« 9年ぶり年越しライブ開催!サザンオールスターズの歴史 | トップページ | 干しエビファンにたまらないペヤング海老やきそばをやきそば弁当に詰める »

2014年12月11日 (木)

棚動体視力をもつオタクの礼儀正しさ

「打撃の神様」川上哲治(故人)は現役当時
「ボールが止まって見える」と言った。
その卓越した動体視力の為せる業だ。

松岡圭祐の小説「千里眼」シリーズの主人公岬美由紀は、戦闘機で鍛えた動体視力を活かして、表情筋の細かい動きを読み取り、心理を言い当てる。

世間では認知されていないが、日本が誇る「オタク」も似たような能力を持っている。
それが「棚動体視力」
「動体視力」は動いているものをコマで止めて見る能力。
この場合、棚は動いていないが、自分の目線が高速で動いており、通常の人ならば対象を捉えづらい。
オタクは、コレクターショップの膨大な商品の中から、瞬時にお目当ての商品を探し当てる。
それは、パソコンで[Ctrl]+[F]を押下してキーワードを入力。
つづいて[Enter]キーを押下すると、瞬時にお目当てのキーワードを探し当てるのに似ている。

棚動体視力は
陳列棚から高速でお目当てのものだけを探し出す視力。

コレクターショップに入る
自分が集めているのは「仮面ライダー旧1号」
それ以外に「旧2号」「新1号」「新2号」「V3」にも興味はある。
だが、対象を広げることはできない。
なぜならば、コレクターはコンプリを目指してしまうからだ。

コレクター予算には限りがある。

生きていれば、食費がかかる。
牛肉も食べたい。
シャンプーや石けんも買うし、車にはガソリンも入れなければならない。
そんな中で、心を癒すための趣味に使える予算は決まってくる。
その限られた予算では「旧2号」「新1号」「新2号」「V3」と手を広げられない。
従って捜索対象は「旧1号」に絞る。

1列ごとヨコに棚をなめて、1列が終わると上下の棚へ移り、またヨコになめる。
1棹が終わったら、次の棹へ移動して、同様に繰り返す。
探しているモノに近いモノがあると、そこで目が止まる。
興味・関心があるテーマに触れる書名があると、そこで目が止まる。

オタクの「棚動体視力」のすごさはこれだけではない。
棚を流している間も、周囲への配慮を怠らない。
いわゆる「後ろに目がある」状態だ。

オタクはとても礼儀正しい。
コレクターショップでは、すれ違いざま互いにさっと体と荷物を引き、接触を避ける。

自分が向かっていく方向からご同輩が流れて来た場合、どのタイミングで譲って、体を入れ替えるかというタイミングも計っている。
そして、すれ違いざまには、道を譲って待つ。
互いが道を譲るため、

「どうぞ」
「いや、そちらこそどうぞ」
「いやいや、そちらこそ」
というやりとりが延々と続き、譲り合い渋滞が起きる。

出発点は臆病な正確にあるのかも知れない。
あるいは、他人との接点を消しているということかも知れない。
だが結果的に、その行為は礼儀正しさに満ちている。
それは、いいことだろう。

海洋堂社長宮脇修一は著書にこう記している。
(以下引用)
オタクはモラリスト。マイノリティを自覚しているので、世間に迷惑かけることはしない。ルール、マナーを守る。
(引用おわり)

外国からアキバに遊びにきたオタク外国人たちは、礼儀正しい日本のオタクと接して、とても安心感を持つことだろう。
オタクが礼儀正しいことを
「日本人は礼儀正しい」と勘違いするかも知れない。
東京五輪の折には、TCATをアキバに作り、外国人をアキバに引き込む導線をつくるとよい。

|

« 9年ぶり年越しライブ開催!サザンオールスターズの歴史 | トップページ | 干しエビファンにたまらないペヤング海老やきそばをやきそば弁当に詰める »