« 王さんのふるさと墨田区 第二のふるさと博多 | トップページ | 長野マラソンの攻略法 2015年版 »

2015年4月11日 (土)

王さんのファーストミットが、理想の造形美

唐人町の駅で待ち合わせ。
平日の午後ということもあり、人影もまばら。
営業であろうサラリーマンがベンチに腰掛けてうつむいている。
出先で注文が取れなかったのか
昨日呑みすぎたのか。

ヤフオクドームで俺が応援する

唐人町の駅はホークスの選手や応援メッセージがデコられていて、プロ野球を見に来た人の気持ちを煽っている。
これは巨人の「水道橋」ヤクルトの「外苑前」DeNAの「関内」どこでも見たことがない。
約束の時間にデコ仲間のCさん登場。
3番出口からヤフオクドームへ歩き出す。

福岡にいた頃は、あんなに地下鉄の駅から遠くに球場を造ってどうするんだと思っていた。
従前の平和台球場は「大濠公園」から700m。
ヤフオクドームは1050m。
今、こうして較べるとあまり変わらない。


川沿いに出て「ホークスとうじん通り」を歩き出すと「ヤクルト創業の地碑」がある。
福岡がヤクルトと縁があるとは知らなかった。
そういえば、平和台球場で働いていた頃、ヤクルトは時々主催試合を行っていた。
仕事中に、背番号17の松岡投手に「一緒に写真いいですか?」と頼んで困らせたことを、よく覚えている。


そんなことを思い出していると、後ろから女性に話しかけられた。
「ヤフオクドームって、どう行くんですか?」
今日は試合はやっていないが、グッズを買いに来たという。
今から行くところなので、後ろを着いてきてください。
そういうと、後はほったらかしで歩き出した。
その方が、互いに気が楽だろう。

Rev.from DVLのハコがあったら、行きたかったが
Cさんによると、HKBのはあるが、Revのはないと言う。
彼は橋本環奈と握手をしたことがあるらしい。
へぇ、そうなの?
いきなり手を握って、間接握手とやったら、無表情になった^^;)
それはそうだ

「ありがとうございました。ここで失礼します」
礼儀正しいホークスファンが隊列を離れていった。
僕らはスコアボード側にある「王貞治ベースボールミュージアム」を目指す。
墨田区の「王貞治のふるさと墨田」はタダだが、ここは900円。
それはそうだ。
墨田区は40平米に対して、こちらは54倍の2,150平米。
格段に規模が大きい。

館内からは、ドーム球場内を見ることができる。
既視感があるなと思ったら、ここは開場当初、ベースボールカフェだったところだ。


ここでも、お目当ては「王さんのファーストミット」
墨田区では撮影禁止だったが、ここは撮影OK


墨田区では1個だが、ここには2個展示されていた。

親指のエッジにRがついている、ファーストミットの理想とも言える造形美。
当時の市販ファーストミットには、ここが直線に裁断されたものが多かった。
それが機能的なのかは知らないが、美しさに欠ける。
王さん使用品こそが、理想のファーストミット。
これをぜひ、美津濃さん。
復刻販売してください。
10万円とかにしちゃいやですよ。
せめて、5万円以内にしてくださいね。
おこづかい貯めて、待ってますから ^^;)

「五十番」の模擬店もあった。
試合日は賑わうのかも知れないが、今日は兄ちゃんが麺を茹でる相手が誰も居ない。
墨田の本家に行った手前、ここはパス。


2014年夏の旅は、これで終了。
天神の「ばん」で創作冷珈琲を飲んで締めた。
これが東京に進出しないで欲しい。
数少ない、博多ならではの楽しみだからだ。

と言っているうちに、次の夏が目の前に来ている・・・

|

« 王さんのふるさと墨田区 第二のふるさと博多 | トップページ | 長野マラソンの攻略法 2015年版 »