« 3,000円の記念Tシャツか、4,700円の実用性か 静岡マラソンの記念品を考える | トップページ | 因業応報 »

2015年7月19日 (日)

静岡マラソンの帰りに静岡駅で買える静岡のお土産

区役所を通り抜け、反対側から表へ出るとそこは静岡マラソンフェスタ2015の[B]ブロック
テントではオフィシャルグッズが売られている。

今回は記念品がTシャツではなく、それは3,000円で販売。
カラーは3色
中でもイメージカラーの水色はとても魅力的だが、やはりTシャツは参加賞としてもらいたいので見送った。

大会オリジナルグッズとして珍しいのは「せんぺい」「マシュマロ」
マシュマロを1つ、つきあおうかと思ったが、絵柄はいずれも観光地アイコンであり、大会ロゴではなかったので、思いとどまった。

青葉通りを進むと
[C]ブロック スポーツ用品販売



[D]協賛社ブース
[E]ブロック 静岡グルメコーナー

15:20
静岡グルメコーナーは両脇に「富士宮やきそば」などの露店。
中央テーブルでみんながおいしそうに食べている。
とってもいい匂いがする
[F]ブロックのイベントステージからは、芸能人のトークが聞こえてくる。
視覚に加えて嗅覚と聴覚に訴えると、なんだか、とっても盛り上がっている感じがする。

しばらく、その場に留まりたい衝動に駆られるが、明日はアスリートの身
留まったとて、旅情を共有できる相手も居ない
さぁ、ホテルに帰って荷物を整理しよう。

15:33
フロントで追加の毛布をリクエストすると、部屋に戻った途端に持ってきてくれた。
繰り返して書くと「ガーデンスクエア静岡」は、とても親切なホテルだ。

ここまでは順調にきている。
願わくばこの好天を、もう1日プレゼントしてくれたら
奇跡の晴れと無風をよろしくお願いします m(_ _)m


荷物の整理
会場に持ち込む荷物はデイパックへ。
当日持ち回らない荷物は、コインロッカーに入れる「湘南」へと仕分けする。
「湘南」というのはスポーツバッグに命名した愛称。
第1回湘南国際マラソンの参加賞でもらったこのバッグ。
もらった時こそ、なぜスポーツバッグなの?と思ったが、これが大変重宝している。
軽くて、丈夫で、たくさん入る
旅の荷物、入院なんでも来い!なのである。


16:50
そろそろいい時間になってきたので、夕飯に出かける
「湘南」を駅のコインロッカーに仕舞う前に、指名買いのお土産を買っておく。
静岡の土産は静岡駅新幹線改札口から西側方向に進み、ASTY静岡 西館にある「駿府楽市」で揃う。


事前にリストアップしておいた「静岡のお菓子」は以下の通り

■安倍川もち
「安倍川」は静岡市を流れる川の名前。静岡市の伝統的なお土産。

■こっこ
静岡市のミホミが作るクリームが入った蒸しケーキ。
今回の下しらべで、静岡市の御菓子と言えば「こっこ」であることがわかった。
静岡駅で買える。6個740円

■抹茶こっこ
静岡産茶葉を使用した生地にあずきとミルククリームをあわせた「こっこ」
中に小豆が入っている。
4個500円+税

■いちごこっこ
期間限定商品。あんこ、小豆の類は入っていない。
4個500円+税

■桜えびの舞
干し桜えびがのったクッキー 24枚1,000円+税
数が多いので、会社へのお土産にちょうどよい。

この日の確認では、以上が「駿府楽市」で売られていた。

|

« 3,000円の記念Tシャツか、4,700円の実用性か 静岡マラソンの記念品を考える | トップページ | 因業応報 »