« 東京から大阪の日帰りは「日帰り1day大阪」がお得すぎる! | トップページ | 掛川を過ぎてNECの先に見える銀色のエリマキの正体は? »

2015年5月15日 (金)

新幹線は夜でも速く走れるのか?

名古屋から東京へ帰る新幹線
せっかく取ったE席(2人掛けの窓側)だが、車窓は黒塗りの壁に近い。
そこで以前から不思議に思っていたことが、明確な疑問になった。
新幹線は夜でも速く走れるのか?


夜のとばりが降りて、あたりは真っ暗。
沿線の歩道から新幹線の線路を見上げていると、N700系が疾走していく。
ヘッドライトを頼りに走る乗用車ならば、考えられないスピードだ。
もちろん、歩行者や自転車は飛び出してこないし、老人が正面から逆走してくることもない。
だからといって、暗闇に200km/hを超えるスピードで突っこむのは尋常ではない。
新幹線の運転手は、怖くないのだろうか。
この暗いなか、よくあれほど飛ばせるものだ。


大阪日帰りの朝
6:00
品川始発のぞみ99号
品川から新大阪までの所要時間は2時間16分

今回購入した「日帰り1day大阪」では、品川からの往路で選択できたのはこの便だけ。
"285km/h運行記念商品"と銘打っていたので、恐らくこれが最速ダイヤなのだろう。
と思って時刻表でしらべると、7分あとを走る「のぞみ1号」の方が速かった。

のぞみ1号
6:07-8:22
所要時間2時間15分

のぞみ99号より1分速い
どの区間が速いのかというと、新横浜から名古屋の所要時間が1分速い
99号 1時間17分
1号 1時間16分


6:00
品川発 X43編成
最近は沿線から見ていて"ノーマルの"N700系を見ることが少なくなった。
台座載せ替えが進んでいるのだろう。
N700の上物はそのままで、台座をN700Aのものに載せ替えたのがN700a
16両のうち6か所にある「N700」のロゴの右下に小さく「A」が表記される。
JR東海保有 X 2000番台
JR西日本保有 K 5000番台

ほどほどの乗車率
D席もけっこう売れているな

6:11
新横浜
やた^ ^
となりのD席空いてる
ここから名古屋まで長いから、しばらくゆっくりできる
嬉しいね


ここでちょっとしたドラマがあった
斜め前方C席(3人掛けの廊下寄り)に20代と見られるサラリーマンが座っている
新横浜を出るとすぐテーブルにノートパソコンを広げた
これから出張先で使う会議資料をチェックするのだろう
A席、B席は空席
すると彼はACアダプターを取り出して、A席のコンセントにつないだ。

N700の普通指定席は窓際席と前後両端の褄壁
コンセントがついていることでサラリーマンに人気のN700系だが、B,C,D席には付いていない。

横着若者?
バッテリーが3時間程度しかもたない機種で、充電切れが不安なんだろうな。

すると、そこへA席の客が遅れてやってきた
ぎりぎりで電車に滑り込んで、車内を歩いてきたのだろう。
40代と見られる紳士的なサラリーマンだ
すみませんっ
すぐさま、プラグを抜くCボーイ

「大丈夫ですよ」
文字にすると抑揚のニュアンスが伝わらないが、コンセント使ってもらっていいですよ
という意味の「大丈夫ですよ」
とんでもないです!
恐縮する若者

優しい40男
なんだ、Cボーイ感じいいじゃん

|

« 東京から大阪の日帰りは「日帰り1day大阪」がお得すぎる! | トップページ | 掛川を過ぎてNECの先に見える銀色のエリマキの正体は? »