« 関東春マラソンの調整レースに!第16回WRJ新春ランニング感謝祭 | トップページ | やってきたN700A JR東海のG6編成 »

2014年11月13日 (木)

東京から名古屋まで食べに来た「堂島misoろーる」

10:00
「サロン・ド・モンシェール」
開店と同時に喫茶コーナーに入室。
今日初めて、そしてただ1人の客だ。

席につくと早速、店員さんに「堂島misoろーる」をここで食べられないかと打診。
とても感じが良くて愛らしい店員さん

「大丈夫です!」

待つこと7分
セットで頼んだ珈琲とカットした「堂島misoろーる」が出た。

このまん中に入っているところが味噌ですか?
すると、愛らしい店員さん、にっこり笑って意外な回答。

「いえ、そこには味噌は入っていません。味噌は生地に練り込んであります」

え゛、そうなの?
味噌味のする甘いクリームって、どんなだろう。
とここ1ヶ月ほど楽しみにしてきたのに。


大人になってから、どこに出しても恥ずかしくないようにと(嘘)
子どものころ、母親に仕込まれた下関仕込みの?ナイフとフォークを駆使して、味噌ロールを1口ほおばる。

うん!みそ・・・

の味がわからない。
これならば、味噌が苦手という人でもOKだ。\^^)オイオイ

たった1人で占有するゴチック調装飾(曖昧)の洋室。
スピーカーからは低い音量でボサノバ(多分)が流れている。
いや、カントリーだったりして。

ボサノバといえば、フランス人がふんふんふふんと眠たい声で歌うんだったと思うが、この歌では女性がはっきりとした英語で喋っている。


食べ進んでいく味噌ロール
いくら食べても、味噌の味がわからない。
その味は全然しないとも言える。

最後に目を閉じて、意識を舌に集中。
味噌が練り込まれているという生地だけを舌で転がして味わう。
だが、味噌の妖精は微笑まなかった。
もちろん、オカザえもんの顔も浮かばない。


後でしらべると、駅構内で売られていた
ジャンシアーヌ「なごやかロール」には、クリームに味噌が入っていた。

10:40
ゆっくりと珈琲を楽しんでから「サロン・ド・モンシェール」を後にする。
隣りにあったローソンでパピコを買う。
食べるためではない。
品川駅で買った「舟和の芋ようかん」に入れるために、保冷剤が欲しかったのだ。
だが、生憎おめあての品はなし。
その代用として、パピコに白羽の矢が立った次第。


名古屋駅に戻る。
母へのお土産にする"柔らかいお菓子"は「両口屋 旅まくら」を選んだ。
分量が少なめ。値段も安い。
1つずつのサイズが小さい。
一度に多くを噛んで飲み込めない母にはちょうどよい。


後日、このお菓子は喜ばれた。
僕らとは違う世界に遊び、言葉の意思疎通がない者どうし、わかり合えるのは飲んで食べてに積極的かどうか。

小さい「旅まくら」をさらに小さくちぎる。
口に運ぶ手から入った菓子は、よどみなく弱い力で租借されて、やがて、のど元から胃へ消えていった。

今年こそN700Aに乗りたい!品川-佐世保の旅

|

« 関東春マラソンの調整レースに!第16回WRJ新春ランニング感謝祭 | トップページ | やってきたN700A JR東海のG6編成 »