« SALUSで楽しみなのは「大人の迷子たち」 | トップページ | 「大人の迷子たち」を速読できない理由 »

2014年10月29日 (水)

サルース「大人の迷子たち」出版! 岩崎俊一さんの回復を祈る

SALUSの中盤を飾る「大人の迷子たち」

遠い昔に忘れてしまっていた、懐かしい感情が呼び起こされる。
何度か読むうち、ファンになった。
この人の文章をもっと、読みたい。

著者紹介には既出の著書が1冊だけあった。
「幸福をみつめるコピー」
すぐに、取り寄せて読んだ。

それは、氏のコピーライティングのバックグラウンドを描いた文章であり、エッセイ「大人の迷子たち」とは、空気が違っていた。
出版されてから年月を経ているためか、現在の筆風とも違うように思う。

「大人の迷子達」をまとめて読みたい。
既出のものもすべて。
それ以来、SALUSを開くとそのお知らせを探した。

半年が過ぎた2014年10月
サルースの「大人の迷子たち」が本人なりました

いよいよ、この日がきた。
待ってました!
いや、待ちわびていた。

ページの左側が「大人の迷子たち」52回
右側が新書の広告
その広告には一篇の「大人の迷子たち」が添えられている。
だが、途中で終わっている。
ひどい
ではなくて、ニクイ^^;)

早速、アマゾンで検索すると「一時的に品切」
入荷は未定。
そんなの待っていられない。
今すぐ読みたい。

そうだ、東急ストアに行けば、置いているに違いない。
東急に引き返す。
だが、マガジンスタンドにあったのは、テレビや女性雑誌と占いやダイエットの本。
「大人の迷子たち」はない。

そこから、最寄りの書店に電話をかける。
3軒めに在庫があり、すぐに走った。

SALUS11月号「大人の迷子達」52回
著者は昨年から長期療養中であることを明かしている。

夜中に覚醒して眠れない辛さ。
ついこの間、味わったばかりだから身につまされる。

知らない人だから当然なのだが、文章だけで接しているから、当然病床にあることを知らなかった。
早く健康を取り戻して、町へ出て、現代の風をその暖まる言葉に変換してほしい。
自分とはなにかを見つけづらい、現代の大人たちのために。

|

« SALUSで楽しみなのは「大人の迷子たち」 | トップページ | 「大人の迷子たち」を速読できない理由 »