« 卒業式を一眼レフで撮影するテクニック | トップページ | 品川から佐世保まで14時間 »

2015年1月14日 (水)

お供えに重宝するコンビニ最中で汁粉を作る。

最中(もなか)はお供えに好適な和菓子。

仏壇はないが父の遺影を飾ったコーナーに手を合わせる。
そこには、やはりお供えが似合う。

父はぼた餅、おはぎが好きだった。
夏になれば、宇治金時。
晩年、医者から甘いものを制限されていたため、食後に「金時ば」という父に「先生がダメって言うっちゃないと?」と言ってダメダメをした。
今もそれを悔やんでいる。


ぼた餅、おはぎを買って来て供える。
たいていの和菓子は賞味期限が一両日。
長くても3日。
その点、最中は日保ちが長い。

コンビニで売られている最中の場合、概ね2ヶ月程度が賞味期限に設定されている。
2ヶ月置きっぱなしということはないが、賞味期限に迫られて、食べなければという脅迫感がなくていい。


和菓子なので、100~150kcalとカロリーは低め。
小腹が空いた時に「いただきます」と手を合わせての間食にちょうどよい。

そんなニーズを読み解いたのか、コンビニ各社は漏れなく最中を常備している。

セブンイレブンでは「つぶあん仕立て小豆最中」
55円 製造:足立産業

ファミマでは「小豆最中」
54円 製造:足立産業

ローソンは北海道産小豆100%「天恵 粒あん最中」
54円 製造:天恵製菓


最中を汁粉にする「もなか汁粉」という商品が売られている。
お湯を注いだマグカップに、それを投入すると、がわがふやけて中から餡が溶け出し汁粉になる。
佐倉の銘菓、木村屋の「蔵六餅」もこうして食べると美味い。

コンビニ最中では餡の量が少なく、汁粉には力不足。
一方、お湯をそそぐだけの汁粉として、スーパーで売られている「森永おしるこ」
こちらは、水でも作れるというのが重宝で買い置きしているが、お汁粉としては小豆の存在感が弱い。
というより小豆の皮しか舌に触らない。

Photo

そこで、両者の弱点を補うべく
「森永おしるこ」+「コンビニ最中」で汁粉を作る。

Photo_2

2度愉しめるものを1度で味わってしまうという贅沢。
作者の意図した通りで、言うまでもなく美味い。

|

« 卒業式を一眼レフで撮影するテクニック | トップページ | 品川から佐世保まで14時間 »