« 検査を受けずに放置すると失明の恐れがある下垂体腺腫 | トップページ | 静岡駅で出会った もっともプロ意識が高い女性警備員 »

2015年7月24日 (金)

旅マラソンのおみやげは4種類

旅のお土産は次の4つに分かれる
家族用
友だち用
会社用
自分用

家族からは頼まれないが買う。
友だちは少ないので、リクエストがあった時に限られる。
マラソン明けに有給休暇をもらっている手前、会社にはお土産という誠意が必要になる。
そして最後に自分用。

今回の旅マラソンで、静岡のお土産(自分用)にリストしておいたのが、わさび専門店田丸屋の食べるラー油「わさびラー油」
田丸屋は地元のわさび専門手大手。
「駿府楽市」にも各種商品を卸しているが、この品だけは店頭を2巡探したがなかった。
ダメもとで品出しをしていた店員さんに尋ねたところ、JR静岡駅ビル一階「食彩館」に田丸屋の売場があることを教えてくれた。




価格:702円(8%税込み時)
わさびがとても効くので、少量に対してご飯がたくさん必要。
わさびが腔内いっぱいに広がり、ラー油の味が消えてしまうほど強力だ。
具入りのラー油だが「食べるラー油」各社製品のようなパリパリ感はない。


他に静岡の旅ガイドブックで目を付けた品は以下の通りだが、静岡駅では売られていなかった。

■富士山頂
御菓子庵 田子の月がつくる洋菓子。1個144円。
(静岡駅から離れている)新静岡駅セノバ地下食品売場で売っている。

■いっぷくきん
浜松と静岡の間に位置する森町のお茶と次郎柿を入れたきんつば。

■茶まどら
藤枝市の真茶園がつくる抹茶入りどら焼き。
真茶園店舗・通販のみで販売。


「静岡市のお土産といえば何?」
と聞かれれば、大半の人は「うなぎパイ」と答えるが、それは静岡県西端、浜松市の銘菓。
ただし、静岡の代名詞的存在ゆえ静岡駅でも当たり前のように売っている。

駿府楽市では「抹茶こっこ」「いちごこっこ」「桜えびの舞」を購入。
コレクターなので、旅マラソンでは自分用に"飾れる小物"を買うことにしていて、ここでも物色した。
しかし、静岡にちなむ飾れる小物は見つからなかった。


17:00
生ものではないお土産を「湘南」に詰めて、再び駅のコインロッカーへ。
甘栗屋のおばさんが言っていたように、ロッカーに空きがないのは土曜日ゆえのことだった。
人が引いたこの時間帯には、大半のロッカーが空いていて、通常サイズ300円のロッカーを1つ確保。
重い荷物を出し入れするので、できるだけ低い位置のボックスを選ぶ。


17:20
お土産も買ったしさぁご飯だ
旅マラソン前夜のごはんは炭水化物
炒飯を基本にしてラーメンが食べられる店を事前にリサーチしておいた。

*過去3年の記録
長野 炒飯+ラーメン
日本海 炒飯+ラーメン
佐倉 炒飯+ラーメン
とくしま 徳島ラーメン+白ご飯
長野 炒飯+ラーメン

|

« 検査を受けずに放置すると失明の恐れがある下垂体腺腫 | トップページ | 静岡駅で出会った もっともプロ意識が高い女性警備員 »