« 15,000円で抽選を待つか?5万円で確実に走るか?横浜マラソン2016 | トップページ | 豊洲新市場 豊洲くまモンショップを連続視察 »

2015年7月14日 (火)

ゆりかもめ「市場前」から臨む豊洲新市場(2015年春)

パスモが普及してから、継ぎ目無くバスや電車に乗ることができるようになった。
「豊洲までいくらですか?」
といったことを運転手に尋ねる必要がない。

PASMOでいいですか?
と口にしながら、視界にはPASMOのタッチセンサーをとらえていた。


都バス「築地3丁目」バス停から「都05」系統に乗車
次なる目的地、めざすは新豊洲市場

築地の朝は早い。
八千代で5年越しの念願チャーシューエッグを食べ終わると、まだお昼前。
この後は、築地の移転先である豊洲新市場の現在を視察することにした。

あいにくの春雨
だからといって濡れていくわけにはいかない。
土曜日の午前中、乗客は僕ら3人以外には、老婆が2人。
いずれも優先席に腰掛けている。
僕らはスマホのGPSで現在地を確認しながらバスに揺られている。

勝ち鬨橋を渡る
下を流れるのは隅田川


「晴海3丁目」下車
運河を渡り、豊洲6丁目へ2km歩く
事前にGoogleマップでしらべたデータではそうなっている。

晴海大橋を渡る
中央の最頂点には東京都の看板が設置されている
晴海大橋 橋長580m
 海面まで24.2m

その向こう側には豊洲6丁目の全景
無数のクレーンが立ち並び、工事が佳境を迎えていることをうかがわせている。

Photo

「晴海大橋南詰」交差点を右折して豊洲方面へ
ここからはまだ誰も住んでいないエリア
雨だというのにジョギング中のランナーとすれ違う
豊洲エリアに住めば、海沿いのランニングコースは縦横無尽
それを見越してこの街に移り住んだのか
それとも、ご同輩に触発されてランニングを始めたのか
市場の住民が移住してくるのは1年後
今この道はあなたの貸し切りコースだ。

貸し切りランナー以外は、工事現場の交通整理のおじちゃんと僕ら3人
グラウンドレベルからは目隠しの壁が遮っていて「豊洲新市場」の内情は臨めない。
そこでゆりかもめ「市場前」駅に上ると、コンコースから工事中の全容が見渡せた。


つづく

|

« 15,000円で抽選を待つか?5万円で確実に走るか?横浜マラソン2016 | トップページ | 豊洲新市場 豊洲くまモンショップを連続視察 »