« 旅 移動はすべてを忘れさせてくれる | トップページ | についての件 »

2014年11月 7日 (金)

東海道新幹線 白地に青ラインのこだわり

8:33
豊橋駅の上りホームには700系が停車していた。
300Xかっ!?
と思ったほど、その姿は丸い。

ちなみに300Xは、500系開発時の試験走行車両。
1996年に、新幹線 京都-米原間で443km/h を記録した。
これは、営業本線走行としては、今も世界記録である。
現在、先頭車両が名古屋市の「リニア・鉄道館」に展示されている。

中央が300X

8:36
A車ワゴンが、2度めの出陣。
今度こそ、こぴっと売るぞ!
通り過ぎたパーサーの背中に気合いが感じられる。
と、勝手に想像の翼を広げている。

8:42
三河安城を通過すると、車内アナウンスが入る。

♪ 名古屋まで9分で着きます ♪

アナウンスの前後に音楽を入れるのは「新幹線をつくった男」島秀雄が、在来線の担当時に発案したものだ。

数台の新幹線とすれ違う。
東海道の新幹線はどれも白地に青ライン。
すれ違いざまでは、どの系列かなど、まったくわからない。

東京以北を走る新幹線はいずれも白とのツートーン。
東北新幹線のE5系、北海道新幹線のH5系はときわグリーン
秋田新幹線E6系は茜色
北陸新幹線のE7系は空色


JR東海が開発したリニアも白地に青ライン。
東海道新幹線が白に青ラインという伝統を守っていることは、面白みには欠けるが、その品質と支持への自信の表れと言えるだろう。

8:51
名古屋到着
編成を確認するため、すぐに平成記号が書かれたドアを探す。
Z59

柵から離れてください!
さ・くから離れてください!!

一度ならず二度にわたり、スピーカーから、駅員さんの激しい声が飛ぶ
見やると、柵に寄りかかって知らんぷりしているおじさん。

柵越しに家族を見送りながら、笑っている。
ホームにいる人が皆、自分を注目していることと、怒号のただならぬ空気に気づき、ようやく柵から体だけ離した。

んだよ、オレ何か悪いことした?
と言わんばかり。

他の駅でも見かけるのだが、去年よりも今年「柵から離れよ」という指示は、より厳しさを増している。
それだけ、マナーが悪化しているのか。
それとも、死亡事故ゼロ50年の、さらなる継続に向けて、引き締めているのか。

一人のおじさんのために、多くの乗客が待たされて
それでも新幹線は定刻に発車していく。
およそ1,300人の人を待たせて迷惑をかけたという自責の念は、おじさんにはなさそうだった。

乗車券を自動改札に通すと回収されてしまうので、有人改札へ
途中下車です。
新幹線特急券は回収だが、記念にくださいと頼む。
「無効 名古屋」の四角いハンコを押してもらい受け取る。

今回、名古屋に降りるお目当てはいつもの「ゆかり」ではない。
毎年、それを楽しみにしていた母が、もう固いものは歯に詰まってよくないということになり、今年は柔らかい菓子を買うように言われている。

今回のお目当ては「オカザえもん」だ。

今年こそN700Aに乗りたい!品川-佐世保の旅

|

« 旅 移動はすべてを忘れさせてくれる | トップページ | についての件 »