« 掛川を過ぎてNECの先に見える銀色のエリマキの正体は? | トップページ | 「自分はこういう認識です」と強弁する認識男 »

2015年5月17日 (日)

「日帰り1day大阪」2,500円のクーポンで買う新大阪のお土産

かばん開いてますよ!

それは、とても地味なおばさんだった。
こんなこと言って大丈夫かなと顔に不安が見て取れた



あ、ありがとうございます!
一応、いい人で通しているので即座に、感じよくお礼を言ってデイパックをおろす。
さっき、切符を入れた時から口を開けたままにして梅田の地下を1km近く歩いていた。

東京ではこれは教えてもらえないな
大阪は違うなぁと独りごちて阪神百貨店へ。

いつもならば、地下食スナックコーナーに直行だが、すでに店舗全面改装のため閉店している。
それでも引きつづき営業している「ちょぼやき」など一部の名物には、行列ができていた。

めざすは阪神タイガースグッズ売場
今年は球団創設80周年

今年80周年を迎えたのは阪神だけではない。
ヤクルトの選手も袖に「80」の記念エンブレムをつけている。

巨人だけが2014年に80周年を終えている。
なぜ、巨人だけ1年早いのか?
それは1934年に初めてできた球団が「大日本東京野球倶楽部」すなわち今の巨人だけだったからだ。
日本プロ野球が始まったのは、その2年後1936年である。

改装のため狭くなった売り場で「80周年記念グッズ」売場をめざす。
これは阪神ファンの姉へのお土産だ。
渡すのは夏なので、御菓子ではなくモノを選ぶ。

<復路>
15:50
のぞみ238号
新大阪始発 25番線
「日帰り1day大阪」の復路はすべて新大阪始発で組まれている。

その前に2,500円のクーポンでお土産を買おうとしらべておいた。
クーポンが使える店は、JR東海ツアーズで渡された資料に地図が入っている。
いずれも改札内の売店ばかりだ。

日帰り1day大阪の2,500円クーポンを使い、新大阪改札内東海キヨスクで買えるお土産。大阪、神戸、京都のお土産が買える。
事前にピックアップしておいたのは以下の品々。

■辻利京茶ラスク抹茶
5枚540円

■神戸プリン
4個 1,080円 「プリン」と「いちごプリン」がある。

■面白い恋人
16枚 1,080円 「白い恋人」と和解。関西限定で販売されている。会社の土産に好適。

□じゃがりこ 関西限定たこ焼き味
864円

■豚まん(チルド)
4個680円 人気の品だが、温め方が面倒。
ギフトステーション新大阪で販売。中央レジとは別会計になっている。

□堂島ロール
 1本1,300円

□通天閣クリスピーショコラ
 8個入り540円

■たむらのお肉が入ったにんにく肉味噌
瓶入り210g 648円 大阪土産こってこ亭で販売
*クーポン対象外店

リストアップした中から購入したのは■印の品。
特に辺りだったのはギフトステーション新大阪で売っている豚まん
その後、大阪に往く友だちにお土産を頼む時は「豚まん」と決めた。
友だちが買って来てくれた品はこの店とは違うものだったが、味はほとんど変わらなかった。

さて、のぞみ238号の入線を待っていると、15:37のぞみ32号はN700Aが来た。
できればN700Aに乗りたかったが、復路もまたN700系X番台

品川着は18:16
新大阪からの所要時間は2時間26分
<往路>で乗ったのぞみ99号の2時間16分に対して10分遅い。
新横浜⇔名古屋間は<往路>のぞみ99号の1時間17分に対して1時間22分と5分遅い。

「のぞみ」なので、どこかの駅で速達列車の通過待ちもない。
それでも10分遅い理由はなにか?
ネットでしらべてみたが、それらしきGoogle先生はいなかった。

予測としては「夜は暗いから飛ばさない」ということか。
人は誰しも先行きの見通しが悪ければ、物事には慎重になるものだ。
新幹線の運転手にしても、それは同じなのではないか。

(おわり)



|

« 掛川を過ぎてNECの先に見える銀色のエリマキの正体は? | トップページ | 「自分はこういう認識です」と強弁する認識男 »