらないで欲しい。
読み進むと、スクロールバータグが画面下に近づいていく。
レールの残りがわずかになる。
あぁ、終わってしまうんだな。
これが、最後の章かな。
一言一句を大切な宝石のように読む。

人気作家がエッセイで「長文失礼します」とは言わない。
シンパシーのある仲間から届くメールで、長文は歓迎だ。
むしろ、短いメールの時には「短文失礼します」と言って欲しいくらいだ。

世の中には一方的な意見、抗議をとりとめもなく、長文で書いてくる人もいる。
ただ、そういう失礼な人は自ら、非礼を認めない。
そういうメールは「長文失礼します」とは始まらない。
私の率直な気持ちを書きます。
私の純粋な思いを書かせていただきます。
こんな具合だ。

「自分のことばかりでスミマセン」
と謝る人もいる。
だが、謝る必要はない。
相手は自分がどう過ごしているか、何を考えているかを知らない。
自分が書くメールは相手の知らないことを書くのが当たり前だ。

私の名前はmotoです。男です。日本に住んでいます。
という既知のことでは、情報としての価値がない。

「あなたのことばかりでスミマセン」
と謝って、あなたは昨日渋谷で飲んだでしょう。●●党を応援していますよね。
と言うメールが来たら怖い。

|

2014年9月26日 (金)

4年前のメモ

この夏も暑かった。

甲子園球児は雨が降ったり、暑かったりして大変だったろう。
プロ野球選手はベンチで首筋を冷やしている。
あまりの暑さに投手がばてていて、年々、投手の防御率が落ちている。
だからといって、打者の打率が上がっているというわけでもない。
誰もが暑さに参っているのだ。

会社の中は冷房が効いているのに、それでも暑い暑いと言って薄着をしてくる同僚。
スーパークールビズらしい。
いくら暑いからと言っても、アロハで来るか?
お前はロックンローラーか?
と思うようなパンタロンを履いて会社に来るあたなの道徳を疑う。

そっちがそう来るならば、こっちもTシャツと短パンで対抗するぞ!
と思っちゃみるけど、実行するほどバカじゃない。
せめて、雪駄で会社に来るのはやめてほしい。

空は高く澄んでいる
・・・ならばいいのだが、妙に白い。

雲じゃないよね。
そばには、もこもこ雲が出ているので、その白い部分が
雲じゃないことがわかる
空の青に白い絵の具が混ざってしまったようだ。

玄関を開けると空気が熱い
外はまだ夏じゃないか
太陽はどこだ?

わっ
直接みてしまった
アブナイ
それにしても、太陽ってあんなに暴力的だったか?
子どもの頃、太陽はもっと優しかったぞ。
科学のふろくの望遠鏡に貼ってあった「太陽を見てはいけません」というステッカーが懐かしい。
子どもの頃、あれほど怖いステッカーはなかった。

以前、讀賣の夕刊に
「多摩川のバーベキューの煙で遠くから見ると霞がかかっているように見える」
と書いてあった。

あの白い空は肉の煙?

確かに日曜日、二子玉川の川べりに行くと
ここは、どこの国だ?
というほど、多くの人が肉を焼いている。

川崎市では、去年そのゴミ処理に730万円かかったという。
よそから来た人が捨てたゴミの処理に、自分たちの税金が使われるなんて・・
川崎の人が聞いたら こう言うだろうなぁ。

「肉は川崎で買え!」

いわないか ^^;)

その夕刊には
「川崎市はバーベキューをする人から1人500円を徴収してゴミ処理費に充てる」と書いてあった。
とてもいいアイデアだ。
500円出して堂々とゴミが捨てられるならば安い。
バーベキューの帰り道、コンビニのゴミ箱に腕相撲大会決勝のような力を込めて、ゴミを押し込む貧しさから救われる。

しかし、その徴収実験期間が9月1日~30日だというところがよくない。
明らかに腰が引けている。
小学生から大学生までが夏休みにはいっている8月こそ、人出が多くゴミも多い。
そこを外して出た「実験データ」に、どれだけの情報価値があるのか怪しい。

高速道路無料化後、明らかに交通量が少ない区間だけを調査して「無料にしてもあまり利用者は増えませんでした(だから無料はやめましょう)」というデータをつくる。
この夏の旅先に、そんな地方自治体があった。

環境をとりまく仕事をしている人たちが出す数字は疑ってかかる必要がある。
環境は情報の中にあるのではなく、心の中にあるのである。

このメモを書き留めたのは2010年。
今から4年前だ。
あれから4年、夏の暑さはほとんど変わらない。
川崎が始めた500円徴収は、軌道に乗り続いている。

2014年9月23日、国連「気候変動サミット」
標高が5メートルで、水没の危機にあるツバルのソポアンガ首相が訴えた。
「我々の未来は先進国にかかっている」

|

2014年9月25日 (木)

横浜マラソンのコースを見た嫌な予感

■制限時間:6時間
東京マラソンよりも1時間短いのは、交通規制時間を短くするための配慮。
7時間制限のレースならば
「練習では、ほとんど走っていませんでした。レース本番は半分歩きました」
という人でも完走(完歩?)できるが、6時間ではそうはいかない。
ある程度速いランナーが、レースの一部を歩くのはOKだが、1km7分台のランナーが歩いていては完走できない。
相応の準備が必要である。

■定員:25,000人
エントリー方法は希望者が定員を超えた場合抽選。
神奈川県民枠、一般枠ともに定員を超えたため抽選が行われた。
チャリティランナーの募集は、9月25日現在も続いている。

定員が2万人を超える大会は東京マラソンとこの横浜だけ。
ただし、その定員に見合うほど走路は広くない。
特にスタート直後に右折した後の道は、危険を感じる。

横浜マラソンで特筆されることといえば、第1回の参加費が史上最高額となったことだ。

■参加費の高い順
1位 横浜マラソン 15,000円
2位 湘南国際マラソン 12,000円 *別途募金500円
2位 京都マラソン 12,000円

湘南国際マラソンが12,000円に値上げしたのは、今年の第9回大会。
京都マラソンが12,000円に値上げしたのは、2013年の第2回大会。
横浜マラソンの第1回からいきなり15,000円という設定に、多くのランナーが驚いた。


東京マラソンは第1回から10,000円。
2007年当時、他の大会は5,000円以下が相場であり「お高くとまっている」と揶揄するランナーもいた。
だが、その後2015年の第9回まで、値上げしていない。
ほとんどの政令市大会や後発大会も10,000円でヨコ並び。
東京マラソンが上げない限り、どこも上げづらいのだろう。

「1度行けば十分」
あなたも、この言葉を1度は口にしたことがあるはずだ。

新しくできた遊園地を訪れて、こう言う。
話題の飲食店で食べて、こう言う。
行ってみたかった観光地に足を運び、こう言う。

「1度行けば十分」

ランナーは、この言葉をマラソン大会に当てはめる。
もう1度走りたいと思わせる大会は少ない。
これまでに出走した8つのマラソン大会で
またいつか走りたいと思うのは東京マラソン。
実際に2度目を走ったのは長野マラソンだけだ。
他の6大会については、47都道府県マラソン完全踏破を終えて、2巡め以降にしようと思う。


「横浜の市街地を走れた」という一生の記念に、高い参加費を払う。
1度走れば十分。
同じお金を出すならば、他の大会を走った方がよい。

そういう人ばかりでは、マラソンの安定的開催は厳しい。
なぜならば、こういうランナーはクチコミあるいはネットの評価で「2度と出たくない」と言ってしまうからだ。
リピーターが獲得できないだけではなく、初参加の見込み客をも失ってしまう。
マラソン大会が2万人を超えるスケールを維持するには、かなりのリピーターを獲得しなければならない。

ランナーが「2度と出たくない」という場合、それは参加費が高いからではない。
大会として魅力がない、あるいは腹立たしいからだ。

横浜マラソンのコースを見ると、主催者でもないのに危機感で胸が苦しくなる(笑)
新しく始まる大会は、横浜に限らず、どこの大会でも成功してもらいたい。

ど素人!マラソン講座

|

2014年9月24日 (水)

ハーフマラソンを踏襲した第1回横浜マラソンコース

2015年3月、横浜市で初めての市民マラソン「横浜マラソン」が開催される。
1981年(昭和56年)から 2013年まで33回つづいた「横浜マラソン大会」が発展した大会である。
これまで、徐々に開催距離を伸ばしてきたが、諸事情によりハーフマラソンどまり。
34年めにして、ようやく42.195kmにたどり着いた。

神奈川県の市民マラソンとしては、2007年、東京マラソンと同時期に始まった「湘南国際マラソン」が根付いており「横浜マラソン」は公道を走る市民マラソンとしては2つめの大会となる。


この2つの大会は協調しあっているように拝察する。
開催時期は、湘南11月(文化の日固定)横浜3月で「秋マラソン」「春マラソン」と性格が違い、ぶつからない。
湘南国際は毎年のように開催時期が変わっていたが、2011年から4大会は11月3日(文化の日)に固定されている。
2014年11月3日開催の湘南国際マラソンでは、横浜マラソンボランティアリーダーの実地研修が行われる。

同じ県なのだから協調するのが当然と思われるかも知れないが、過去には同一県の後発マラソンに対して、歴史の古いマラソン大会がクレームを付けるというケースがあった。


横浜マラソンの開催日は3月の第3日曜にあたる。
東京マラソンから3週間後。
関東の3月マラソン「板橋Cityマラソン(東京)」「佐倉朝日健康マラソン(千葉)」は3月下旬であり、重ならない。
他大会との兼ね合いから言って日程はここがベスト。
このまま固定されるだろう。

第1回:2015年3月15日(日)8:30スタート
号砲は東京マラソンよりも40分早い。
遅くスタートすれば、交通規制の時間も遅くまでずれこむ。
マラソンは日曜開催。
遅くなるほど、地元の行楽・飲食業者への影響が大きくなる。

そのような配慮もあってか、従前のハーフマラソンは横浜市の中心を外したコースで行われてきた。
横浜マラソンのコースも、その色合いが強い。


■横浜マラソンのコース
スタート:みなとみらい大橋
→赤れんが倉庫→横浜スタジアム→中華街→山下公園→横浜港シンボルタワー
ゴール:パシフィコ横浜

スタートは、対面6車線道路の片側3車線を使う。
ランナーの中からは「東京マラソンは6車線なのに・・神奈川は行政が本気じゃない」という不満が出るかもしれないが、東京マラソンが6車線を使っているのは、その先の道路も広いため。

マラソンではコース設定の際に「地元の生活道路」「ランナーや地元住民の救急搬送ルート確保」に配慮しなければならない。
横浜マラソンはスタート直後、右折した先が片側2車線しか使えない。
6→2と一気に狭くなるのは危険なのである。


横浜スタジアムの周回道路を走るが、球場内を走るわけでもないし、そもそも名所というほどでもない。
中華街は、門の前を走るがなかの様子は窺えない。
路地をのぞき込むと、少し雰囲気があるかという程度。

20km 南部市場を折り返すと杉田ICから首都高速湾岸線に駆け上る。
そこからおよそ10kmは高速道路の上を走る。
コースの一部で自動車専用道路を走るマラソンは他にもあるが、10kmにわたり高速道路を走る大会は日本ではここだけ。
高いところから海を見るのが大好きという人にはたまらないコースだ。
ただし、海側は欄干が低く危険なため、緊急車両用。
ランナーは山側の車線を走り、中央分離壁越しに海を見ることになる。

高速を降りると本牧Dポッド。
ハーフマラソンの名残を残したコースということになるが、すなわち、人がいないところ。
交通規制への配慮も踏襲したと言うことになる。

ど素人!マラソン講座

|

2014年9月23日 (火)

東京マラソンに外れたら 2015年版

第9回東京マラソンは2015年2月22日(日)開催。
制限時間:7時間
参加費:10,000円(+手数料500円)
という2点と、走行コースは第1回から変わらない。

総出場枠は35,500人

有料会員制の「ONE TOKYOプレミアムメンバー」枠が3,000人。
この枠はおよそ一月早く抽選が行われた。

チャリティ出場枠3,000人。
10万円以上の寄付で出場権が与えられる。
この枠が始まった2012年より、3,000人という枠は変わっていない。
前回までは「チャリティ・サポートシステム」という名前だったが、今回から「チャリティランナー(ファンドレイザー)」という名前に変わった。

東京マラソンはエリートランナーも走る大会だが、その枠は明示していない。

これらの枠を除いた一般募集枠:29,500人
その枠に応募した一般申込者数:304,825人
10.3倍だ。

その抽選結果は9月25日、応募者にメールで伝えられる。
この当落によって、市民ランナーのマラソンシーズン2014-15は動き出す。

この記事では、落選した場合の選択肢についてまとめる。

7月まで
■横浜マラソンに申し込んでおく
これは既に当選通知まで終えている。
今回は「東京・横浜」二点待ちをかけたランナーが多かったと推測する。
横浜マラソンは2015年3月15日が第1回大会。
東京マラソンの3週間後。
両方とも当たって、両方走るという人もいることだろう。


募集中
■東京マラソンにチャリティランナー枠で出走する
受付期間は7月1日~11月14日
先着3,000人に到達した時点で打ち切り。
10万円を出すか、10万円を集めるか。
いずれかで出場することができる。
*参加費の1万円は別途かかる。


10月1日より
■茨城県 勝田全国マラソンにエントリーする
2015年1月25日開催
エントリー開始:10月1日0時 RUNNET
今回も例年どおり制限時間6時間


10月下旬?
■板橋Cityマラソンにエントリーする
2015年3月下旬開催
エントリーは例年、10月下旬~11月
以前は「荒川市民マラソン」という名前だった。荒川河川敷を強風と戦いながら走る大会。
制限時間7時間


10月下旬
■長野県 長野マラソンにエントリーする
2015年4月19日開催
エントリーは10月下旬
制限時間5時間
東京マラソンに次ぐ人気大会。先着順受付のため、エントリー受付開始とほぼ同時に定員に達する。

11月下旬
■東京マラソンボランティア「TEAM SMILE」に応募する。
募集開始:11月下旬
東京マラソン公式サイトで受付
現場の臨場感を味わうことができる。
ボランティアをしたからと言って、翌年以降の当選確率が上がると言うことはない。


12月
■千葉県 佐倉朝日健康マラソンにエントリーする
2015年3月下旬開催
エントリー開始は11月中旬
制限時間6時間


12月~1月
■茨城県 かすみがうらマラソンにエントリーする
2015年4月19日開催
エントリーは12月初旬から
制限時間6時間

そして最期は・・・
2015年2月22日
東京マラソン2015を沿道で応援する。

マラソンを走る。ボランティアをする。という人でも、沿道で応援したことのある人は少ないはず。
応援する人の気持ちがわかれば、次の走りが変わるかも知れない。

国内マラソン大会一覧(制限時間5時間以上)

|

2014年9月22日 (月)

電話で伝える了解?承知?かしこまりました?

電話の相手

先日依頼した依頼書について聞きたいと思って電話しました

「どういったことでしょうか?」

9月1日に納期確認のメールをしたんですね

「   」

もう1週間過ぎているのですが、どうなっているんでしょう?

「   」

お返事いただけますか?

「   」

あなたならば、上記のやりとりの「  」内にどのような言葉を入れるでしょう。
自分で考えながら、もう1度読み返してみてください。

それでは、2つの応答例を挙げます。

【 1 】

先日依頼した依頼書について聞きたいと思って電話しました

「どういったことでしょうか?」

9月1日に納期確認のメールをしたんですね

「かしこまりました」

もう1週間過ぎているのですが、どうなっているんでしょう?

「かしこまりました」

お返事いただけますか?

「かしこまりました」

【 2 】

先日依頼した依頼書について聞きたいと思って電話しました

「どういったことでしょうか?」

9月1日に納期確認のメールをしたんですね

「そうなんですか(お待ちください。調べます)」

もう1週間過ぎているのですが、どうなっているんでしょう?

「申し訳ありません」

お返事いただけますか?

「承知しました」

応対には3つの段階がある。
1,同調
2,理解
3,承諾

1,同調の段階では、自身の態度はまだ保留している。
相手のいうことをまず、よく聞き、相手が言った事実だけを追認している。
ここで「かしこまりました」とやると、相手は目が点になる。

2,理解の段階では、自身の態度は共感。
ただし、次に自身の行動に移すかは明らかにしていない。
相手が困っているので助けてあげたいが、こちらには対応できる人員が不足しているというようなケースが、これに当たる。
ここで「かしこまりました」とやると、相手は言い分が通ったと勘違いする。

3,「かしこまりました」は承諾。
特に依頼を受けたことの承諾を表す。
なんにでも「かしこまりました」を連発する人は、電話対応マニュアルをまる覚えした人。
臨機応変に考えてはいない。

承諾を表す言葉は謙譲・尊敬の段階により3つある。
・対等またはそれ以下の相手・・・「了解しました]
・目上の相手・・・「承知しました」
・お客様・・・「かしこまりました」

なんでも丁寧に言えばいいというものではない。
ただし、上司に「了解しました」と横柄な態度をとるのもよくない。
(言われている上司が、用法の違いを知らないこともある)

しらべるのビジネス関連記事一覧

|

2014年9月21日 (日)

父が転校を告げた光景

ある春の日の午後
その日父がどこに連れていこうとしていたのか覚えていない。
すでに学校は春休みに入っており、父は家にいた。

助手席に乗り、運転席の父が話す言葉を聞いている。
その向こうには田舎の町並みがつづいていた。

ずっとスバル360ばかり3台を乗り継いだ父が初めて買ったセダンタイプのクルマ。
小学校も高学年にさしかかり、体が大きくなり初めていた僕は、以前より少し広くなったクルマを歓迎していた。
それは面白みのないクルマであり、クルマ好きの父がどのような気持ちでこのクルマを選んだのか、わかりづらい。
ただ、当時その理由を考えたことはなかった。

田んぼが途切れて、ぽつりぽつりとガソリンスタンドや友だちの家が車窓に流れ始める。
やがてクルマは小さな町の中心部にさしかかり、左手にバス会社の発着場、右手に友だちの家が営むうどん屋とスーパーまるとみが見えた時、父が言った。

今度、転勤することになった。

それは、数年来恐れていた一言だった。

いずれ、転校があるのだろう。
できれば、ずっとそういう状況にならなければいい。
そのことを考えると気持ちが沈んだ。
だから、そのテーマは心の底に封印していた。

学校の先生に転勤があることは、毎年春になると先生が転任してくることを見ればわかる。
いずれ教諭の父にもその機会が訪れるだろう。
きっと、それは遠くの町だ。
その時、その扶養家族である自分が一緒に引っ越すことは自明である。
父の転勤は、すなわち自身の転校を意味した。


転校するんよね?

万が一にも、自分だけはその難を逃れるという可能性はないと観念している。
それは咄嗟に出た、ごく自然な質問だ。

あぁ

短いことばで父が答える。

家族の絆こそが掛け替えないもの
そう気づくのは、大人になって親が老いる頃の話し。
子どもの世界は学校の教室を中心に回っている。


春休みに入る前に言ってくれれば・・
せめて、終業式に間に合っていれば「反省会」で教壇に立てた。

ホームベースのような五角形の骨格を持つ初老の担任が紹介する。
「こんどmotoくんが遠くに引っ越すことになった」

え゛~っ
(これが聞きたいだけかも知れない)


「じゃ、みんなにお別れの挨拶をしなさい」
沈痛だが、達観した面持ちで、それに応える。


ただいまご紹介にあずかりましたmotoです。
この度、教育委員会の命をうけ、父が転勤することになりました。
とても残念ですが、私もこの学校を去ることになりました。
仕方のないことです。
思いおこせば、前に住んでいた町で幼稚園がつぶれて、年長からこの町に来て、皆さんと出会って5年。
たくさんの思い出ができました。
僕にいじめられて泣いた女性の皆さん。すみませんでした。
決して悪気はなかったのですが、若気の至りでいたずらな気持ちを抑えることができませんでした。

そんな伝説に残る「小学生による転校の挨拶」をする機会が奪われたことは、とても残念だった。
というのは、今思ったことであり、その時はただ、友だちとの別れが悲しかった。

そして今、長期記憶を揺り起こしても、あの日、父がどこに連れて行く途中だったのかわからない。
当時、2人きりでドライブをしたという記憶はないし、スーパーに仮面ライダースナックを買いに連れて行く。
そんなマイホームパパでもなかった。


父はあの日、友だちにお別れも言えず、この町を去ることになった我が子を不憫に思い、どこに行くでもなく外に連れ出したのかも知れない。

大切なことを父の口から直接聞いた。
言葉を聞いたその光景を、今も覚えている。

父さん、きちんと話してくれてありがとう。

しらべる

|

2014年9月20日 (土)

八百万の神 やらずの神

最近、風邪気味である。
こうして会社に向かい急ぐ間にも、咳が出る。
痰が切れないな。
あたりを見回す。
幸い、10m四方に人影はない。

かーっ

だが、そこであなたは思いとどまり、
痰をのみ込む ^^;)

確かに誰も見ていない。
だが、お天道さんが見ている。
神様がみている。

もし、この姿を会社の若い娘たちが見たら、どん引かれる。
子ども達に、こんな恥ずかしい姿は見せられない。
それじゃ、汚点父さんだ。
(それが言いたかったのか)

しかし、物理的にお天道さんがそこに立っているわけではない。
神様の姿は見えない。
そこは、会社でもなければ、自宅でもない。
通りすがりの見ず知らずの人々に、後ろ指を指されることもない。

だが、あなたは思いとどまり、
痰をのみ込む ^^;)クドイ

それは、あなたが神様だからだ。
あなたの心が神なのだ。

神はあつあつご飯に掛けた玉子ではない。

ロックの名作を出し続けるシンガーでもない。

神様はあなたの心にいる。

日本には古来から八百万の神<やおろずの神>がいるという伝説がある。
その神は物理的なものではなく、精神的な存在。

八百万の神、今ならば一億一千万の神。
1人1人が、自ら神を任じた日から、あなたが神。

だが、現代日本には、それとは真逆の神が居る。
「やらずの神」だ。

自分からは何もやらず、自分に来たボールは、部下や他部署に「メールで転送」する。
その反面、他人は一刀両断。
まるで、神様にでもなったかのよう。

現代日本には物理的な存在として「やらずの神」がいる。
やらずの神は、自分では何も成し遂げていない。
ただ、他人を切って捨て、あたかも神のように振る舞う。

八百万の神になる者あれば、やらずの神となる者あり。
人口増加に伴い「一億一千万の神」と言い換えられないのは、1億200万人が神ではないからか?
というと、決してそんなことはない。
日本がこれだけ長らく平和を保っているのは、やはり、多くの国民が八百万の神であるからだ。

こころの健康もくじ

|

2014年9月19日 (金)

ほぼ日手帳2014を、2015年まで2年間使うことにした

ほぼ日手帳2014を、2015年も使うことにした。
手帳を2年使うというのは、初めて思いついた。

これまでは、その日のページにその日の出来事、思いついたアイデアを書くものだと思っていた。
生まれてからずっと、手帳はそういうものと考えていた。

ほぼ日手帳2015本体は2160円。
これに送料が743円かかるので、合計価格は2,903円。
決して安くない買い物だ。

スマホを使うようになってから2年。
ほぼ日2013、2014は、ほぼまっさらの状態が続いている。

ほぼ日手帳を使うのは、パソコンやスマホを持ち込むのがはばかられるような取材の時。
一例を挙げると、図書館にこもって調べ物をするというような時だ。
だが、その用途も 小型のSHOT NOTE に取って代わられつつある。

今、ほぼ日手帳2014をぱらぱら漫画のようにめくった。
しっかり書き込んでいるのは20ページ程度に過ぎない。
そのうちの半分は、1ページに書ききれなくて他ページを使ったもの。
つまり、およそ260日でネタ帳として使ったのは10日。
1ヶ月に1回ということになる。

2014年9月1日
ほぼ日手帳2015発売から2週間
初めて浮かんだアイデアは、

来年も「ほぼ日手帳2014」を使えばいいじゃん

ほぼ日手帳2014で使った10日にしても、書き込む場所はその日付でなくても構わない。
あとで、メモからしらべるに書き起こす時
"あのことは、ほぼ日手帳に書いた"
ことがわかっていれば、それで探すことができる。

あの日の出来事はどういう内容だったか?
その時、自分はどう考えたか?
このように時系列属性が求められるメモは、スマホに移行している。

iPhone5でメモを立ち上げて、siriでつぶやく。
すると、その時間に自分宛にメールが送信される。
帰宅してメーラーを立ち上げると、そこには時系列で自分のことばが記録されている。

2015年はほぼ日手帳2014を引きつづき使うことにした。
2015年1月1日に書く時は、2014年1月1日のページに ⑮ というアイコンを付けて書けばよい。

「去年の手帳を今年も使う」
その感想は2015年秋のココロだぁ~

ほぼ日手帳の歴史

|

2014年9月18日 (木)

ほぼ日手帳2015を買うかどうか考えている

ほぼ日手帳は、カレンダー書き込み式の手帳。
1日1ページ、見開き2日で書いて行く。
カバーは1年を超えて使い続けることができる。
手帳「本体」だけを買って、カバーに差し替えて年を越す。

2006年から買い始めた。
3年めにあまり使わなかったので、2009年は買わなかった。
しかし、やはり必要だと思いなおして2010年からは5年つづけて買っている。

日々の記録ならばパソコンがある。
手帳が必要になるのは、浮かんだアイデアを瞬時に書き留めたい時だ。
書き留めるだけならば、広告の裏紙でもかまわない。
ほぼ日手帳をネタ帳にする理由は、時系列の手帳としても使えるからだ。

ほぼ日手帳は毎年9月1日に、来年版が発売される。
さて、2015年は買おうか、買うまいか。
情報収集を始めた。

ほぼ日手帳2015年版では、初めて2分冊ができた。
通常版の半分の薄さ・軽さで、前期(1~6月)と後期(7~12月)の2分冊「avec」
通常の大きさの「avec オリジナル」と、少し大きい「avec カズン」の2種類。

持ち歩く機会は少ないし、たまに持ち歩いた時に、半年分しか手元にないのは困る。
従って、今度もまた通常版だ。

2014年4月1日に消費税率が5%から8%に移行したことに伴い、ほぼ日手帳もそれに準じている。
「本体のみ」価格 2,000円→2,160円
送料630円→756円

ほぼ日手帳2015は、2014年12月1日から2015年12月31日まで使える。
今年初めて使う人は12月1日から使い始めることができる。
自分の場合は、未来のことを書くために使っている手帳なので、12月1日に「本体」をさし替える。

ほぼ日手帳は、インターネット上のほぼ日ストア(webショップ)または、全国のロフト店頭で売っている。
webショップで買うと、送料がかかってしまうが、購入特典がつく。
毎年付いているのは、3色ボールペン(JETSTREAM)
これに、年代わりであと1品。
2015年は「ほぼ日のティッシュシェル」

手帳本体は熟成されており、例年大幅な変更はない。
2015年では、日々のページで、月表示はそのままに、日にちの表示が大きくなった。
たまにしか使わない者にとっては、どちらでもよい変更点だ。

初めての試みとしては、手帳ごとにシリアルナンバーが付いた。
「仮面ライダー原作版旧1号 限定100体」
ならば、シリアル番号にもストーリーがあるが、大量に印刷する手帳にシリアルナンバーを付けるという発想が面白い。
もし僕が「ほぼ日手帳」開発担当者だったとしたら、向こう10年は思いつかないだろう。

標準カバーは35種類まで増えた。
各\3,780
2006年に買い始めて以来、カバーは5つ買った。
そのうち最初のものはビニルカバーが付いて折らず、みすぼらしく汚れたので替えた。
牛革ガラス面仕上げは、すぐに光沢がなくなり貧粗になった。
今使っているのはビニルのオーバーカバーが標準付属となったもの。
ほとんど汚れないので、買い換えの必要に迫られることはない。

差し替えは12月1日。
まだ時間がある。
予算に余裕ができたら買おうと思い、次期執行予算リストの1番めに書いておいた。

そうして、2週間が過ぎた時、ひらめいた。
そうだ。
来年もこれを使おう。

つづく

|

2014年9月17日 (水)

カープラスに入るメリットがある3つのケース

日曜の朝
特に用事も当てもないドライブ
空いている東京の道やはり楽しい

カープラスは車内禁煙。
2014年1月には、ペットの同乗・灯油の積載が禁止された。

以前、ペットに着せる服は自宅ではなくコインランドリーで洗濯する。
という人の話を聞いて、とても不愉快になったことがある。
共用のクルマで灯油をひっくり返して、車内に大変な悪臭を充満させた人もいた。

潔癖症の人ならば、他人が触ったハンドルというだけでもダメかも知れないが、そうでなくても、誰かとモノを共有するということは、少し敷居が高い。

ゴミを残さずキレイにして返却すると、次に借りた人がアンケートに「キレイだった」と回答することで、ポイントがもらえる。
アンケートに答えるだけでも3ポイントがもらえるので、ポイントをもらえる確率は高い。

みんなのクルマだから、キレイにカーシェアリング。
ここまでのアイデアはなかなか思いつかない。
いいと思ったことは、なんでもやる!
というひたむきさに好感が持てる。

カープラスはあらゆることが、こなれている。
音楽、カーナビ、貸出システム
欲しい機能はなんでもある。
さすが、歴史が一番長いカーシェアリングだ。

ひとつだけ、ホームページにわかりやすく書いていないことがある。
それは事故発生時の規約だ。

事故が起きた場合、対物事故の免責ゼロ。
ただし、自車に損傷がなくともNOC(Non Operation Charge)=休業補償は一律2万円。
これは、契約時にもらう約款24条に記載。
2万円という金額はホームページと、2カ所に分けて書かれている。

レンタカーの場合、キズ凹み確認、保険の説明、NOCの説明と
「事故は起きるもの」という前提で説明がある。
それは事務所において人が介在するからだ。

カーシェアリングでは貸出、返却に人は介在しない。
従って、乗車前の説明はなし。
ここは今後、普及に伴い、変わっていくかも知れない。

いずれにせよ「免責ゼロ」は安心感があるサービスだ。

走行中、スマホにメールが届いた。
クルマを停めて確認するとカープラスからだ。

この度はTimes Car PLUSをご利用いただきありがとうございます。
あと30分で返却時間となります。

ほぼ同時にピンポンピンポンとチャイムが鳴り
「予約終了の30分前です」というメッセージがナビに表示された。
手元の電波時計で確認すると時間はぴったり合っている。

返却時間の15分前に返却。即座にメールが届く。

この度はTimes Car PLUSをご利用いただき、ありがとうございます。
以下の予約で給油割引が適用されましたので、ご確認ください。
■割引金額
 -206円

9:15
この度はTimes Car PLUSをご利用いただきありがとうございます。
以下の内容で返却を確認致しました。

[ご利用履歴]
44分利用 618円

「その他課金・割引等」
給油割引 -206

「合計請求金額」
412円

3ヶ月基本料金無料「おためしキャンペーン」の説明によると、
利用開始月から3カ月間は、家族プランに含まれている無料利用分(1,030円分)は付かない。
従って、初月の請求金額は 412円ということになった。

3ヶ月基本料金無料「おためしキャンペーン」の恩恵に預かることができるケースは、一か月間まったくクルマを使わなかった時だけ。
試しに入ってみたけど、全然使う機会がなかった。
あるいは、使いたかったけれど、週末は予約がまったく取れなかった。
と言うときだけになる。

とにかく、少しクルマが使いたい。
大きい荷物を運びたい。
そんな時、カーシェアリングは大変便利。

以下にあてはまる人は、大きなメリットがある。
1.走行距離がとても少ない。
2.すぐそばのタイムズ駐車場にカープラスのクルマが常備されている。
3.乗車人数が、自家用車の乗車定員を超えるため、タクシーを使うことがある。

おわり

|

2014年9月16日 (火)

スカイバスのぼるくん 静態保存(放置)されたら見に行きたい!

頂上の展望台に着いたスカイバスのぼるくん。
レールは錆びていますが、のぼるくん本体はキレイ。
青・白ツートーンの爽やかな配色が、武雄の青空に映えていますね。
もうこの写真を撮ることはできません。

頂上から撮った風景。
横一線に見えているのが長崎自動車道路です。
これまでは、スカイバスのぼるくんに乗れば、誰でも楽々この景色を愛でることができました。
今後は、健脚自慢のウォーカーたちにとって、登山のご褒美となることでしょう。

頂上を後にして下っていくのぼるくん。
この写真は2連結ゴンドラの下側に乗り、座席から立ち上がって撮っています。
座ったままではほとんど景色は見えません。
太陽を背にしているので、少しは前を見通せます。


スカイバスのぼるくんの解体費用は3千万円と報道されています。
(2014年9月11日佐賀新聞電子版)

その解体とは、レール施設のことなのか、のぼるくん本体についてなのかというところまでは言及されていません。

のぼるくん本体も解体すればお金がかかる。
静態保存という意見は出ていないのでしょうか。


試しにGoogleで
"静態保存 スカイバスのぼるくん"
で検索したところ、上位の記事はしらべるばかりでした(笑)
スカイバスのぼるくんに注目しているのは、ここだけなのかも知れません。


JR引退車両のなかには、静態保存車両を「喫茶店」「レストラン」「図書館」に転用した事例があります。
保存すれば解体費用は不要ですが、どこかに置けば土地代がかかる。
斜面を走っていたために、平地に置くと座りが悪いのぼるくん。
それらの費用を出してでも商業に使いたいという武雄の事業者が現れたら、廉価で払い下げてもらいたいです。

もしもスカイバスのぼるくんが何処かに静態保存(放置?)されるならば、来年、武雄市図書館に行った時は、それを見に行きたいと思います。

スカイバスのぼるくんの話しはこれでおしまいです。
おつきあいいただき、ありがとうございました。

|

2014年9月15日 (月)

スカイバスのぼるくん 写真で追う詳細記録

来年2015年、武雄市図書館を訪れる時も、スカイバスのぼるくんに乗って武雄を俯瞰するつもりでしたが、先月の乗車が最期になりました。
もう書く機会もないと思うので、書き残したことを出そうと思います。

券面が100円となっているのは復路片道料金。
往路100円の半券は、手渡しの際にすでにちぎられています。
武雄が見渡せる展望台まで登って200円。
これは安いです。

去年、とくしまマラソンの時に登った眉山ロープウェイが往復1,000円でした。
眉山の標高が280m。
武雄保養村の展望台が130m。

280mからの景色が1,000円なのだから、130mの展望台は400円の価値はあるはず。
その半額です。安い!
徳島と武雄では集客力が違う・・
といった無粋なツッコミは無しでお願いします。
もう終わったことですから。

NO.053303 というシリアルナンバーが見えます。
累計5万3千人めの客だったのでしょうか。

撤去を報じた 9月11日の佐賀新聞電子版によると
「ピークの2000年度は17,559人の利用があったが、昨年度は4,699人」

明らかに違いますね。
累計利用者数ではありません。
まぁ、今となっては、どうでもいいことですね。

麓の乗車駅には「機械冷却のため1時間3往復」と書いてありました。
これを見ていたので、頂上に着いた時、次の便はいつくるのだろう?
と心配になったのでした。
レールだけでなく、動力系統も老朽化していたということでしょうか。

麓の駅から発車して間もなく、左にカーブ。
この時点では車両はほぼ水平であり、視界も良好です。

ところが、上りに入ると間もなくご覧の通り。
太陽光がアクリルガラスに当たると、前が見づらくなります。

しばらく行くと再び平坦な区間。
これからのぼる斜度23度のレールが一望できます。
遊園地のジェットコースターならば、口から心臓が飛び出してきそうな光景ですが、その先に急降下は待っていないので、のんびりしていました。

客席と前方窓の間にはブラックボックス部分があります。
恐らく動力かギア寄港が納められているのでしょう。
その上に書かれた「のらないで!!」の文字がガラスに映り込んでいます。
そこに、大人が乗ることはないでしょうが、連れてきた小さいお子さんをそこに乗せる人はいたかも知れません。

つづく

|

2014年9月14日 (日)

さよなら武雄スカイバスのぼるくん!

全国の「時刻表に乗っていない鉄道」ファンの皆さんこんにちは。
今日は、先月末(2014年8月末)で営業運転を終了した武雄市の観光モノレール
スカイバスのぼるくんを取り上げます。

予定調和な文章であれば、ここで
「先日惜しまれながら引退した・・」
と始めるところですが、その言い回し、今回の状況に合わないようです。

そもそも、鉄道は人ではありませんから「引退」という言葉はそぐわないかも知れません。
ただし、メディア各社の間では、1999年の新幹線「0系引退」以来、鉄道車両が営業運転から外れることを「引退」と表記する合意が得られたようです。
従って、しらべるでも鉄道車両については「引退」という言葉を平然と使っています。

「引退」ということばは「長嶋茂雄引退」以来、長年親しまれた存在がその現役としての役割を終える時、惜別の念をもって使うようになりました。
ただし、今回のスカイバスのぼるくんについては、引退という言葉が積極的に使われている形跡はありません。
以下では、わかりやすくするためにあえて「引退」という表記を使います。

のぼるくん引退を伝えた佐賀新聞電子版の見出しは

武雄市・保養村の観光モノレール撤去へ
→http://www.saga-s.co.jp/sp/news/saga/10101/103411

老朽化した鉄道は解体される。
新幹線0系にしても、引退後は解体された。
ただし、鉄道史に残る財産であるため静態保存されている。
静態保存について、しらべるの定義は以下の通り。

かつて走行していた車両を、走行不能な状態で保存していること。
静態保存している車両は展示して一般公開される。
車両基地に放置しているだけのものは、わざわざ静態保存とは呼ばない。
動力で走行可能な状態で保存していることは動態保存と言う。

日本では動態保存される鉄道車両はほとんどない。
一部の蒸気機関車がある程度。
解体を逃れる車両は、静態保存される。

では静態保存される決め手はというと、
・現役当時、鉄道ファンから強い支持があった。
・次世代に残す遺産に値する。
そして、静態保存を望む意見が多数の人々から挙がると言うことだ。

さて、スカイバスのぼるくん
その引退に際して使われている言葉は「解体」「撤去」
老朽化した鉄道だから解体。
これはすべての人に公平に死が訪れるように、すべての鉄道車両の宿命です。

ただし、スカイバスのぼるくんの場合は、
・営業的にみて赤字である。
・レールを含めた施設が危険である。
というネガティブな要因が引退のトリガーとなっています。

最大斜度23度という急斜面にこしらえた鉄道。
新幹線のように毎晩、保線する費用も出ない。
車両が斜面を転落という惨事につながる恐れがある。


発車直後、のぼるくん車内から撮影

沿道からのぼるくんのレールを一目見た時、
もしかしてこれ?
いやこれは使用済レールじゃないかな
でも他に、車体が走れそうなレールは見あたらない
これに間違いない

毎日のように新幹線のレールを見ているせいか、のぼるくんが走るレールは、活力を失っているように見えました。

つづく

|

2014年9月13日 (土)

武雄スカイバスのぼるくん 21年2ヶ月で、その役割を終える。

きたーーーーーーーーーーー

は、待ち望んでいたものごとが現実になった時に使う。

圧倒的な爽快感のある清涼飲料水が発売された時や、
サッカー日本代表の選手がみごとなゴールを決めた時
twitterなどのSNSで人々が一斉に発言する。

iPS細胞のノーベル賞受賞時、山中伸弥と名乗るtwitterアカウントが
ノーベル賞きたーーーーーーーーーーー
とつぶやいた時は、誰もが笑った。


たいていにおいて、きたーーーーーーーーーーーは
待ち望まれていたグッドニュース。
誰もが喜んでいる。
思考停止した感動表現手段だと、眉間にしわを寄せる人はいても、事実そのものに対して懐疑的なわけではない。

ところが、時々「あぁ、やっぱりね」というアイロニーを込めて、つぶやくことがある。
想像して危惧していたことが、現実になった時だ。


今回、きたーーーーーーーーーーー
とつぶやいたのは、このケースである。

こんなものつくったら、後世の負担になる貴重な一例。

樋渡啓祐武雄市長が、9月12日、佐賀新聞電子版「保養村の観光モノレール撤去へ」の記事に対してこうtweet。
既に営業は終えており、営業期間は21年と2ヶ月だった。

スカイバスのぼるくんの歴史

1993年7月1日
運行開始。

2014年8月31日
営業終了

2014年9月11日
樋渡啓祐武雄市長が市議会で解体を表明した。

スカイバスのぼるくんに乗った話しへ



Photo


いわゆるコミュニティが終焉した、一般的ネットの世界においては、名誉を毀損するか、迷惑をかける恐れのある見解は言及が避けられる。
本来、関連しているはずの人たちが、ある特定の情報に対して関与したがらないという傾向が読み取れた時、その対象となるものがネガティブな存在であることを浮き彫りにする。

スカイバスのぼるくんを巡るネットの反応には、明らかにそれが読み取れた。
そして現場における空気にも、それを裏付けるものがあった。

それでも先月、訪れた際
「8月末までは休み無しで運行します」
と聞き、杞憂かと思った。
なんだ、繁忙期にフル稼働するということは、まだまだ勢いがあるじゃないか。
ところが、それは最後の輝きだったのだ。


いつまでもあると思うな親と金
昔の人はこう言って、今目の前にあるものを当たり前と思わず、後悔しないようきちんと向き合いなさいと諭したものだ。
これまでの人生では、覆水盆に返らずの後悔も多々あったが、のぼるくんについては、最期に間に合った。

|

2014年9月12日 (金)

乗って楽しい キレイに乗るとお得 カープラスのカーシェアリング

車のキーはグローブボックスに入っている。
キーはただぽつんと入っているのではなく、貸出システムのトリガーとなるキーシリンダーに挿してある。
返却位置から貸出位置に回す。
その時点で利用開始となる。
キーを抜いてイグニション・シリンダーに挿して始動。
ここからは通常の運転と同じ。

キーレススターターが付いている車両の場合、キーはポケットに入れて置くと良い。
その場合、エンジンのスタート/キルはボタン操作でおこなう。

借りたい時間帯に既に予約が入っていたので、予約待ちを登録しておいたが、結局当日まで空きは出なかった。
そこで、早起きして早朝の空き時間に乗りに来た。
予約後、予約確認画面で目的地を登録することができるので、目的地を登録しておいた。

自宅パソコンから車のカーナビが予約できる。
これは、ずっと夢に思っていること。
カープラスでは、それを実現している。

「この度はTimes Car PLUSをご利用いただきありがとうございます」
「あと10分で予約時間となります」
「キーボックスを開けて気を取り出してください」
「案内板をもとに戻してください」
「始業点検をしてください」

このナビは、とにかくよくしゃべる。
慣れないうちは、これはありがたいことだ。

まず始めに、登録しておいた目的地の削除。
メニュー>お出かけメニュー>ルート消去
で削除できた。

大半のHDナビがそうであるように、カープラスのナビも音楽を聴くことができる。
「AVボタン」押下
FM/AMラジオはラジオ局はプリセットされていて、簡単に選局できる。

「BTオーディオ」のアイコンをタップすれば、iPhoneなどの機器を登録することができる。
ブルートゥースでペアリングするのでケーブルは不要。
ブルートゥース対応のスマホ、ウォークマンを持参して、いつも聴いている音楽をカーステレオとして活用できる。

走り始めると
「急加速です」「急停止です」
といった警告アナウンスが流れ、カーナビの画面下に回数が表示される。
これが「ゼロ」だった場合、エコ運転として3ポイントがもらえる。
"あなたのエコ運転度"を採点されるようで楽しい。
仲間と乗った場合、カラオケの採点のように、盛り上がるだろう。

さて、つづいては給油体験。
カープラスは"ガソリン代込み"
レンタカーのように、返す間際になって満タン給油を意識する必要はない。
ガソリンが減っていたら、誰かがガソリンを入れる。
ただし、時間貸しなので、だれもが給油に時間を割きたくない。

そこで、カープラスでは20リットル以上給油すると、15分の利用料が割り引かれる。
給油は自動検知されるので、申告する必要はない。

幸いガソリンは半分ほど減っているので、セルフのガソリンスタンドへ。
車内にある「タイムズカープラス専用給油カード」を持って給油機へ。
手続きはクレジットカードとまったく同じだ。

給油できるスタンドはカード裏面に書いてある。
エネオス、エッソ、モービル、ゼネラル、コスモ石油、出光、キグナス、三井、太陽
ほとんどすべてのチェーン店を網羅している。

給油を終えて始動すると、ナビにメッセージが表示された。

給油割引が適用となります
洗車された方はコールセンターへご連絡ください

つづく

洗車でもさらにポイントがつくが、さすがに洗車の体験は遠慮した。

|

2014年9月11日 (木)

BCCで届いたメールに全員へ返信するとどうなるか

世の中には、間が悪い人がいる。
最近では「空気が読めない人」と言うことが多い。

メール界?にも、間が悪い人がいる。
BCCで届いたメールだと気づかず、ネタばらしてしまう人だ。

例を元に書いていこう。
登場人物は以下の3人。

Aさん=メールの発信元となる人
Bさん=宛先に入れた人
Cさん=BCCに入れた人

Aさんが次のようにメールを送る。
[ 差出人 ] A
[ 宛先 ] Bさん
[ BCC ] Cさん
[ 件名 ]重要報告

Bさんは嫌なヤツで、皆から困った社員と言われている。
Aさんは「自分はきちんとBさんに、こう言うことをメールしている」ということをアピールするために、CさんをBCCに入れた。

メールは世界中を駆け抜けて、瞬時にBさんとCさんに届く。
さて、このメール。
Cさんが受け取ったメールのヘッダーには次のように見えている。
----------
件名 重要報告
送信者 Aさん
宛先 Bさん
----------

ヘッダーには自分(Cさん)の情報は出ていない。
そこで、メールに詳しい人、
現代においてはそれが普通の人だと思いたいが、現実はそうでもない。
詳しい人は「あ、これはAさんがBさんに送った重要報告を、内緒で自分にも送ったのだな」と察してくれる。

Aさんは、あなただ。
あなたは、Cさんのメール・リテラシーを訝しんでいる。

もしも、Cさんが
「横から失礼します」
などと言って返信したら、内緒でCさんに送っていたことがBさんに知られる。
Bさんからの信頼はそこで失墜する。
Bさんが上司の場合、自身のサラリーマン人生に重大な影を落とす。

【 問 】
もしもCさんが、このメールに「全員に返信」したら、いったいどういうことになるのか?

【 答 】
元のメールの送信者であるAさん、宛先のBさんに
メールが届く。

*Outlook2010で検証

素人は滅多にBCCを使わない。
デフォルト(初期状態)では[BCC]ボックスは表示されていないので、BCCを知らない人もいる。
BCCで届いているという認識がない人は多い。

BCCでメールを送ることは諸刃の剣。
便利さと危うさの背中合わせだ。
BCCでメールを送る場合、Cさんの値踏みは慎重になる。


Cさんを慎重に限定したうえでも、
BCCで届いたメールをお漏らししてしまうサラリーマンの比率は10%程度と推察する。

しらべる

|

2014年9月10日 (水)

カーシェアリング入会!カープラスの課金と予約

タイムズのカーシェアリング「カープラス」に入会した。
1,550円の発行手数料をタダにするために「クイック入会」
会員証の受け取りは仕事帰りに寄ることができるタイムズ事務所をしておいた。



持参するのは、入会する家族全員分の免許証コピーのみ。
ネット入会手続きで訪問時刻も指定するので、10分もかからず手続きを終えた。



「ご家族が同時に別々の車を借りることもできます」
あまり、ないことかも知れないが便利だ。



車を使った時の課金について確認。



「予約開始時間から、実際に使った時間の課金です」



たとえば、15:00~17:00で予約。
15:00に使い始めて16:45に返却した場合、
15:00~16:45で課金される。



予約した場合、直前の15分はメンテナンスタイムがとってある。
後から他のユーザーが、直前まで予約を入れることはできない。



仕業点検を10分するために、車は予約開始時間の10分前から解錠できる。
その10分間は課金されない。
仕業点検が数分で終わった場合、走り出してもかまわない。





早速、週末の予約を入れる。
ところが、2日後に迫った土日はすでに「予約不可」
空いているのは早朝と夜間のみ。
仕方なく、一週間後の土曜に予約を入れた。



予約できるのは2週間前のおなじ曜日の0時から。
100ポイントを貯めてステージ2に進むと「3週間前」からになる。
予約キャンセルは予約開始時間の1分前まで。



使う当てもないのに、とりあえず予約を入れておき、使いそうにない時はキャンセルする。
そういう横着を繰り返す会員には警告がでて、度重なる場合、会員IDを剥奪される。



家族会員も運転する場合、追加運転者登録から登録しておく。
2人が運転するという場合、どちらのIDで予約を入れても構わない。
当日の解錠に必要なのは、予約者の会員カード。
追加運転者のカードでは解錠できない。



使う車は大抵、家から一番近いタイムズだ。
マイページに最寄りのタイムズステーションを登録しておくと「簡単予約」から、すぐに予約へ進むことができる。
なお、ログインIDはブラウザーが記憶できるが、パスワードはGoogle Chromeでも記憶しない。





迎えた初利用日。
車を使う上で必要なのは会員カード、免許証。
メールで諸連絡が届くのでスマホ・ケータイも必須と言える。



たとえば、返却してドアロックした後になって、車内に忘れ物をしたことに気づいたという場合。
返却と同時にスマホ・ケータイに届く「【Times Car PLUS】返却証」のメールを開く。
「忘れ物をされた方はコチラをクリック」をタップすると、1度だけ解錠することができる。





予約開始時間の10分前を過ぎたので、会員カードをかざして解錠。
車を一回りして外観に問題がないかを確認する。
レンタカーの場合、係員と一緒にキズ・凹みを確認するが、カーシェアリングでは現場には係員はいない。
念のために、目立つキズ・凹みがないかは確認した。



前に借りた人がぶつけたのを申告せずに返却。
そんなことも想定の範囲内に入れる。
もし、気づいたことがあれば、発車前に電話で確認した方がよい。
フリーダイヤルの問い合わせ先は会員カードの裏面、右下に書かれている。





仕業点検が終わったら、車の前に置いてあるスタンド看板を一旦、脇にどける。
どけないと車が出られないからだ。
数メートル先で車を停めたら、車外に出てスタンド看板を元の位置に戻す。



こうして置かないと、この位置にコインパの客が停めてしまう。
1年前、スタンド看板(パイロン)が脇に置かれていたのは、利用者がこのルールを遵守していなかったのだ。



つづく



|

2014年9月 9日 (火)

タイムズのカーシェアリング「カープラス」 実際いくらかかるのか?

日曜の午後、アイスを求めて近くのコンビニまで歩いて行く。
「書を捨てよ、町に出よう」
と著したのは寺山修司だが、自分の場合
「パソコンから中座せよ、散歩しよう」
ということになる。

執筆で煮詰まった時、当てもなく体を動かすだけで、カラダの中の空気が入れ替わる。

冬になれば、またここを走るんだな。
お、けっこう走っている人多いな。
でも、なんでこの暑い中、ウエストポーチもつけず、給水も持たずに走るんだ?
しかも、夏だというのにサウナスーツのようなものを着込んでいるぞ。
汗を閉じ込めるような恰好をしても、痩せはしないのに。


おや?
ここは更地になっているぞ。
何ができるんだろう?
これだけ広いから、高層マンションかな。
それにしても、前、ここ何があったっけ?


無数に並ぶ、一軒ずつの属性や色カタチ
人は覚えていられない。
現代は、超がつく情報化社会。
あらゆるメディアと機会を通じて、情報が視界に飛び込んでくる。
特に都会ではそうだ。
いちいち、ここに見知らぬ佐藤さんの家がある
といったことを覚えていたら、肝心のことが覚えられない。



やがて、その更地にはタイムズパーキングができた。
コインパならば他にもあるし、そもそも停める機会はない。
喫茶店か図書館でもできれば、大変ありがたいのだが、駐車場に興味はない。

と、その情報を切り捨てようとした時、駐車中の車の前をふさぐ黄色いパイロンが目に停まった。
既視感がある。

過去の記憶に照会をかける。
パイロンには「タイムズでカーシェア」の文字。
1年前の記憶とマッチングする。
おっ、ついにカーシェアリングが、近所にできたのか。

「わ」ナンバーの、その車をしげしげと見回す。

いったい、どうやって鍵を開けるんだろう?
使いたくても、他の人が使っていると、使えないよな。
個人でも使えるのかな。
法人だけだろうな。
入れたとしても、固定費(月額基本料金)が高いんだろうな。


疑問はすぐにしらべる。
現代は、Google先生が膨大な情報への取次をしてくれる。

「タイムズ カーシェアリング」
で検索すると、当然のごとくタイムズの公式サイトが1番手だ。

細かいことは置いて、まずはいくらかかるか?

●初期費用

カード発行手数料:1,550円(1人)
ただし、2014年10月末までは、ネットで「クィック入会」すれば無料。
「クィック入会」は、会員証受け取りの手続きを、タイムズの事務所に出向かなければならないが、通勤の寄り道で行ける。

入会金:ゼロ
すなわち、初期費はタダ。

つづいてランニングコスト

月会費:1,080円
ただし、1,080円分の利用権がついている。
一か月、まったく使わなければ1,080円。
(この時はそれが3ヶ月無料になるキャンペーン中だった)
1,080円分使っても1,080円。

クルマの利用料
15分206円
ガソリン代込み
つまり、走った距離は関係ない。

1時間使った場合、税込み824円である。
これは手頃だ。


タイムズはカーシェアリングのパイオニア。
そのまま業界1位を走っており、これからも他社の追随を許さぬための浸透価格を設定しているのだ。

同居家族に免許保有者がいる場合、全員を登録しても料金は変わらない。
「クィック入会」すれば、全員分のカード発行手数料が無料。
(2014年10月末)

これは入っておいて損はない。
即座に入会を決断した。

つづく

しらべる

|

2014年9月 8日 (月)

カーシェアリングが東京にもやってきた!

晴れた日曜の午後、遠出してお気に入りの商店街に来た。

駅前に連なるこの商店街には、契約駐車場はない。
「2,000円以上のお買い上げで1時間無料」
といったサービスは、土地の高い東京では成り立ちづらいのだ。

頼りはタイムズなどのコインパーキング。
それも週末には混んでいて、満車ということが多い。

遠くから「空」の文字を認識した。
お、ラッキー!空いているぞ。
この時間帯には珍しく、2つ空いていた。
右側に車が停まらない角の区画を選び、バックで進入する。

枠の右前あたりにパイロンが立っている。邪魔くさいな。
誰が、こんなもの置いたんだ。

ドアロックして車を離れようとすると、いつもと景色が違うことに気づいた。
あれ?停車板がないぞ?
車の前はすぐ道路だから、前にストッパーが跳ね上がるタイプでもないし。

よくみると、その区画だけは他とは線の色がちがう。
パイロンを見るとカープラスとあった。

そうか、これがカーシェアリングか。
ついに、東京にもできたんだな。

遡ること9年前の2005年、カーシェアリングが始まるというニュースをしらべて、しらべるの記事にまとめたことがあった。

タイムズのカーシェアリング「カープラス」
時系列の記録

2005年
マツダレンタカーが広島県でカーシェアリングサービス「カーシェア24」のサービス開始。

2009年3月
「タイムズ」がマツダレンタカーの株式を取得(買収)

2009年5月
マツダレンタカーとパーク24で「カーシェア24」全国展開 開始。
法人会員は月額基本料金無料。
家庭向け個人会員については記述がなかった。

2010年6月1日
サービス名称を「カーシェア24」から「Times PLUS」に変更。

2010年7月
東海道新幹線 東京、品川、新横浜、名古屋駅、京都、新大阪、山陽新幹線 広島駅でサービス開始。

2013年
ブランド名を「タイムズプラス」から「タイムズカープラス」に変更。

現在は「タイムズカープラス」がサービスブランド名称として使われている。
カーシェアリングは他社も参入しているが、タイムズが業界1位。
一般的には「タイムズのカープラス」と呼ばれている。

人々が老齢化した都心の古い住宅街。
相続するのが難しいのか、古い家が取り壊され「コインパ」になることが多い。
その追い風に乗って、いよいよ東京にもカーシェアリングが上陸してきたのだ。

帰宅してすぐにGoogleでしらべる。
だが、自宅のそばにはタイムズのコインパーキングそのものがない。
「ちょっと車を使いたい」
という時に便利なのが、カーシェアリング。
車まで徒歩20分では、話にならない。

しばし、時が流れるのを待つことにした。

つづく

|

2014年9月 7日 (日)

川古の大楠売店でいただいたお茶に悩む

天然記念物 川古のクス
幹周21m
樹高25m
根回り33m
枝張り27m
樹木の看板には川古の大楠ではなく「川古のクス」と記されている。

佐賀県の各地に楠が栄えていたことは「肥前国風土記」に記されているが、その最大のものが川古のクス。
全国巨樹・巨木林調査では、福岡県築城町本庄の大楠とともに五番目の大きさとされた。

樹木ファンではないが、1日に2本の大楠を見るとはありがたい。
そう思いtweetしたら「武雄には大楠が3本ある」ということを教わった。

せっかくここまで来たのだから、何か名産品でも。
1度、車に財布を撮りに戻り、一眼レフを車に置いてから公園の売店へ。
レシートによると「川古の大楠公園」とある。
観光名所としてのブランド名は「川古の大楠」で統一しているようだ。
「川古のクス」は国の天然記念物として認定された名前なのだ。

僕が店内に入ると、お店の人と近所の客の会話がまとめに入った。
予想通り地元の農産物が品揃え。
アイスクリーム、飲料といった昔ながらの雑貨屋でもある。
子どもの頃、住んでいた町にあったのはこういう店。

「お茶、どうぞ」
店主が客との会話を中段して、声をかけてくれた。

夕暮れとは言え、この暑さ。
ありがたく、ご相伴にあずかろう。

さて、と手を出そうとして一瞬戸惑う。
どうぞの声と同時に店主の手元を見ていなかった。

盆の上に6個の湯飲みが置かれている。
空っぽになった湯飲みも2つあるが、あとの4つにはいずれも茶が入っている。
その残量は微妙に少しずつ違う。
件の地元客はまだ1人、店内にいる。

いったい、どれが僕のお茶なのか。
今さら、どれですか?と聞くのも無粋だ。
かと言って、他の客が飲みくさした茶を採っては、店主も苦笑を禁じ得ないだろう。

4つのうち1つは残り4分の1。
これは、先ほど僕と入れ違いに帰って行った客のものだ。
つづいて半分くらいに減った茶、これが居残っているおばさんのものだ。
あと2つのうち、残量が多く、僕から近い列に置かれている1椀にしよう。

この判断に要した3秒の緊張。
店主には悟られていないはずだ。

「あ、それウチのお茶ばい」
と言った指摘を受けることなく、店内を物色した挙げ句、冷蔵庫に入っていた税込500円のいのししソーセージを川古の土産に求めた。
いくつかある在庫のうち、1つだけぽつんと手前に置かれていたいのししをパスして、奥にあるいかにも賞味期限が長そうな方に手を出す不作法は、ここには似合わなかった。

16:03
川古の大楠out
武雄市内からここまで40分。
カーナビで検索すると、ここからは下道を伊万里に抜ければ佐世保はすぐそこ。

来年もまた武雄に戻ってくる。
ホワイト餃子は来年の楽しみに取り置くことにした。
レモングラスも飲んでいないし。

今年こそN700Aに乗りたい!品川-佐世保の旅

|

2014年9月 6日 (土)

思い込みは、目に見えるものごとの姿かたちを決める際に色濃く反映する

3,000年つづいた樹齢が、ほんの少し前に途絶えたのか。
僕が来る、そのわずか前に。
脳がストーリーを組み立て始める。

そういえば、ネットで川古の大楠を検索した時に、あまり新しい記事がヒットしなかったな。

twitterで川古の大楠に行くことをつぶやいた時も、武雄全般のなかでそこだけ、反応が薄かった。

ここまで来る時にしてもそうだ。
カーナビを見ていたから、あっここで曲がらないとと気づいたものの、交差点には「川古の大楠」の看板が出ていなかった。

そこにあったものが無くなった時、人は2通りの態度をとる。
1つはそこにあったことを記憶に留めようと、積極的に保存を進めようとする。
もう1つは、無かったことにするということだ。

つい最近、開催予定だったイベントを「元からなかったことにしてくれ」という依頼を受けたばかりだったことも、その印象を強めることに一役買っていた。





思い込みは、目に見えるものごとの姿かたちを決める際に色濃く反映する。



せっかく、こんな田舎まで来たのに。
せっかく、・・・
いや、待て。
ここで立ち止まって、考え直してみた。
止観だ。




確かに川古の大楠は目の前にない。
いくつかの状況を総合すれば、それも納得がいく。
だが、前提が間違っていないか?

たとえ、対象が存在しないとしても、ここでUターンするのは早計じゃないか?
確かに、川古の大楠まであと200mといった看板はない。
それでもあともう少し、この細い路地を進んで、山や川に行き着くところまで行ったっていいじゃないか。

九州西端のお日様は、それを許容するだけの高い位置にある。
時間はたっぷりあるのだ。



再び、車に乗り込むとハザードを消して、直進を続ける。
雰囲気を感じるために、運転席の窓を開けた。
道幅は車1台通るのがやっと。
対向車が来ないことを祈りながら、時速10キロで進む。



すると、雰囲気が出てきた。
150mほど往くと、森の気配が漂ってきた。
そしてあと50m進むと、右手に枝ぶりが見えた。



帰らなくてよかった^^;)



右手に川古大楠公園
道路を隔てて空き地。
ここが駐車スペースなのだろう。
奥に車が停まっていて、それをふさぐカタチにはなるが、公園内に観光客らしき姿はなかった。
恐らく、地元の人が終日停めているような車だろう。



とり急ぎ、一眼レフとスマホだけを提げて公園に入る。
来客は僕1人。
公園脇の売店内には、複数の人影が見える。
民芸品・記念品というよりは、地元の農産物を直売している店のようだ。



よそ者が来たぞ。
ここらでは見かけん顔じゃ
と台詞を想像しながら、できるだけ店内に関心がない素振りで園内を一周する。



裏側に回ると、樹幹には僧行基が刻んだと伝えられる幹周りの観音像跡。
剥落したため、隣りにある観音堂に安置されている。



Photo_2




一眼レフで3枚
いつか壁紙に使おうとスマホで2枚
その中でも一番珍しく撮れた写真は親友に送ってあげたい。



つづく



今年こそN700Aに乗りたい!品川-佐世保の旅



|

2014年9月 5日 (金)

1日に2本の大楠 川古の大楠の住所番地にあったもの

武雄神社をそそくさと立ち去ると、ゆめタウン武雄、武雄市図書館の通り抜けて、武雄の市街地にはいる。
お昼ご飯に行こうと思っていた餃子会館は、ホワイト餃子が有名だ。
しらべるを始めた頃に、どこかの町のホワイト餃子がテレビで取り上げられていて、しらべた記憶がある。
しかし、当時はまだGoogle先生もそれほど頼りにはならず、記事は作っていない。
お昼ご飯には食べ損ねたが、お土産に買えば、晩酌のつまみになるし、甥っ子たちも喜んでくれるだろう。

車を停めて、Google>「ホワイト餃子 武雄」を検索。
電話をかけて問い合わせる。
持ち帰り餃子OK!
焼き餃子とナマ餃子がある。
1人前400円。

時計は午後3時を回ったところ。
日本の西端である佐賀長崎は、夏場は午後7時を過ぎてもまだ明るい。
これで帰るのはまだ早いな。

武雄の大楠を見た時点で、1日に大楠を2本観るほど、大楠ファンじゃないしと、見送りムードだった川古の大楠に足を伸ばすことにする。
餃子は帰りに買うことにしよう。

カーナビに、事前にしらべておいた住所を打ち込む。
佐賀県武雄市若木町大字川古7845-1
県道270号線から国道498号線へ合流するルートだ。

左手にセブンイレブンが見えてきた。
そういえば、朝から何も食べていない。
体がアイスを要求している。
ウィンカーを出して、セブンの駐車場にクルマを入れる。
田舎のコンビニは駐車場が広い。
都会のコンビニは、ほとんど駐車場がない。
あったとしても間口が狭く、そこに店があることを目視してからでは、安全に停めることが容易ではない。

まずはじめに"コンビニに行きたい"という明確な意志がある。
カーナビの周辺施設でコンビニを検索。
広域図で目標とするコンビニを特定する。
このような流れになるのだが、田舎ではぱっと見て、どうしようかなぁと考え、やっぱり入っておくか。
というゆるい判断でも、安全に駐車できる。

旅先のコンビニはさほど楽しくはない。
ほぼ日常生活と同じ風景だからだ。
360度が目新しい地元スーパーとは、そこが違う。
カップ麺の棚やアイスの棚に、ご当地限定品を見つけると、おぉつとは思うが、それほど機会は多くない。

アイスの棚に初めて見る「クーリッシュベルギーチョコ」を見つける。
おっこれは東京には売っていないな(と思ったら帰京後、東京でも売り始めていた)
あ、袋要りません
いつもと同様、ローソンのクレジットカードを使って支払いを済ませる。

手のひらで握りしめ、火照った体のあちこちにぺたぺたと付けていると、柔らかくなるまでさほど時間はかからない。
一気に吸いきってしまう。
最後のひと吸いまで、残さずに吸いきろうとすると、吸った後の戻しで、チューブの中に舌を持って行かれそうになり、慌てて舌を引く。
いつもクーリッシュを食べる時、もっとも緊張する瞬間だ。

そんなに心配ならば、ちょっと残せばいいのに。
貧乏性だなぁ
いいじゃん、それが自分だ

1人旅は、ツッコミ役も自分。

15:40
カーナビは次の交差点から鋭角に左に戻るように曲がることを求めている。
あたりの交通量は少なく、幸い対向車も居なかったため、難なく川古の大楠につづく細い路地に進むことができた。

「目的地周辺です。案内を終了します」

よしっ、ここまで来れば大丈夫
カーナビをねぎらう。

ところが目の前に広がる景色は意外なものだった。
路地の左側には草がぼうぼうに生い茂る空き地。
黒いゴム板が、そこにあった何かの跡を補修するように敷き詰められている。
手前には、証憑としてわずかに残したと言わんばかりの倒木。

Photo


そういえば、梅雨時のニュース。
どこかの大木が台風と豪雨で倒れてしまったというのを聞いた。

つづく

今年こそN700Aに乗りたい!品川-佐世保の旅

|

2014年9月 4日 (木)

スカイバスのぼるくんの運転手さんが勧める武雄の大楠

お待たせしました。
わずか3分ではあるが、交通機関?のぼるくんを待たせていただのから、そう言うのは当然のことだ。

「もうよかとですか?」

帰りは、往きとは違う下り側のゴンドラに乗り込む。
定員8人ずつ、合計16人定員ののぼるくん。

出発する時点では椅子は後傾していて、アクリルガラスの向こうには、ぎらぎらとした視界の悪い空が見えている。
出発すると車体が前傾するのに伴い、体は水平を取り戻す。
だが、前方の視界はゼロに等しい。
斜度23度の下りも、さほど景色の見どころはないので、椅子に深く腰掛けて、家庭用エアコンから強く吹き出される風に当たっていた。


貸切送迎付^_^
武雄の絶景独り占め
こんな贅沢は無いね


「どちらから来られたんですか?」
東京からです。武雄市図書館とこれに乗るために。
運転手さん、少し呆れている。
「そういえば前にも一人、そういう方がいましたね」
武雄市図書館についても意見を求められたので、今かぞえたら文字数にして30文字の感想を言う。
その感想に対して、彼がコメントを言う。
彼は代官山の蔦谷に行ったことがあるようだ。
内容については、個人を特定されては悪いので割愛する。


「写真を撮られるなら、武雄の大楠にいかんですか?」
川古の大楠なら、この後いくつもりだが、そこは予定していない。
武雄の大楠ですねっ!
とさも関心のありそうな素振りをして、やり過ごす。

復路7分の道のりもあっという間に終わり、スカイバスのりばに戻ってきた。
荷物を持って降りると、運転手さんすかさず事務所に入ると、武雄ガイドを持って出てきた。
リーフレットを開きながら、地図を指し示す。

「こっからまっすぐ往って、武雄神社の裏にありますよ」

しかたなく せっかくのお薦めなのでこれは往かねばなるまい。
それも旅の縁というものだ。

再び、武雄の市街地へ。
ゆめタウン武雄を右に見て通り過ぎると、間もなく左側に武雄神社の看板。
とても細い道だが、辛うじて車1台が通れる。
ふもとに車を置いていく場所もないので、そのまま進む。
きっと、この細い道を上り、境内に出た所には駐車場があるに違いない。

と思ったらなかった^^;)
境内に参拝客はいるが、車はいない。

タオルもなくフルチンのまま、脱衣場にたたずむような居心地の悪さだ。
果たして、自分は正しかったのか。
なにか、とんでもない掟破りをしているのではないか。
この状況を打開したい。

そうかと言って、途中の道に駐車場がなかったことも確か。
長居は無用。
案ずるより行動だ。
本堂脇のスペースに車を停め、一眼レフを引っさげて"神社の裏側にある"という武雄の大楠を目指す。

大楠につながる階段をおりると、今度は名山にあつらえられた広めの登山道のような上り坂。
下ってから登る。
足腰が丈夫でなければ、厳しい道のりだ。

高い木々に囲まれお日様は地上に届かない。
ひんやりとした空気だからこそ、この上り下りをハイスピードで歩いても苦にならない。
「骨盤ローリング」で、脚の可動域を広げたことも功を奏している。
道幅いっぱいヨコに並んで、へろへろと歩いている女子2人の左端のわずかなスペースから追い抜きをかけて前へ出た。

そこにあっさりと現れた。
武雄の大楠。

Photo



霊験あらたかな場所だ。
本来ならば、その場の空気を心いっぱいに取り込んで日々の暮らしを思い返したい。
ゆっくりとしていきたいところだが、場違いに停めた恐れのある境内の車が気になる。
一眼レフで3枚だけ納めると早々にその場を辞した。

15:04
武雄オークス終了

つづく

今年こそN700Aに乗りたい!品川-佐世保の旅

|

2014年9月 3日 (水)

スカイバスのぼるくんで、武雄のパノラマ独り占め

「スカイバスのぼるくん」は武雄温泉保養村、池の内湖と展望台を結ぶスロープカー。
料金:大人片道100円、往復200円
就学前児童は無料
1993年7月1日運行開始。

運転手は1人。
お客も僕1人。
2両連結のうち、山側のゴンドラに乗車すると、のぼるくん、すぐに出発。
居室には家庭用のエアコンが、そのまんま取り付けてあり、とても涼しい。

乗り場の駅舎を出ると、はじめはほぼ水平に真っ直ぐ進んでいく。

Photo



前方に運転席があるわけではないので、進行方向の景色は、貸し切りの入れ食い状態。
だが、よく見えない。
アクリルの窓ガラスは、運行から11年の年月の間に無数の傷が入り、視界が曇っているのだ。

直線が終わり、左にレールがカーブすると、そこからは傾斜にさしかかる。
高低差80m。
最大斜度23度。
日常生活で斜度23度を経験することは、ほとんどない。

ここは滅多にないシャッターチャンスとばかり、一眼レフを前方に向けるが、何も映らない。
のぼりに入って車体が傾くと、前方の景色はほぼ空だけになる。
空からは真夏の太陽が武雄を照らしていて、アクリルの窓ガラスに乱反射するのだ。

わっ、何も映らん
というぼやきが聞こえたのか、運転手さんが窓の外から1枚撮らせてくれた。

23

23度というのは、体感としてはほぼ垂直。
だが、上りでは怖さは感じない。
復路の下りの場合、高い所が苦手な人はかなり怖いだろう。

距離にして488mを片道7分でのぼる。
あっという間に往路が終わった。
終点の展望台からは武雄を一望できる。
そう、下しらべがついている。

この次の下りは何分ですか?
炎天下、恐らくなにもない展望台での待ちぼうけはキツイ。
次にのぼるくんが登って来るダイヤを確認しておこうと思っていたのだが、運転手さんからは返ってきたのは意外な言葉だった。

「待ってますよ!写真撮るだけでしょ?」

え゛ほんとですか?
それじゃ、ちゃちゃっと撮ってきます。
言うが早いか、カメラを持ってのぼるくんを降りる。

展望台は、のぼるくんが停車している、その真上だった。
近っ ^^;)
展望台のカタチは、ゲルショッカー結団式が行われた猿島の展望台に作りが似ている。

Photo_2



恐らく、同時代に設計されたに違いない。
というのは、後で思ったことであって、その時はとにかく急ぐ。

猿島展望台でゲルショッカー結団式

自分のためだけに、のぼるくんが待っていてくれるなんて、こんな僥倖はない。
そのご厚意には、最大限、真摯に応えなければならない。

展望台を時計回りしながら、武雄の景色をフィルムにメモリー媒体に納めていく。

Photo_3



右奥には、いつも走り慣れ親しんでいる長崎自動車道。
トンネルを出た所から、なだらかな下りの直線になっていて、スピードが出過ぎないよう、いつも慎重になるあたりだ。


画像データのタイムスタンプを見ると、1枚めが14:25。
10枚めが14:27。
わずか3分でほぼ360度のパノラマを撮り終えると、運転手さんが待つのぼるくんへ戻ってきた。

つづく

今年こそN700Aに乗りたい!品川-佐世保の旅

|

2014年9月 2日 (火)

武雄市図書館とセットで往く スカイバスのぼるくん

武雄市図書館の駐車場から右に出て、懐かしいベスト電器の看板、ゆめタウン武雄を左手に見て、最初の信号を左折。
あとは道なりにしばらく進む。

「保養村入口」の信号を右折。
のぼるくんは、この保養村の中にある。


保養村は混んでいた。
駐車場の整理をしている警備員さんに、のぼるくんに乗りたいんですけどと尋ねる。

汗だくのおじさん、手みじかに
「あそこの先を右折してください」

換気扇がついた「空調服」も着ないで、この炎天下に立ち続けるのは大変だ。
1着2万円台で買えるので、ぜひ買ってあげて欲しい。


指示された「あそこの先」を右折。
左手にレールが見える。
むむ、これだな。
しばらく走るが、一向に乗り場が見えてこない。
ナビを見ると、目的地を100mほど通り過ぎている。

14:15
Uターンしたら、レールの端に小屋があった。
これは目立たない。
のぼるくん乗り場専用の駐車場はないので、先の駐車場まで戻る。
ほぼ満車だが、辛うじて1台だけスペースが空いていた。

Photo


あのぉ、乗りたいんですけど
事務所にいたおじさんに声を掛ける。
客は僕ひとり。
往復200円を支払うと、往きの切符をちぎって乗車券を手渡された。

「6分待ちくらいですね」
おぉ、待ち時間短い。ラッキー^_^

ふつうはどれくらい待つんですか?
「1度上がると20分くらいかかりますね」
特に時刻表は掲示されていない。

一眼レフを構えて待つこと数分。
頭上より高い視線の向こうから、青い物体がゆっくりと近づいてきた。
2つのゴンドラが連結された車体。
運転手が降りてドアを開けると、家族連れがひと組降りてきた。

Photo_2

お日様のロゴがいかしているぞ!
のぼるくん!
サーチライトが付いているところをみると、少々暗くなっても運行するんだな。(声に出して読まないでください)

「スカイバスのぼるくん」との出会いは、つい最近。
それは偶然だった。
確かにその頃、武雄市図書館の下調べや、武雄ガイドブックは片っ端から読んでいた。
だが、のぼるくんを見つけたのはまったく畑違いの本。

「時刻表に載っていない鉄道に乗りにいく-おとなは青春鉄道で遊ぶ 遊覧鉄道 保存鉄道」
講談社 2011年7月

"みかん山モノレールのからくりを使用"した鉄道として紹介されていた。
もちろん、注目したのはその住所が武雄市だったからだ。


早速、夏休み時期の運行をしらべる。

■3/1~10/31(毎日)
 11/1~2月末は土日祝日のみ運行。ただし1/1~1/4は運行。
■時間:9:00~17:00
■問合せ電話(現地):0954-22-5077

直接電話して確認すると「8月中は休みなしで運行している」とのこと。
これで、武雄市図書館に続く行き先が決まった。

つづく

今年こそN700Aに乗りたい!品川-佐世保の旅

|

2014年9月 1日 (月)

これが、武雄市図書館 郵送返却の袋だ!

13:36
最後にカバンからKindleを取り出す。
図書館でKindle本を読む必要はまったくないのだが、何かの化学反応が起こるかも知れないと持ってきた。

Kindleが登場して以来、旅に文庫を数冊持ち込む必要がなくなった。
この旅のあいだ、ゆっくりと「黒田如水」を読んでいる。

心地いい場所で読む
愛読の書は格別

残り数%の表示が出ている。
この幸せな場所で読み終えてしまうのが惜しく、格別ではない日々の暮らしに読了の機会を譲ることにした。

13:40
さぁ、そろそろ武雄散策に出かけよう。
4冊を返却ボックスに放り込み、2冊を持ち帰る。


郵送返却の袋をお願いします。

すると、TSUTAYAで見かけたことがあるレンタル袋の親分のような巨大な袋が出てきた。
案内は"郵送返却"だったが、ゆうパックではなく、クロネコヤマトの宅急便だ。
日本人にとっては今でも"送る"という行為がイメージしやすい"郵送"ということばを使っているのだろう。

「本2冊ですか?もったいないから、他に見てこられませんか?」
確かに2冊だと袋はすかすか。
緩衝材を入れたくなる。

Photo


そうですね。それじゃ後でまた寄ります。
と言ったが、寄らなかった。


(図書)宅急便返却預かり金 500円

これは物販扱いなので、貸出機能を入れてもらったTカードを含め、クレジットカードを使うことができる。
図書館でクレジットカードを出すというのは新鮮な気分だ。

カードを渡そうとして、レジに積んである本に目を停めた。
武雄市図書館の写真が表紙いっぱいに使われている。
タテに大きく"武雄市図書館公式ガイドブック"

おぉこれは買っておかねば。
他で買えないものだったら、買わないと後悔する。
514円

一括払いで承ります。
あ、ポイントが貯まっていますね。お遣いになれますよ。

ロッピで使うことで大変お得になるローソンのポンタカードと違って、Tカードのポイントはファミマではなにも美味しさがない。
全部使って下さい。
これで、利用ポイント数は0P。



13:50
借り出す2冊が入ったすかすかの黒い袋と、パソコンが入ったリュックを担ぎ、およそ5時間いた武雄市図書館アウト。
お昼は餃子会館と決めていたが、ご飯を食べることも忘れていた。
朝ご飯は食べないので、今日は夕飯1食となった。
カラダはお腹を空かせているはずだが、幸せな時を過ごした満足感で心は張り詰めていた。

さぁ、これからのぼるくん

今年こそN700Aに乗りたい!品川-佐世保の旅

|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »