« 天気出現率をにらんで視察日を決めて、みごとに的中 | トップページ | 佐野元春16枚めのオリジナルアルバム「BLOOD MOON」はハイレゾ盤 »

2015年6月12日 (金)

青梅鉄道公園 タクシーで730円

青梅まではおよそ1時間の道のり
長距離を走る電車なので、ロングシートだけでなく両端にはクロスシートもあるのではないか。
ロングシートは列車の中心線に平行するシート(例:通勤電車)
クロスシートは、列車の進行方向と正対するシート(例:新幹線)
車内では、久しぶりに再会するアラブさんとゆっくり談笑できるだろう。
そういえば、今朝はまだコーヒーを飲んでいない。
弁当を売っている売店でスクイーズボトルの缶コーヒーとのど飴を買った。


6号車2番めドアあたりに乗りました

アラブさんからのメールが届く
6号車はどのあたりですか?駅員さんに確認する。
「そこを見ればわかります」
指さされた地面には各号車の停車位置が書かれていた。
新幹線ホームのように上ばかり見ていたから気づかなかった。

いくつかの快速が発車していくのをやり過ごす
僕が乗る青梅特快の時刻が近づいてくると
「この電車は**駅で青梅特快と待ち合わせをします」
という放送が加わった。

やってきた青梅特快は、とても普通の通勤電車
シートはすべてロングシート
1時間近く乗るのだから、もしかするといかした雰囲気の電車なのでは?と期待していたが外れた。
車内はすでに乗車率120%程度。
このまま青梅まで全員が乗っていくのではないかと思っていたが、中野・三鷹・国分寺と停まる度に多くの人が入れ替わった。


10:15
JR青梅駅の集合時間
青梅は晴れ
前日に強く降った雨のお陰で、心地よくひんやりとした空気に包まれているのが嬉しい。

本日、0系視察隊は3人
もう1人のメンバーYさんが既に青梅鉄道公園のパンフレットを持って待っていた。
事前のしらべによると、青梅駅からは徒歩15分。
ただし上り坂であるという。
そこで前日のうちにメールのやりとりで、往路はタクシーと決めておいた。

1日で3か所の0系を回るという強行軍の日程、お昼には猛暑になることも視野に入れて、ここは体力温存。
駅前にただ1台停まっていたタクシーへ即ライド。

さっきYさんから受け取ったパンフレットをかざすと無言で発車した。
狭い路地を抜けて左折すると、いきなり上りが始まる。
平面図ではわからないが、つづら折れの上りカーブ
クルマやバイクならば楽しそうだが、歩くのはきつそう。

いやぁ上ってるねぇ
タクシー代730円
割り勘を精算しながら僕ら0系視察隊は、合議した選択が正しかったことを確認した。




「いらっしゃいませ~」
入口にはフレンドリーなおじさんがいて、入場料の100円を受け取っている。
本日、お金がかかるのはここだけ。
入場券の半券を受け取る。

つづく

|

« 天気出現率をにらんで視察日を決めて、みごとに的中 | トップページ | 佐野元春16枚めのオリジナルアルバム「BLOOD MOON」はハイレゾ盤 »